このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/男性VO/ポップス

a-Ha
アーハ(ノルウェー)
Hunting High and Low
1作目

a-Haはモートン・ハルケット(ボーカル)、ポール・ワークター=サヴォイ(ギター)、マグネ・フルホルメン(キーボード、ギター)の3人で1982年に結成。1983年にイギリスへ渡り、1984年に「テイク・オン・ミー」でデビュー。トニー・マンスフィールドのプロデュースによるこの「1st version」は母国ノルウェーで3位を記録するヒットにはなったものの、国際的なマーケットでは注目されなかった。
翌1985年、アラン・ターニーによってアレンジし直され再びリリースされた「テイク・オン・ミー」は全米1位・全英2位の大ヒットを記録する。ビルボード(Billboard)誌では、1985年10月19日に週間ランキング第1位を獲得。1985年ビルボード誌年間ランキングでは第17位。イントロのフレーズとモートンのファルセットが印象的なこの曲は、ロトスコープによるスケッチ風アニメと実写とを巧みに合成したミュージックビデオの効果も手伝って、全世界的なヒットとなった。
その後アメリカではこれといったヒットが続かなかったが、イギリスでは、セカンドシングル「The Sun Always Shines on T.V.」が1位となったのをはじめ、1990年までにベスト10ヒット8曲を記録。1987年には映画「007 リビング・デイライツ」の主題歌を担当するなど、1980年代後期を代表する人気バンドとなった。ヨーロッパ各国や南米などでの人気も高く、1991年にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催されたRock in Rio IIでは、ジョージ・マイケルやガンズ・アンド・ローゼズといった英米のアーティストを遥かにしのぐ19万5000人の観客を動員。この記録は「the largest paying audience」として、一時ギネスブックにも掲載された。
1994年にはリレハンメルパラリンピックのテーマ曲を提供するが、ワールドツアー後、3人はそれぞれソロ活動に専念する。ポールは妻ローレン・サヴォイやフロード・アンランドと組んだSavoyとして、モートンはソロシンガーとして活動、それぞれノルウェーでナンバー1ヒットを記録している。マグネはKjetil BjerkestrandとTimbersoundというユニットを組み、ノルウェー映画やTVドラマのサウンドトラック制作を手がける一方、画家・彫刻家としての地位を築いている。1998年にノーベル平和賞記念コンサートを機にバンドとしての活動を再開。2000年に発売されたアルバム「Minor Earth Major Sky」はドイツを中心とするヨーロッパ各国でプラチナ・アルバムを獲得する大ヒットとなった。2006年1月には、シングル「Analogue (All I Want)」が18年ぶりに全英チャートにトップ10入りしている。
2006年11月に、イギリスの音楽雑誌「Q Magazine」の主催するQ Awardsで「Q Inspiration Award」を受賞している。
2009年6月に発売された通算9枚目のアルバム「Foot of The Mountain」でバンドのルーツである80年代シンセサウンドを復活させている。先行発売されたドイツではアルバムチャート1位、母国ノルウェーでは2位を記録。7月末に発売されたイギリスでは、8月2日発表の同月8日付け全英アルバムチャートで初登場5位を記録。1988年に2位を記録したアルバム『Stay on These Roads』以来21年ぶり4枚目の全英トップ10ヒットとなった。アルバムタイトルでもあるシングル曲「Foot of The Mountain」は、2009年8月にベルリンで開催される世界陸上競技選手権大会(世界陸上)の公式テーマ曲に選出された。(Wikipediaより引用)


本作は1985年発表。
このアルバムは「Take On Me」「The Sun Always Shines on T.V.」の2曲が抜きん出ていますが、他の曲も粒揃いのいいアルバムです。アイドル要素が強いので誤解されがちですが、彼等のライティング能力は素晴らしいと思います。80年代大流行だったシンセや打ち込み音を使いまくっていて、全体的にちょっと軽いつくりですが、ところどころにおいしいメロディやフレーズがあり、なかなか楽しめる内容になっています。
「Take On Me」のPVは、まんがの中の男性が現実世界の女性と恋に落ち、まんがの世界から飛び出して結ばれるというストーリー。「The Sun Always Shines on T.V.」のPVはその続編で、結局まんがの世界の男性は現実世界では生きて行けず、二人は結ばれないという結末になっています。日本では「Take On Me」の一発屋のイメージが強いのが悲しいなぁ。。
洋楽/男性VO/ポップス

a-Ha
アーハ(ノルウェー)
Stay on These Roads
3作目
本作は1988年発表。マンダムのCMソング「Blood That Moves the Body」、映画「007 リビング・デイライツ」の主題歌「Living Daylights」収録の3rdアルバム。
このアルバムはいきなりスケールの大きい名バラード「Stay on These Roads」で始まりコレは!ついにアイドル路線を卒業して本格派アーティストの仲間入りか!と期待をそそられたのですが、後が続きません。大衆ウケを狙った軽い曲と、聴き応えのある曲とのギャップが激しく、散漫で中途半端な印象のアルバムになってしまいました。 (モロ売線狙いの「You Are the One」なんか、前作があまり売れなかったのが応えたのかなぁと思ったりなんかして。)実力があるんだからもっと本格路線でで勝負してほしかったなぁ。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm