黒門市場、大阪伝統野菜、松茸、竹の子、変わった野菜、高級果物、ギフト(お中元・お歳暮・景品)、鍋セット、配達、青果のお店・やすい


0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん

0かんばん

0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん0かんばん



買い物を続ける

写真はイメージです。
うすいえんどう
数量 パック

うすいえんどう(1P/400g)

商品番号 921
価格 1,080円
えんどうはギリシャ時代にはすでに栽培されていたようです。日本には10世紀に穀物として伝えられたといわれますが、さやえんどうとしては江戸時代にヨーロッパから。
古代エジプトのツタンカーメン王の王陵を発掘したとき、副葬品の中からえんどうまめが発見されました。 約3000年以上も生きつづけ、さやも花も紫色、中の実は茶色だったそうです。
実えんどうの中でもうすいだけは関西だけのもので、出荷先は主に関西が中心です。関東ではより糖度が高くて甘い品種(グリーンピース)などが好まれてきました。
うすいえんどうの名前の由来は、大阪羽曳野市の碓井町から きています。えんどう豆の品種改良したものです。明治時代に、羽曳野市の碓井地区にアメリカから原名ブラック・アイド・マロウファット品種が導入され、試作の結果「碓井豌豆」と新たに日本名をつけたのではないかと考えられています。
和歌山県では、その後も品種改良が進められて優れた品種が選別され「紀州うすい」の名前で生産されています。

もんはん
モンスター・ハンター
狩り仲間&グループライン
メンバー募集

おーでぃお
趣味のオーディオ

パーティースペース
野菜バー ECRIN