このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
Within Temptation
ウィズイン・テンプテーション
The Silent Force
ウィズイン・テンプテーション (Within Temptation)は、オランダのシンフォニックメタル・ゴシックメタルバンド。

来歴

1996年に結成され、ヨーロッパを中心にシンフォニック・ゴシックメタルの中心的存在となっている。1996年当時、THE CIRCLE(後にVOYAGEに改名)のギター&ボーカルのロバート・ウェスターホルト(Robert Westerholt)とVOYAGEにゲスト参加経験のあるシャロン・デン・アデル(Sharon den Adel)が中心になって結成された。結成当時は5人組。後で加入するステファン・ファン・ハストレット(Stephen van Haestregt)以外は昔からの親友同士。

翌1997年初めて製作したデモテープと同タイトルの『エンター Enter 』(1997年)で彼らの地元であるオランダのDSFAレコードからデビュー。欧州ツアーを行い人気と知名を上げ1997年・1998年とかのダイナモ・フェスに連続出場。

翌1998年にEP『THE DANCE』をリリース。1999年大学卒業のため活動をトーンダウンさせ卒業後、好きな音楽ができなくなることを恐れ就職する。

当時ファッションマネジメントを専攻していたシャロンはファッション会社のメンズ担当として商品管理をやっていた。ロバートはインターネット会社で経理や雇用を担当していた。しかしバンドの人気が出すぎてしまい、早々に退職。

翌2000年12月にセカンドアルバム『Mother Earth』 (2000年)を発表。母国オランダのアルバムチャートで3ヶ月以上ランクイン、オランダとドイツでプラチナム・ディスクを獲得。

2004年11月にサードアルバム『ザ・サイレント・フォース The Silent Force 』(2004年)をリリースする。Stand My Ground (2004年)のヒットとともに前作以上にブレイクし欧州の権威ある音楽賞受賞などを機に、英国、豪州、日本でもリリースされるようになる。結果、DUTCH MUSIC AWARD(オランダの音楽輸出に多大なる功績を残したことを讃える賞)を受賞する。

デビューアルバム『エンター Enter 』(1997年)は日本盤が発売されたものの、ゴシック・メタルに対する市場のなかった日本ではその後の作品が発売されることはなかった。その後このジャンルにも光が当たるようになり、アルバム第3作目『ザ・サイレント・フォース The Silent Force 』(2004年)より再び日本盤が発売された。

アルバム

Enter (1997年)
Mother Earth (2000年)
The Silent Force (2004年)
The Heart Of Everything (2007年)
Black Symphony (Live) (2008年)
An Acoustic Night at the Theatre (Live) (2009年)
(Wikipediaより引用)

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm