このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
男性VO/HM・HR/シンフォニック・メタル

Symphony X
シンフォニー・エックス(アメリカ)
Divine Wings Of Tragedy
3作目
バンドのリーダーにして中心人物、ギターのマイケル・ロメオは1986年、彼と交流があったコリー・ブライスがGeminiという4人組バンドを結成。このGeminiにマイケル・ロメオがツアー・メンバー等として関わるようになる。1989年、コリー・ブライスは新たなバンドの結成に着手、マイケル・ロメオが正式なギタリストとして参加したのを含め同年秋にメンバーが決定。1991年春にアルバムを完成させた時点でバンド名をPhantom's Operaに改称した。その後バンドのメンバーの間に確執が生まれ、マイケル・ロメオとキーボードのジャック・ヤングを除く3人が脱退。マイケル・ロメオはPhantom's Operaに新メンバーを加入させながら活動を継続し、並行してソロアルバム「Dark Chapter」を製作。これが好評だった事が契機となり、1994年、ボーカリストのロッド・タイラー、キーボーディストのマイケル・ピネーラ、ベーシストのトーマス・ミラー、ドラマーのジェイソン・ルロとともにバンド「シンフォニーX」を結成する。
デビューと同年、バンドと同名の「シンフォニー・エックス」をリリースし。日本と欧州の一部で好評を得るが、セカンド・アルバム「ザ・ダムネイション・ゲーム」制作開始と前後してボーカルのロッド・タイラーが脱退を表明、ラッセル・アレンに交代した。
1996年11月(日本)、サード・アルバム「ザ・ディバイン・ウイングズ・オブ・トラジディ」をリリースする。このアルバムは日本や欧州などで高い評価を得たが、母国アメリカでの評価やセールスは上がらず、アルバム自体もアメリカ国内での正規リリースがなされていないままだった。
1997年の終わりに、個人的な理由によりドラマーのジェイソン・ルロがバンドを一時離脱。バンドはサポートドラマーとしてトーマス・ウォーリングを迎えて4作目のレギュラーアルバム「トワイライト・イン・オリンポス」をリリースして1998年6月に初来日ライブを催行。その後世界ツアーも行う。これと前後してレーベルがZEROコーポレーションからInsideOutに変わり、母国アメリカを初めアルバムの販売態勢が変化した。同年、InsideOutレーベルからの第1弾としてベスト・アルバム「Prelude To The Millennium-Essentials Of Symphony-」をリリース。このアルバムには1stアルバム「シンフォニー・エックス」に収録されていた楽曲「Masquerade」がラッセル・アレンのボーカルで再録されたことが話題となったが、同じく1998年にベーシストがトーマス・ミラーからマイケル・レポンドへと交代している。一方、これらのツアーが契機となって2000年にジェイソン・ルロが復帰し、7月(日本)、5作目のレギュラーアルバムで初のコンセプトアルバムでもある「ファイヴ-新・神話組曲」がリリースされる。その後、このアルバムを演目の主体としたヨーロッパ・ツアーを行い、フランスで行ったライブがライブアルバム「ライヴ!!イン・ヨーロッパ 2000-2001」として2001年にリリースされる。
さらに2002年には、6作目のレギュラーアルバム「ジ・オデッセイ」をリリースしたが、その後はライブやメンバー各人の他バンドへのゲスト参加、ソロアルバムなど多方面に活動が展開されるようになったため、新作までの間隔はこれまでより長くなった。2005年にはメガデスとドリーム・シアターのダブルヘッドライナーの「Gigantour」に参加し、アメリカにてライブツアーを行った。 2007年6月、前作から4年半ぶりの新作アルバム「パラダイス・ロスト」をリリース、ジョン・ミルトンの叙事詩「パラダイス・ロスト(失楽園)」を根本テーマとして扱っている。
(Wikipediaより引用)

本作は1996年発表。
このバンドはなんといってもギタリストのマイケル・ロメオのテクニックが凄いです。イングヴェイ・マルムスティーンを彷彿させるネオクラシカルなギター、テクニックは凄まじい。。。圧倒的な演奏力同様VOのラッセル・アレンの歌唱力も素晴らしいですね。プログレッシブでありネオクラシック。ドリーム・シアターのような展開力、ラプソディのような大袈裟さとロイヤルハントのようなキーボードの様式美。複雑で予測不能な曲展開、悶絶テクニック、疾走感がハマる人にはハマりますが、メロディにしてもアレンジにしても懲りすぎていて、万人受けするタイプではないでしょう。単純で分かり易くて聴き易い曲など1曲もありません。あと、ジャケットのセンスが・・・。
男性VO/HM・HR/シンフォニック・メタル

Symphony X
シンフォニー・エックス(アメリカ)
V_ The New Mythology Suite
5作目
本作は2000年発表。
プログレッシヴなコンセプト・アルバムという事で、練りに練られた緻密な作品に仕上がっています。完成度は抜群に高いのですが、 彼等の楽曲は単純なリフレインが少なく、メロディがつかみにくいため、初めて聴く方はとっつきにくいかもしれません。アルバムの内容は、プログレ色がかなり強く、 インストを効果的にはさんだスリリングな展開になっています。最初から最後まで通して聴かないとなかなか良さがわからないので、ストレートなHM/HR好きの方はパスした方がいいと思います。演奏テクニックはさすがですね。あと、ジャケットのセンスもなのですが、ルックスが・・・。ダイエットしてください。
男性VO/HM・HR/シンフォニック・メタル

Symphony X
シンフォニー・エックス(アメリカ)
Paradise Lost

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm