このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
邦楽/男性VO/ロック/ミクスチャ

UVERworld

Neo SOUND BEST
ベスト盤
UVERworld(ウーバーワールド)は、滋賀県出身の日本の5人組ロックバンドである。所属レーベルは、Sony Music Entertainment (Japan) Inc.第1グループSony Music Records Inc.のロック系レーベル、gr8!records。所属事務所はPOWERPLAYだがKEN ONと業務提携している。略称は「UVER」、「ウーバー」、「UV」、「UW」など。バンド名は改名検討時、500以上の候補から彰が提案した『○○world』と、「OVER(超える)」の意味を持つドイツ語『uber』と英語『over』とを混ぜ合わせた造語で、バンド名の意味は「自分達の世界をも越える」である。ファンクラブは「Neo SOUND WAVE」でファンクラブ会員の事を「Neo SOUND Crew」と呼ぶ。また、公式携帯サイト名は「LIFEsize」である。

概要

バンド構成
2000年6月6日、UVERworldの前身であるsound極road(さんごくロード)を結成。当時は現在の5人に加え、当時のTAKUYA∞とは別のもう一人のボーカル担当のAlice iceと、サックス担当のSEIKAの7人構成のロックバンドだった。なお、SEIKAは現在の正式メンバーには入っていないものの、ライブツアーや単発ライブ、ライブイベントなどの際はマニピュレーターを担当し、一部楽曲でサックス担当としても参加している。

インディーズ時代「sound極road」
インディーズ時代、ライブを観に来ていたSony Music Records Inc.の社長から「どんなアーティストになりたいか」と聞かれた際、TAKUYA∞は「日本武道館でライブが出来るアーティスト」と答えたという。その念願通り、2008年12月5日に初の日本武道館単独公演をソールドアウトにして成功させた。因みに、ライブ直後に質問された時は、まだ社長とは分からなかった。その後、2004年10月に大阪府のライブハウス、BAYSIDE JennyでのライブにてSony Music Records Inc.と正式に契約した。ちなみに、TAKUYA∞とAlice iceでツインボーカルをしていた時は二人でAce∞trrigerと名乗っていた。

メジャーデビュー
2005年7月6日、gr8!recordsよりシングル「D-tecnoLife」でメジャーデビューし、テレビ東京系アニメ『BLEACH』のオープニングテーマに起用された。

共同生活
上京から、3rdアルバム『PROGLUTION』を発売する頃ぐらいまで、メンバー全員で一軒家で暮らしていた。その一軒家は「4部屋」しかなく、4部屋を賭けて、じゃんけんや左手ボウリングなどの勝負で毎回決めていたらしい。負けた1人はリビングで寝ることになるが、じゃんけんが弱い信人が一番、リビングに回されたとのこと。現在は、TAKUYA∞がその家を引き継ぎ、2階は「core ability」というプライベートスタジオになっている。

CDジャケット
CDジャケットは1st、2nd、3rdシングル及び1stスタジオ・アルバムは、通常盤、初回生産限定盤全てUVERworldのマスコットキャラクター「UVERちゃん」。4th、5th、8thシングルは通常盤、初回生産限定盤全てオリジナルイラスト。また、6thシングルと2ndスタジオ・アルバムは初回生産限定盤のみオリジナルイラスト。7th、9th、10th、11th、12thシングル及び3rd、4thスタジオ・アルバムは通常盤、初回生産限定盤全てアーティスト写真であり、6thシングル、2ndスタジオ・アルバムは通常盤のみ全てアーティスト写真となっている。なお、12thシングル「儚くも永久のカナシ」のガンダム00盤は『機動戦士ガンダム00』のキャラクターイラストとなっている。13th、14th、15thシングル、初のベスト・アルバム『-Neo SOUND BEST-』では、通常盤及び初回生産限定盤ともに、新しくデザインされたUVERworldのオリジナルマークがジャケットに採用され、5thスタジオ・アルバムは初回生産限定盤のみがオリジナルマークが使用され、通常盤はアーティスト写真となった。8thシングル「シャカビーチ〜Laka Laka La〜」以来久々にアーティスト写真ではなくオリジナルデザインのジャケットとなった。なお、UVERworldのオリジナルマークはバンド名の「U」と「w」を合わせたようなマークになっている。

ファン層
ファン層は10代〜20代の女性が主であり、最近では20代男性のファンも増えている傾向にある。また、有名人のファンとしては男性タレントの桜田通、木戸邑弥、女性タレントの栗山千明、西山茉希、福田萌、書道家の武田双雲、漫画家の久保帯人、女子ソフトボール日本代表の佐藤理恵、また同じ滋賀県出身のアーティスト西川貴教は「彼らのやっている事は純粋にファンだったりする」と語っている。なお、これは彼の所属するバンド、abingdon boys schoolのライブDVD『abingdon boys school JAPAN TOUR 2008』内にも収録されている。

ライブ
UVERworldのライブは最初のメンバー登場の際には、1stアルバム『Timeless』に収録されている「SE」が使用されていたが、3rdアルバム『PROGLUTION』が発売されてからは、メンバー登場の際には『PROGLUTION』に収録されている新SE「to the world (SE)』が使用されている。なお、UVERworld初の2008年の12月5日に行われた日本武道館単独公演"「POCARI SWEAT presents UVERworld 2008 Premium Live at NIPPON BUDOKAN」と、同年同月の13日に初の大阪城ホール単独公演「POCARI SWEAT presents UVERworld 2008 Premium Live at OSAKA-JO HALL」では、2007年のライブ以来久々の「SE」が使用された。
彼らのライブでは他のアーティストと同じように、「神集め」や「energy」では一部のコーラス部分ではTAKUYA∞がファンにマイクを向けてファンに歌わせたり、「Burst」では間奏の部分で会場のファンがメンバーと一緒に連続でジャンプする部分もある。ライブでの定番曲は主に「D-tecnoLife」、「UNKNOWN ORCHESTRA」、「Burst」、「energy」、「GROOVY GROOVY GROOVY」、「激動」、「Roots」、「just Melody」、「SORA」など。
アンコールに関しては、TAKUYA∞が「本当に望まれている時しかアンコールはしない」という旨の発言をしていた通り、会場が一つになってアンコールをしないとUVERworldもアンコールに応じない事がある。
2009年1月24日のライブイベント"au by KDDI presents ONTAMA CARNIVAL 09"からは、「DISCORD」(「BUGRIGHT」に収録、「浮世CROSSING」には、新たにコーラスが加えられたバージョンを収録)の時に、会場に来ている観客全員に携帯電話を頭上に掲げさせて「一人一つの灯りで会場を演出する」という、サイリュームのような演出をする新しい試みがされている。この試みは現在も続いており、ライブで「DISCORD」が演奏された時には必ず行っている。

革命
彼らが度々口にする「革命を起こす。」というのは、世界を変えるなどといった本来の意味での大きなものではなく、「UVERworldの音楽を聴いた人たちの一人ひとりの心に何か変化を起こすことを意味している。」と、メンバーは語っている。

来歴

2000年
6月6日、滋賀県の草津市にて現在の前身sound極roadを結成。
11月18日、滋賀県のライブハウス、B-FLATにて対バンライブに出演。
2001年
4月23日、愛知県のライブハウス、DAYTRIPにて対バンライブイベント「FRIEND SHIP vol.4」に出演。
2002年
10月30日、B-FLATにて対バンライブイベント「FOR THE NEXT GENERATION vol.10」に出演。
2003年
2月14日、大阪府のライブハウス、SHINKAGURAにて、対バンライブイベント「SOUND LIFE」に出演。
3月27日、APOLLO THEATERにて、対バンライブバンイベント「wag your tail vol.4」に出演。
6月6日、B-FLATにてtickのボーカル、Reigo5の追悼ライブに出演。
6月24日、東京都のライブハウス、kichijoji Planet Kにて対バンライブイベント「Brandnew Antem vol.3」に出演。
12月、バンド名をsound極roadからUVERworldに改名
2004年
2月28日、HUCKLEBERRYにてUVERworld主催の対バンライブイベントを開催。
10月、大阪府のライブハウス、BAYSIDE JennyにてSony Music Records Inc.の社長がUVERworldを目撃。ライブ当日夜に契約終了。各レーベルとの争奪戦の結果gr8!recordsに所属が決定し、その後メジャーデビューが決定。なお、インディーズの頃は、手売りのみで3000枚のCDが売れる程であった。
11月、メジャーデビューに向けて上京、5人の共同生活が始まる。
2005年 - 2007年:メジャーデビュー - 『Timeless』- 活動停止
2005年
4月6日、SHIBUYA RUIDO K2にて初のお披露目ライブ開催。
7月6日、1stシングル「D-tecnoLife」でメジャーデビュー。
8月2日、渋谷CLUB QUATTROにて、単発ライブを開催。
8月14日、インテックス大阪にて、Creativeman Production主催のロックフェスティバル「SUMMER SONIC 2005」にオープニングアクトとしてSONIC STAGEに出演。
10月23日、鈴鹿国際大学学内体育館にて初の学園祭ライブ「第12回 鈴国祭」に出演。
10月26日、2ndシングル「CHANCE!」を発売。
10月29日、CLUB CITTA'にて、hyde主催のハロウィンライブイベント「HALLOWEEN OF THE LIVING DEAD」に出演。
2006年
1月25日、3rdシングル「just Melody」を発売。
2月15日、1stスタジオ・アルバム『Timeless』を発売。
3月9日、ゴールドディスク大賞で2005年度の"ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー"を受賞。
3月10日 - 4月3日、初の全国ライブツアー「UVERworld Timeless TOUR 2006」を開催。ライブハウスツアーである。
5月6日 - 5月7日、国立代々木競技場第一体育館にて、ライブイベント「Sony Music Anime Fes.06」に出演。
5月17日、4thシングル「Colors of the Heart」を発売。
8月2日、5thシングル「SHAMROCK」を発売。
8月5日、福島県のしらさわグリーンパーク野球場にて、ライブイベント「TORORO ROCK FES in Shirasawa 2006」に出演。初の野外フェス出演となる。
9月14日 - 10月9日、2度目の全国ライブツアー「Live everyday as though it were last.」を開催。
10月7日 - 11月12日、学園祭ツアーを敢行。
11月15日、6thシングル「君の好きなうた」を発売。
11月22日、1stスタジオ・アルバム『Timeless』の再発盤『Timeless(Special Edition)』を発売。
12月15日、TAKUYA∞が公務執行妨害の現行犯で逮捕・拘留され、活動を自粛・休止。2ndアルバムの発売を約1ヶ月延期。
12月20日、初のライブDVD『LIVE at SHIBUYA-AX from Timeless TOUR 2006』を発売。
2007年:活動再開 - 現在
2007年
2月10日 - 2月11日、音楽活動を再開。東京都のライブハウス、UNITと、大阪府のOSAKA MUSEにて活動再開特別ライブを2日連続で開催。このライブに来たファン限定で未発売音源CDの「凛句」が来場したファン全員に無料配布された。なお、このライブはTAKUYA∞の起こした事件のため延期となったX'masスペシャルライブの振り替えである。
2月20日、初のアーティストブック「CLASSWORD」を発売。
2月21日、発売を延期していた2ndスタジオ・アルバム『BUGRIGHT』を発売。TAKUYA∞が起こした事件の反省の形の一つとして、ネット配信限定『UVER家のTV』開始。
3月10日 - 4月14日、3度目の全国ライブツアー「UVERworld BUGRIGHT TOUR 2007」を開催。4月26日 - 4月30日には追加公演「UVERworld BUGRIGHT TOUR 2007 〜Toward endscape〜」も開催。
5月30日、7thシングル「endscape」を発売。
6月17日、日比谷野外音楽堂大音楽堂にて、ライブイベント「R&R NEWSMAKER Mix Up! Vol.4」に出演。
7月29日・30日・8月3日、Zepp Tokyoにて、abingdon boys school主催の対バンツアー「abingdon boys school Tour "MATCH UP '07 SUMMER SIRIES"」に出演。
8月8日、8thシングル「シャカビーチ?Laka Laka La?」を発売。
8月20日、ライブハウス、STUDIO COASTにて、8thシングル「シャカビーチ?Laka Laka La?」購入者限定特別ライブ「UVERworld DoSummer!voices 〜what we need〜」を開催。このライブで来場者全員のコーラスの声を録音し、9thシングル「浮世CROSSING」のカップリング曲「DISCORD〜your voices mix〜」のコーラスにするイベントがあった。
9月1日、豊田スタジアムにて、ロックフェスティバル「TREASURE05X with ZIP-FM77.8」に出演。
10月6日 - 11月23日、学園祭ライブツアーを敢行。
11月14日、9thシングル「浮世CROSSING」を発売。
12月4日、メンバー5人による共同生活終了。
2008年
1月16日、3rdスタジオ・アルバム『PROGLUTION』を発売。アルバム発売を期に『UVER家のTV』の配信を終了した。
1月 - 2月、約3年続いた共同生活に終止符を打ち、各々が一人暮らしを始める。今まで5人で住んでいた一軒家を、プライベートスタジオcore abilityに改造する。
3月18日 - 6月6日、初のホールツアーにして4度目の全国ライブツアー「UVERworld PROGLUTION TOUR 2008」を開催(追加公演含む)。
6月11日、10thシングル「激動/Just break the limit!」を発売。
7月15日、初のライブドキュメントブック「UVERworld PROGLUTION TOUR 2008 THE DOCUMENT」を発売。
8月16日、日本武道館にて、テレビアニメ『機動戦士ガンダム00』と『コードギアス 反逆のルルーシュ』の合同イベント「GUNDAM00×CODE GEASS GO!GO!5! FES'08 in 武道館」に出演。
9月10日、11thシングル「恋いしくて」を発売。
9月20日 - 9月30日、「UVERworld PROGLUTION TOUR 2008」でのライブ映像などのドキュメントムービーを全国11箇所の会場で上映するイベント「PROGLUTION TOUR ドキュメントムービー「core ability」」を開催。
10月1日、2枚目のライブDVD『PROGLUTION TOUR 2008』を発売。シングル、アルバム、DVDを通じてUVERworld初のオリコン週間チャート1位を獲得する。
10月3日 - 10月29日、5度目の全国ライブツアーにして初のファンクラブ会員限定ライブツアー「UVERworld Neo SOUND WAVE TOUR 2008」を開催。
11月1日 - 9日、学園祭ライブツアーを敢行。
11月19日、12thシングル「儚くも永久のカナシ」を発売。CDでは初のオリコン週間シングルランキング1位を獲得[4]。
12月5日、日本武道館にて、単発ライブ「POCARI SWEAT presents UVERworld 2008 Premium Live at NIPPON BUDOKAN」を開催。これが、UVERworld初の日本武道館単独公演となる。
12月11日、雑誌「女性セブン」にて、TAKUYA∞と柴咲コウとの交際が報じられる。
12月13日、大阪城ホールにて、単発ライブ「POCARI SWEAT presents UVERworld 2008 Premium Live at OSAKA-JO HALL」を開催。初の大阪城ホール単独公演。ステージパターンはB。
12月25日、日本武道館にて、単発ライブ「UVERworld 2008 Premium LIVE on Xmas」を開催。このライブは同月5日に行われた日本武道館単独公演の追加公演であり、クリスマスライブでもある。このライブでは、このクリスマスライブでのみ使用可能の限定グッズ、ケミカルライトが販売された。
2009年
2月18日、4thスタジオ・アルバム『AwakEVE』を発売。
2月27日 - 5月7日、6度目の全国ライブツアー「UVERworld AwakEVE Tour09」を開催(追加公演含む)。このライブツアーも前回2008年の全国ライブツアーと同じホールツアーだが、4月4日と4月5日には国立代々木競技場 <第一体育館> 、4月9日と4月10には大阪城ホールと、アリーナクラスの会場で2日ずつ日程が組まれている。なお、4月4日はUVERworld初の国立代々木競技場単独公演となる。4月5日の公演は、NHK-BS2での音楽ライブ番組『スーパーライブ』にて放送された。なお、国立代々木競技場 <第一体育館>での2Days公演は二日間で3万人以上を動員した。
4月29日、3枚目のライブDVD『UVERworld 2008 Premium LIVE at 日本武道館』を発売。
8月5日、13thシングル「GO-ON」を発売。
9月19日、滋賀県烏丸半島芝生広場 <野外特設ステージ>にて、19日、20日の二日間開催される西川貴教主催のロックフェスティバル「イナズマロックフェス 2009」に出演。このイベントのラストでは主催者である、西川貴教率いるバンドabingdon boys schoolの新曲「蒼焔-SOUEN-」で、TAKUYA∞と西川貴教が「蒼焔-SOUEN- fest.TAKUYA∞」としてコラボした。
9月30日、4枚目のライブDVD『AwakEVE TOUR '09』を発売。
10月28日、14thシングル「哀しみはきっと」を発売。
10月31日 - 11月1日、学園祭ライブツアーを敢行。
11月6日 - 12月15日、7度目の全国ライブツアー「UVERworld Autumn Tour 2009」を開催。ホールツアーである。
12月9日、初のベスト・アルバム『-Neo SOUND BEST-』を発売。
12月25日、日本武道館にてUVERworldのファンクラブ会員限定のクリスマスライブ「Neo SOUND WAVE PRESENTS UVERworld 2009 PREMIUM LIVE ON X'MAS」を開催。
12月31日、東京国際フォーラム <ホールA>にて、テレビアニメ『機動戦士ガンダム00』主催の年末イベントライブイベント「Gundam 00 Festival 2009-2010 A trailer for the trailblazer」に出演。
2010年
2月10日・13日・14日、10日には日本武道館にて、13日には愛知県の屋内総合体育施設日本ガイシ スポーツプラザ <日本ガイシホール>にて、14日には大阪城ホールにて、サークルKサンクス主催のライブイベント「サークルKサンクス合併5周年記念 Cherie Dolce_Super LIVE」に出演。
3月21日、幕張メッセ <国際展示場ホール9,10,11>にて、ライブイベント「GO!FES」に出演。
3月31日、15thシングル「GOLD」を発売。
4月14日、5thスタジオ・アルバム『LAST』を発売。
4月23日 - 7月4日、8度目の全国ライブツアー「UVERworld LAST Tour 2010」を開催。
7月7日、初のPVクリップ集DVD『UVERworld Video Complete -act.1- first 5 years』を発売。
9月18日、滋賀県烏丸半島芝生広場 <野外特設ステージ>にて、18日、19日の二日間開催される西川貴教主催のロックフェスティバル「イナズマロックフェス 2010」に出演予定。
11月27日、東京ドームにて、「LAST TOUR FINAL at TOKYO DOME」を開催予定。UVERworld初のドームワンマンライブとなる。
(Wikipediaより引用)

『-Neo SOUND BEST-』(ネオ サウンド ベスト)は、UVERworld初のベスト・アルバムである。発売元はgr8!records(SME)。

デビュー5周年、インディーズ活動を含め10周年を記念した初のベストアルバム。メジャーデビューしてからこれまでのシングル、アルバム曲の中から15曲、その内「CHANCE!」は新たにレコーディングした再録バージョン、インディーズ時代の楽曲「D-tecnoRize」の再録バージョンを加えた全16曲を収録。そのためすべてのシングル曲が収録されているわけではなく、「just Melody」「Colors of the Heart」「endscape」「GO-ON」の4曲は未収録となっている。また、両A面で発売された「激動/Just break the limit!」の、もう一つのA面曲「Just break the limit!」も未収録である。この選曲はメンバー間で入れたい曲を一曲ずつ挙げていって収録されたものとなっている。

本作も、通常盤と初回生産限定盤とが存在し、初回生産限定盤は三方背ボックス仕様、"UVERworld AwakEVE Tour09"の追加公演の映像や、これまでライブ映像作品になっていなかった「SHAMROCK」などを収録した特典DVD付。また通常盤にも初回仕様があり、スペシャルラッピング仕様、UVERworld特製クリスマスカードが封入されている。なお、今回は購入者応募特典はない。

なお、ベスト・アルバムの発売に関してはメンバー全員が「たかだか5年の活動で、自分達はまだまだこれから」という理由で反対していたが、スタッフとの話し合いでメンバー全員がベストアルバム発売を前向きに考え発売が決定した。

収録されている曲は全てリマスタリングされている。

また、先着購入特典としてスペシャルポスターがプレゼントされた。
(Wikipediaより引用)

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm