このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
邦楽/女性VO/ポップス

アン・ルイス

WOMANISM II
ベスト盤
アン・ルイス(Ann Lewis、1956年6月5日 - )は、兵庫県宝塚市出身。本名アン・リンダ・ルイス。その楽曲は多くの音楽家にカバーされている。
アメリカ軍の軍人を父として、日本人を母として兵庫県宝塚市に生まれ、横浜市で育つ。子役として活躍。18歳から東京の六本木で一人暮らしを始める。当初はグラビアアイドルやアイドル歌謡を中心に活躍し、1974年に「グッド・バイ・マイ・ラブ」がヒット。ロック(歌謡ロックと言われる場合もある)に転向し1970年代から1980年代にかけて「ラ・セゾン」や「六本木心中」「あゝ無情」などヒット曲を多数放った。
かつての所属事務所は渡辺プロダクション、劇団若草。ファッションにこだわりを持ち、自身でステージ衣装のデザインを手がけることもしばしばある。キャンディーズの「やさしい悪魔」のステージ衣装のデザインも手がけた。
記者会見で自ら「パニック症候群」であることを打ち明け、暫く父親の母国アメリカに在住していたが、2005年11月23日にセルフカバーアルバム「REBIRTH」を発売と同時に音楽活動を再開させた。

1989年:「グッド・バイ・マイ・ラブ」を坂上香織がシングルとして発売。 1996年:日本テレビ系アニメシティーハンター ザ・シークレット・サービスのEDで「WOMAN」が使用される 2002年:相川七瀬が「六本木心中」をカバーしている。 2006年:フジテレビ系列のドラマ「不信のとき〜ウーマン・ウォーズ〜」で自身のヒット曲「あゝ無情」が再び使用され、「グッド・バイ・マイ・ラブ」が挿入歌として福田沙紀にカバーされた。 2007年:「六本木心中」をデーモン小暮がカバー。

このベスト盤は”WOMANISM”シリーズの第二弾。バブル時代絶頂の頃で、彼女自身、最も油ののっていた頃のベスト盤といってもいいと思います。バブルを象徴するかのような「六本木心中」「あゝ無情」はディスコやカラオケの定番ナンバーとしてもおなじみ。バラード・ナンバーの「ウーマン」「フォー・シーズンズ」「美人薄命」「グッド・バイ・マイ・ラヴ」も聴かせてくれます。
個人的には「天使よ故郷を見よ」が今ベスト盤最高のキラー・チューンです。ただ、このベスト盤は音圧が低いのが難。最近は他にもベスト盤が色々と出ているので、後追いで聴く方には他のベスト盤の方がいいかも。。
邦楽/女性VO/ポップス

アン・ルイス

Rebirth
ベスト盤
本作は2005年発表。
「グッドバイ・マイ・ラブ」「六本木心中」「ラ・セゾン」「リンダ」などの代表的ヒット曲をセルフ・カヴァーし、さらに新曲も収録したベスト企画アルバムです。
全曲新録で、どの曲もシンプルなアレンジとシンプルな演奏編成になっており、ライブ感のある、ロック・テイストの味付けとなっています。まさにタイトルの”Rebirth”が示す通り、おなじみの曲も新たな命を吹き込まれ、生まれ変わっているのでとても新鮮。旧バージョンと聴き比べてみても楽しめますね。こういうベスト盤は好きです。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm