このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
邦楽/男性VO/ロック/ミクスチャ

kannivalism
カニバリズム(日本)
Nu age_
1作品
2001年6月20日・目黒鹿鳴館でのワンマンライブをもって、前メンバー(Vo.怜、Gu.K、Ba.8342、Dr.桐)でのkannivalismは解散。
kannivalismは当時はほとんどいなかったファッショナブルな衣装を身に着け、個性的なメイク、だてメガネ等のアクセサリーなどメンバー個人の主張を前面に押し出したヴィジュアルをしていた。特にボーカル・怜のビジュアルはbaroqueを経て現在のヴィジュアル系バンドで多く見られる「オサレ系」と呼ばれるバンド達の走りになった。
その後、怜とKはbaroqueにて活動しメジャーデビューをも果たし活動の場を広げていくが、2004年12月25日・Zepp Tokyoのライブをもって解散。
8342(富山忠春)はk@mikazeのメンバーとして活動、その後脱退。k@mikaze脱退後、雅-miyavi-のサポートベース、LIVのスタジオミュージシャン等で活動。
baroque解散から1年目の2005年12月25日に新設されたkannivalism公式HPにおいてバンド名、メンバーを発表。過去に活動していた同じバンド名での新結成に関係者、ファン達の間では賛否両論ではあったがやはり期待度は高く、突然の発表であったにも関わらず年末の年越しライブに一目観たいとファンが殺到。年が明けて深夜にもかかわらずライブハウス内はファンはもちろんバンド関係者、この日出演していた他バンドのメンバーで溢れていた。
2006年4月26日、自身のインディーズレーベルよりミニアルバム『奏功 humority』のリリースを経て、9月27日、avex traxよりシングル『リトリ』をリリースし、メジャーデビュー。
「カニバリズム」というバンド名を変更しろというエイベックスとの間で対立があることが、2007年2月26日刊行の日刊スポーツ紙上による報道で明らかになった。理由はカニバリズムという意味が「共食い、食人」(詳細はその項を参照のこと)ということで、エイベックス側が「メジャーで活動する以上、ラジオやテレビ出演などのプロモーション活動の際にこのバンド名では不適切。バンド名が起因して出演を拒否される恐れもあり、さらなるメジャー化を図れない。」としている。これに対しkannivalism側は「本来の綴り(cannibalism)と違うので問題はない。もともとこの名前で活動していたのだから、バンド名を変えなければ売れないと言うのならそれはそれで仕方ない。」と反論しており、対立は平行線を辿っている模様である。
2008年1月、ボーカル・怜の適応障害による入院のため、再び活動休止。(Wikipediaより引用)

kannivalism(カニバリズム)は2006年9月にメジャーデビューし、「リトリ」「ホシの夜」の2枚のシングルがオリコン・チャート上位に。本作は 2007年発表、オリコンチャート初登場13位。
バンド・サウンドは様々なジャンルのいいトコ取りといった感じ、キャッチーな歌メロに多彩な音色、自由度の高いミクスチャーサウンドになっています。リラックスして聴ける軽いタッチの楽曲はORANGE RANGEに通じるものがありますが、シリアスなバラードナンバーはしっかりと聴かせてくれるので、軽薄さは感じられません。多少おとなしめの曲が多いような気もしますが、バラエティ豊かで粒揃いの楽曲、アルバムを通して充実した内容になっているので、最後まで楽しんで聴けました。ルックスもいいし、実力のあるバンドなので、このままメジャーで活躍してほしいのですけどね。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm