このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
邦楽/男性VO/ポップス

コブクロ

All Singles Best
ベスト盤
コブクロは、小渕健太郎と黒田俊介の2人から成るフォークデュオ。
2001年3月22日にデビュー。レコード会社はワーナーミュージック・ジャパン。所属事務所はミノスケオフィスコブクロであるが、研音と業務提携している。

1998年5月、サニックスのセールスマンの傍ら毎週土曜日に路上ライブをしていた小渕と、ストリート・ミュージシャンをしていた黒田が、堺市の堺東銀座通り商店街で出会い意気投合。同年9月、小渕が黒田に楽曲を提供する事になったが、黒田本人のギターがあまりにも下手だった為、小渕が隣でギターを弾き、コーラスをする事になる。これがきっかけで黒田から小渕に一緒に組もうと声をかける事になった。小渕はこれを「できちゃった結成」なのだと『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」出演時に話している。この結成エピソードの曲が後の代表曲となる「桜」である(インディーズ盤『Root of my mind』・5thアルバム『NAMELESS WORLD』に収録)。なお、「桜」を路上で披露した際、観客から「誰の歌ですか?」と問われた小渕は、オリジナル曲というのが恥ずかしくてとっさに「ミスチルのインディーズの曲です。」と答えてしまった。(後に本人に謝罪済み)

ユニット名は、2人の名字、小渕(コブチ)と黒田(クロダ)から名づけた。後にそのネーミングのアイデアは吉本興業所属のお笑いコンビ、FUJIWARAから来ていることを明かしている(過去に心斎橋筋で演奏中にFUJIWARAの原西孝幸にからまれたこともあるらしい)。ちなみに小渕が黒田に初めて作った曲の歌詞カードに「コブチとクロダでコブクロでええか」と書いていたのがきっかけで、それが今もなお使われている。SPOON(スプーン)という候補もあった。フォークデュオだけど、ナイフ(ロック)みたいに鋭くなく、人の心を掬うという意味。 彼等のファンを「コブファミ」と呼ぶ。これはFM802のDJ・ヒロ寺平が命名した。また、コブクロはファンのことを「スタッフ」「チームコブクロ」ともいう。 所属するワーナー・ミュージック・ジャパンの代表取締役社長・吉田敬が芸能事務所研音の代表・野崎研一郎と親交を持っているため、研音所属の俳優・女優を起用したドラマの主題歌を手がける事が増えている。

コブクロがメディアに出るきっかけになったのは、京都で路上ライブをしているときに、森脇健児から「自分ら歌うまいなあ。ラジオで歌ってみいひんか?」と声をかけられ、KBS京都に出演したのがきっかけである。
1998年9月8日、コブクロ結成。
1999年、『森脇健児の突撃!日本列島』に出演。その際に「桜」がエンディングテーマに使われる。その後、『森脇健児のサタデーミーティング』(KBS京都ラジオ)の第2期としてレギュラー出演。
2000年3月、 梅田のバナナホールライブにて、初のワンマンホールライブ。
2000年12月、大阪厚生年金会館 芸術ホールライブ。
2000年12月31日、渋谷公会堂にてDISK GARAGE主催イベント LIVE DIGAに急遽出演。この日が関東地方での初演奏となる。
2001年3月22日、「YELL〜エール〜」でメジャーデビュー。オリコン初登場10位、最高位4位のヒットとなった(彼らの地元大阪チャートでは、1位を獲得)。この頃は19やゆずに次ぐ「第三のネオ・フォークデュオ」と言った紹介がなされていた。
2002年2月14日、 シングル「風」をリリース、関西での人気を不動のものとする。
2002年12月22日、Live☆Rally 2002"grapefruits"ファイナルは大阪城ホール。
2003年3月8日、"Live☆Rally 石の上にも2003年"大阪フェスティバルホールを皮切りに全国15公演を行う。
2003年12月30日、Live☆Rally 2003"STRAIGHT"ファイナルは大阪城ホール。
2004年3月24日、メジャーデビュー後、初の映像作品であるDVD「コブクロ!LIVE!GO!LIFE!」を発売。エンドロールに19671人の名前を掲載し、ギネス記録として申請。
2004年9月23日、タレントの所ジョージと組んでトコブクロ結成。「毎朝、ボクの横にいて。」をリリース。
2004年10月14日、シングル「永遠にともに/Million Films」をリリース。収録曲「永遠にともに」がNHKみんなのうたで放送され結婚式ソングとして話題となる。オリコン6位とオリコンチャート96週ランクインを記録。
2004年12月26日、大阪城ホールにてKOBUKURO LIVE TOUR '04"MUSIC MAN SHIP"終了。(全11公演)ワンマンホールライブ100、101回目はツアーファイナルの大阪城ホールで達成。
2005年5月11日、「ここにしか咲かない花」がシングルとして自身最大のセールスを記録。
2005年11月2日、「桜」で自己最高初動セールスを記録。
2005年12月21日、アルバム『NAMELESS WORLD』がオリコンウィークリーチャートで1位を獲得。
2005年12月31日、『NHK紅白歌合戦』に初出場(歌唱曲は「桜」)。
2006年5月6日、KOBUKURO LIVE TOUR '06 "NAMELESS WORLD"で初の武道館公演を行う。関東地方での人気も不動のものとなる。
2006年9月27日にはシングル(両A面含む)コレクション『ALL SINGLES BEST』を発売し、オリコンウィークリーチャートで4週連続1位を獲得。累計売上が300万枚を超える大ヒットとなる。
2006年9月30日、テレビ朝日系にて「風」、「Million Films」、「永遠にともに」の3曲の歌詞、世界観を原作にオリジナルストーリーを書き下ろしたオムニバス形式のドラマ「一生忘れない物語」が放送されている。
2006年の年間アルバムチャートでは9位に「NAMELESS WORLD」、3位に「ALL SINGLES BEST」がランクインしBEST10に2枚がランクインする大ヒットとなった。
2006年の第57回NHK紅白歌合戦に昨年に引き続き、2度目の出場(歌唱曲は、「風」)。
2007年 1月8日から放送中のフジテレビ系月9の速水もこみち出演連続ドラマ「東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜」の主題歌「蕾(つぼみ)」を書き下ろし、2007年3月21日に発売。発売1週目で自身最高初動を大きく更新し、発売2週目の2007年4月9日付オリコン週間シングルチャートで、シングルでは14作目にして初の1位を獲得した。自身最大売り上げの曲となった。
2007年2月28日に同じレコード会社の所属である、絢香と組んだスペシャルユニット「絢香×コブクロ」としてのシングル「WINDING ROAD」を発売。
2007年3月13日、『ALL SINGLES BEST』が第21回日本ゴールドディスク大賞でアルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。2007年6月6日、iTunes Store、Mora、Mora win、Listen Japan、OnGen、MySound、Music Ocean等で音楽ダウンロード開始。
2007年6月16日〜8月12日→8月18日、KOBUKURO LIVE TOUR '07 “蕾”無事終了。
2007年11月7日 蒼く優しくをリリース。 2007年12月19日、通算6枚目のオリジナルアルバム『5296』を発売し、前作のベストアルバムに続き、オリコンウィークリーチャートで4週連続1位を獲得。累計売上100万枚を超えるヒットとなり、オリジナルアルバムでは初のミリオン作品となった。
2007年11月29日、14枚目のシングル「蕾」が第49回日本レコード大賞の金賞にノミネートされ、12月30日の最終審査で同大賞に選ばれた。初の受賞。 2007年の第58回NHK紅白歌合戦に3年連続出場(歌唱曲は、「蕾」)。 2008年1月16日、「蕾」が第80回選抜高校野球大会の入場行進曲に選ばれた。
2008年3月8日〜6月5日、KOBUKURO LIVE TOUR '08 "5296" 無事終了。
2008年9月6日 FANFESTA2008 10YEARS SPECIAL 和歌山紀三井寺陸上競技場にて10周年ライブを開催。
2008年10月8日 DVD『KOBUKURO LIVE TOUR '08 "5296" FINAL』をリリース。
2008年10月29日 16th single『時の足音』をリリース。
2008年12月12日 黒田からの誘いで、渋谷NHKホール前で急遽ストリートライブを開催。約300人の人が集まった。黒田曰く、「当時とまったく変わらない光景がそこにはあった」と。小渕は「今後もできたら良いな」と綴っている。
2008年12月24日 DVD『KOBUKURO FAN FESTA 2008?10 YEARS SPECIAL!!!!』リリース。
2008年12月28日 [リアル]×[コブクロ]トークライブ開催。
2008年の第59回NHK紅白歌合戦に4年連続出場(歌唱曲は、『時の足音』)。
2009年3月22日 「MEET THE MUSIC LIVE withコブクロ・ファンフェスタ2009」(ファンフェスタ2009の一部の模様が全国民放FM53局で同時生中継) 2009年4月15日 17th single『虹』をリリース。
2009年7月15日 18th single『STAY』をリリース。
2009年8月5日 7th ALBUM 『CALLING』をリリース。
2009年8月22日〜11月28日、KOBUKURO LIVE TOUR '09 "CALLING" 無事終了。 2009年の第60回NHK紅白歌合戦に5年連続出場(歌唱曲は、『STAY』)。 (Wikipediaより引用)

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm