このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/男性VO/ポップス

The Cars
カーズ(アメリカ)
Heartbeat City
5作目
バンド名は「全員、車好きだから」という理由から名付けられている。
長年共に活動を行ってきたリズムギター・ボーカルのリック・オケイセックとベース・ボーカルのベンジャミン・オールを中核に1976年に結成され、1978年にメジャー・デビュー。その革新的でユニークな音楽とレコードに劣らぬ音質の正確で高い技術のライブが話題をさらった。
バンドが持っていった「燃える欲望 (Just What I Needed)」のデモテープを気に入った地元FM局の人気DJが自分の番組で繰り返しかけたところ、リクエストが殺到し、レコード会社の注目を集め、この曲をデビューシングルとしてカーズはセンセーショナルにデビューを飾った。
『錯乱のドライブ/カーズ登場』(6xプラチナディスク獲得)、『キャンディ・オーに捧ぐ』(全米アルバムチャート最高3位)、グラミー賞新人賞にノミネートされるなど、デビュー作から立て続けにヒットを続け、その地位を確立していった。最初の2枚のアルバムはロック色が強かったが、3枚目では実験音楽的要素が強まり、4枚目・5枚目ではポップ色が強まっていっており、その音楽のタイプはアルバム毎にどんどん変化していった。MTVが開局してからは、ユニークなミュージックビデオが評判を呼び、次々大ヒットが生まれた。5枚目のアルバム『ハートビートシティ』(全米アルバムチャート最高3位)からは、4曲のヒットがチャートを賑わせた。中でも1984年のシングル「ユー・マイト・シンク (You Might Think)」は、多くの強敵を押しのけ第1回MTVアウォードを受賞した(この年はマイケル・ジャクソンの「スリラー」や、シンディ・ローパーの「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」やマドンナなどが候補に挙がっていた)。カーズの最大のヒットとなった「ドライブ (Drive)」は、1985年のライブエイドのテーマ曲としても選ばれ、この曲にあわせてエチオピア飢餓の映像のビデオが、デヴィッド・ボウイの司会で世界中に流されるなど、特別な注目も集めた。 しかし、日本での人気は、アメリカではかなりの実績があるにも関わらず低い。

作詞・作曲は全般的にリック・オケイセックが担当しているが、作曲の一部やジャケットデザインなどは他のメンバーが担当している。アートワークの良さも評価されている。 リードボーカルは、オケイセックとベンジャミン・オールの2人が曲により分けあっている。

1988年2月、カーズは記者会見や解散理由の説明もなくグループをすでに解散していることを確認した。最後にリリースされたアルバム『ドア・トゥ・ドア』の音楽の方向性があまりにも多様化しすぎ、ファンが戸惑い、それまでのアルバムの売り上げに比べてセールスが伸びず(アメリカビルボードアルバムチャ-ト最高26位)、それに伴いツアーの観客動員数も減ってきたことにショックを受けた事が原因と言う説もあるが定かではない。メンバーはその後、ソロ活動などで活躍。ベンジャミン・オールが癌で死亡したため、完全な形での再結成は不可能となった。

2005年、オリジナルメンバーのエリオット・イーストン(ギター)、グレッグ・ホークス(キーボード)が再結成を拒否したリック・オケイセックと、ベンジャミン・オールの代わりのボーカルとしてトッド・ラングレンを迎えて「ニュー・カーズ」を結成。カーズのヒット曲を中心に、トッド・ラングレンの旧ヒット曲やオリジナルの新作も少し加えてライブ活動を行っている。

ハートビート・シティ(Heatbeat City)はカーズのリリースしたアルバムの中で最も商業的成功を収めている。
前々作「パノラマ」、前作「シェイク・イット・アップ」に比べ、全体的によりポップな仕上がりになっている。「ラジオ&レコード」の年間アルバムチャートでは1位を獲得している。シングルでも「Drive」「Hello Again」「Magic」「You Might Think」がTOP20に入るなど、ヒットを量産している。(Wikipediaより引用)


本作は1984年年発表。
当時大流行だったシンセの音が今聴くとちゃちく感じますが、80年代のミュージック・シーンってみんなこんな感じでしたよね。バンド・サウンドはシンセを多用したモダンなポップ・ロック。能天気な明るさ、軽さの中にも クールな哀愁が漂っています。リック・オケイセックのハエ男のPVからしてホント、チャーミングなバンドですよね。覚えやすいポップな歌メロはなにげなく凝っていて、リック・オケイセックのクセのあるボーカルに好き嫌いがわかれそうですが、楽曲の完成度、充実度は素晴らしいアルバムだと思います。 それとなんといっても最大のヒット曲である名バラード「Drive」がきいてますね。この曲の存在でアルバムに一気に奥ゆきが生まれているように感じます。(能天気なパーティー・ソングの中にこういうジンとくるバラードが1曲入っているときくんだよなぁ・・。)

残念ながらカーズは、多くのバンドが大ヒットの後の勘違いか、プレッシャーのためにつぶれていったように、”大ヒット後遺症”のため、エレポップ・ムーブメントの衰退と共に一気に失速していきます。
ちなみに「Drive」はスコーピオンズもカバーしていますので、興味のある方はどうぞ。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm