このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
邦楽/女性VO/ポップス

岡村孝子

After Tone
ベスト盤

岡村孝子(おかむら たかこ、1962年1月29日 - )は、シンガーソングライター。愛知県出身。
アルバムのセールスは、現在まで総計600万枚を超える。
椙山女学園大学在学中に同級生・加藤晴子とともにデュオ「あみん」を結成。1982年、ヤマハポピュラーソングコンテスト(通称ポプコン)でグランプリを受賞した『待つわ』がヒット曲となる。
1983年に「あみん」を活動休止、大学を中退し、上京。ソロとして1985年にファンハウス(現在のBMG JAPAN)よりデビューする。
1986年、来生たかおの『はぐれそうな天使』のカバーを歌ったところホンダ・トゥデイのCM(出演は今井美樹)に起用され、一気に認知度が高まる。なお、この楽曲は現時点で詞・曲ともに自作でない唯一のナンバー。
1987年に『夢をあきらめないで』を発表。応援歌的な内容が幅広い層から支持を集め、岡村の代表作となった。当初は武蔵予備校のCMソングのタイアップがあったが、後年、中学校の音楽教科書(「中学音楽 音楽のおくりもの 2・3 上」教育出版刊)にも採用されている。
2005年に公開された映画「逆境ナイン」の主題歌(原作者・監督の強いリクエストによる)として起用され、リリースから18年たった同年にデジタルリマスタリングを施して再発売された(夢をあきらめないで 『逆境ナイン』リマスタリング・バージョン)。なお、この曲は、乙葉、優木まおみ、金月真美(藤崎詩織名義。後に『はぐれそうな天使』もカヴァーしている。これは、彼女が好きなアーティストに岡村を挙げていると言う設定である為である。)ら、さまざまな歌手によってカヴァーされている。
1995年、所属レーベルをイーストウエスト・ジャパンに移籍。2003年にBMG JAPANへ再移籍。
その歌声もさることながら、(岡村本人は恐らくOLの経験が無いと思われるが)OLが多い同世代の感性を表現した歌詞と曲が、若い女性を中心に支持を集め、90年代初頭には「OLの教祖」と称されたこともあった。
1997年にプロ野球読売ジャイアンツ(当時)の石井浩郎と結婚し一女をもうけた。1997年頃から2003年頃まで音楽活動がペースダウンしていたのは、主婦業・子育てに力を入れていたため。「Reborn」(2000)では、家族への温かな想いをつづっていた。しかし、2003年離婚。
ベスト・アルバム「DO MY BEST」(2002)発表後、仙台からコンサート活動も再開。最終日の渋谷公会堂では、1日限りで「あみん」が再結成され、「天晴な青空」と「待つわ」を披露。
アルバム「TEAR DROPS」(2003)とエッセイ「Happyをさがして」(産経新聞大阪版夕刊で連載。2005年に単行本として刊行)をリリース。
NHK「夢・音楽館」(2005)で、あこがれのさだまさしと初共演。本人はソロ時代は一切音楽番組の出演を断ったがさだまさしの共演との事で出演。同年の岡村のコンサートもNHKのBS放送で放送後視聴者からDVD発売や再放送等の反響が大きくなった。更に縁となり、さだとのコラボレーションによるシングル「銀色の少女」(2006)が発表され、加藤との共演が再び実現。これがきっかけであみんを含めてNHKの音楽番組には積極的に出るようになった。
2007年よりあみんとしての活動を再開し現在に至る。
なお、あみんとして2008年に発表したアルバム「未来へのたすき」歌詞カードには、あみん活動再開後も岡村孝子としてのソロ活動は並行して続いている(休止したわけではない)ことが明記されている。

今アルバム『After Tone』(アフター・トーン)は、岡村孝子初のリミックス・セレクション・アルバム。1987年11月25日発売。発売元はファンハウス。
オリジナルアルバム3枚ごとにリリースされる、リミックス・セレクション・アルバムの第1弾。1stアルバム『夢の樹』(1985.10.14)、2ndアルバム『私の中の微風』(1986.7.1)、作品集『Andantino a tempo』(1987.2.4)、3rdアルバム『liberte』(1987.7.5)から12曲が選出された。
リミックスは、エアー・スタジオ・モンセラットで行われた。「夢をあきらめないで」の人気もあり、岡村最大のロングセラーを記録した。歌詞カードには、四方淳子によるライナーノーツが掲載されている。
アルバムのクレジット上は、Hiasa Yukio(日朝幸雄)の単独プロデュースとして記載されている。通常は岡村・日朝の共同プロデュースで、本アルバムでも当初は同様であった。だが、初のリミックス・セレクション・アルバムということで、従来のオリジナルアルバムと方針を変えたサウンド作りに途中で自信が持てなくなった岡村がプロデューサー降板を申し出て、このような形となった。


”あみん”は1発屋で終わってしまい、「待つわ」のイメージが強過ぎたためか、ソロ・デビューまで間隔が開いてしまったためか、ソロ・シンガー”岡村孝子”としての知名度は当初低かったですね。「夢をあきらめないで」のヒットで一気に認知され、地位を不動のものとしました。爽やかな曲が多く、清純派としてのイメージが強いですが、歌詞を見る限り結構ドロドロしていますよね。私は今アルバムを「夢をあきらめないで」ではなく「はぐれそうな天使」「Baby,Baby」「ピエロ」目当てで買いました。”After ToneII”は目当ての曲がなかったので、”After ToneII”以降のこのシリーズは聴いていません。彼女に関しては”分かり易い、聴き易い、飽き易い”という印象です。歌唱力は普通だと思いますが、優しい声と雰囲気のある歌い方が好きです。シンガーとしてよりは、ライター(作曲者)としての才能が素晴らしいと思います。このアルバムは、今井美樹の”Ivory”ともども、リラックスしたい時のBGMとして必需品でした。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm