このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
邦楽/女性VO/ポップス

杏里
あんり
My Favorite Song 2
ベスト盤
1978年、「オリビアを聴きながら」でデビュー。歌手デビュー前はモデルをしていた。因みに杏里という芸名は当時の所属事務所、ボンド企画で社長の高杉敬二の娘である河村和奈へ出生時に名づける名前だったそう。
デビュー曲が小ヒット後はなかなかヒット曲が出なかったが、1982年に当時のバックバンドのメンバーであった小林武史が作曲して花王のCMで使われたシングル盤「思いきりアメリカン」が久々にヒットして、同時期にはライブや学園祭ライブ活動に力を入れ始めた。同じボンド企画所属だった角松敏生からの楽曲提供(アルバム「Heaven Beach」)、オリジナルアルバムのプロデュース(アルバム「Bi・Ki・Ni」)で徐々に注目されて、1983年には「CAT'S EYE」(同名の北条司原作のアニメ主題歌)、「悲しみがとまらない」、アルバム「TIMELY!!」のビッグヒットで一気に知名度を上げ、紅白歌合戦に初出場する(これまで通算3回出場)。
1984年にボンド企画から独立してからは、1987年発売のアルバム「SUMMER FAREWELLS」以降、杏里本人によるセルフプロデュースが始まり、本格的にアーティストとしてその名を上げ始める。主だって夏によく合う曲が多いのが特徴である。
1988年6月、デザイナー・山本寛斎の甥で当時アパレル会社社長の岸田健と結婚。しかし、1993年9月に離婚した。
最大のピークは1989年発売のアルバム「CIRCUIT OF RAINBOW」から1991年の「NEUTRAL」にかけての3作品。この時期にはカナダドライジンジャーエール、東芝ビデオデッキ「ARENA」、カネボウ「テスティモルージュ」のCMに出演した(CMソングも担当)。
1990年には、最初で最後のアリーナツアーを敢行。
1994年には、1998年開催の長野オリンピック公式テーマソング「SHARE 瞳の中のヒーロー」を発表。
2005年にはジャズギタリスト、リー・リトナー(Lee Ritenour)と婚約を発表したが、2008年4月28日、自身のホームページにて婚約を破棄したことを発表。
2007年10月1日より月〜金フジテレビ系、お昼前の情報バラエティ番組「ハピふる!」のテーマソング『もう悲しくない〜ハピふる!〜』を担当。
2008年3月3日より『もう悲しくない〜ハピふる!〜』着うたの先行配信開始。
2008年4月9日より『もう悲しくない〜ハピふる!〜』デビュー30周年アニヴァーサリーエディションとしてCD+DVDの限定版、及び通常版CDがリリースされた(ユニバーサル・ミュージック)。
2008年7月、藤沢市より初代「ふじさわ観光親善大使」に選ばれる。(Wikipediaより引用)

1988年に発売されたベスト・アルバム”My Favorite Song”の代二弾で、87年以降に発表されたシングルで構成されています。選曲に関しては色々意見がありましょうが、個人的には「クリスマス・カレンダー」「さよならシングル・デイズ」「サマー・キャンドルズ」「ラスト・ラヴ」等のバラード・ナンバーがお気に入りです。杏里のベスト盤は今はもっといろいろ出ています。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm