このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/男性VO/ポップス

Sting
スティング(イギリス)
The Dream Of The Blue Turtles

ゴードン・マシュー・トーマス・サムナー CBE, ステージネーム:スティング(Sting、本名:Gordon Matthew Thomas Sumner, CBE)、1951年10月2日 - )は、イギリスのニューカッスル・アポン・タイン出身のミュージシャンである。1977年にポリスを結成。1978年にA&Mより「ロクサーヌ」でデビュー。ベーシスト兼ボーカルとして活躍した。ポリス自体は1984年に活動休止したが、その後もソロで活動。現在は再びポリスのメンバーとしてワールドツアー中。息子のジョー・サムナーはフィクション・プレインのボーカルとして活動中。

来歴

ニューカッスルのカトリック系男子校、セント・キャスバート・グラマー・スクールを卒業後、ウォーリック大学に通っていたが卒業はしていない。なお実家は牛乳屋であり、兄が継いでいる。1971年から1974年の間、イングランド北部教員養成大学(現ノーザンブリア大学)に通い、卒業後はニューカッスル北部にあるセント・ポール小学校の国語教師として5歳から9歳までの児童を受け持った。「高校教師」という邦題の曲のために高校教師だったと誤解されることが多いが、この歌は教育実習で15歳の生徒を担当した経験を元にしたものである(ただし、実体験を表したものではなく、彼によると、人気絶頂のロック・スターと若い女性ファンとの関係を暗喩として表したもの)。

ビートルズ、キンクスで音楽に興味を持ち、ボブ・ディラン、セロニアス・モンク、チャーリー・ミンガス、マイルス・デイビス、ジョン・コルトレーンの影響を受けて育つ。教員養成大学在学時、夜毎地元のジャズ・セッションに参加した。ニューカッスル・ビッグ・バンドにベーシストとして参加、1972年、スティングにとってはじめてのアルバム『Newcastle Big Band』をリリース。1974年ジャズ・ロックバンドラスト・イグジットを結成して活動していたところスチュワート・コープランドに誘われて1976年にロンドンで活動することを決め、ヘンリー(アンリ)・パドゥバーニと共にポリスを結成する。ポリス結成以前のライブなどで、蜂を連想させる黄色と黒の縞の上着を愛用していたことからスティング(sting=「ちくりと刺す」の意味)と呼ばれるようになった。その後、アンディー・サマーズが加わり4人編成となったが、ヘンリーが脱退しトリオとなる。

1985年、ソロ活動を本格的に開始。ジャズ・ミュージシャン(ケニー・カークランド、オマー・ハキム、ブランフォード・マルサリス他)を起用してアルバムを制作し、注目を浴びた。その最初のコンサート・ツアーの模様はフィルムに収めて公開(「ブルー・タートルの夢 A Band Is Born」)されている。

1999年に発表した『ブラン・ニュー・デイ』は、第42回グラミー賞を2部門で受賞。他にも熱帯雨林の保護活動家、国際的な人権保護運動家の側面を持つ。

1994年には、宮崎シーガイアのCMに出演し、キャンペーンソング『Take me to the sunshine』を提供し、同施設のこけら落しライブも行っている。しかし、その後、来日時に受けた共同記者会見の席上で宮崎シーガイアが地域の自然を破壊し問題視されているという主旨の質問を記者より受け、急遽、CMを降板するに至る。

ベーシストとしても一流であり、ポリスのアンサンブルを語る上で欠かせないものである。アコースティックで培ったダイナミズムをエレクトリックに反映させた骨太の音で、時にはテクニカルにビートの隙間を縫うようなフレーズを歌いながら難なく弾きこなす。2005年にはベーシストとしてt.A.T.u.のセカンドアルバムにスポット参加している。また、ドラマーのヴィニー・カリウタなどとも共演している。

2002年に開催された冬季オリンピックのオープニングでは、世界的チェリストのヨー・ヨー・マと Fragile を共演。911テロの直後でもあり、大勢に感動を与えた。

最近はクラシック音楽への傾倒が注目される。2006年にはジョン・ダウランド作品を集めた『ラビリンス - Songs From The Labyrinth』を名門クラシックレーベルのドイツ・グラモフォンから発表し、クラシック界からも注目を浴びた。また、2009年にも、パーセルやシューベルトなどの作品を集めたクラシック・テイストの『ウィンターズ・ナイト If On A Winter's Night』を、2010年には、自身のヒット曲を、クラシック・アレンジのもとオーケストラ伴奏でセルフ・カバーした、『シンフォニシティ Symphonicities』を、いずれもグラモフォンから出した。

代表曲に「Every Breath You Take」(ポリス時代)、「Roxanne」(ポリス時代)、「Fields Of Gold」、「Fragile」、「Englishman In New York」、「Shape Of My Heart」(映画『レオン』主題歌)等がある。映画の主題歌や挿入歌に使用される事が多く、それらの一部を集めた、全17曲のアルバム「Sting At The Movies」(1997)がある。その後、同アルバムは、映画「阿修羅城の瞳」公開時に使用された「My Funny Valentine」を収録し、半分近くを差し替えた「My Funny Valentine At The Movies」(2005)へと更新されている。

社会活動

1980年代から、社会活動に熱心なミュージシャンの一人として知られる。1985年のバンドエイド参加。1987年発表の『ナッシング・ライク・ザ・サン』収録の『孤独のダンス』(原題They dance alone)では、当時のチリ・ピノチェト軍事独裁政権の人権抑圧を批判。反体制者として逮捕され行方不明となった配偶者・息子の解放を訴える女性たちが、路上で形見の衣服を抱き一人一人踊るさまを歌った。また、妻トゥルーディー・スタイラー、ブラジル先住民カイヤポ族らとともにレインフォレスト・ファウンデーションを設立し、熱帯雨林保護活動を行っている。また、アムネスティー・インターナショナルを支持している。

ディスコグラフィ

ポリス


1978年 アウトランドス・ダムール - Outlandos d' Amour
1979年 白いレガッタ - Reggatta de Blanc
1980年 ゼニヤッタ・モンダッタ - Zenyatta Mondatta
1981年 ゴースト・イン・ザ・マシーン - Ghost in the Machine
1983年 シンクロニシティ - Synchronicity
1986年 Every Breath You Take:The Singles
1992年 Greatest Hits
1995年 Live!
1995年 Every Breath You Take:The Classics

ソロ

1985年 ブルー・タートルの夢 - The Dream Of The Blue Turtles
1986年 ブリング・オン・ザ・ナイト - Bring On The Night
1987年 ナッシング・ライク・ザ・サン - Nothing Like The Sun
1988年 ナーダ・コモ・エル・ソル - Nada Como el Sol
1991年 ソウル・ケージ - The Soul Cages
1993年 テン・サマナーズ・テイルズ Ten Summoner's Tales
1994年 フィールズ・オブ・ゴールド?ベスト・オブ・スティング1984-1994 - Fields Of Gold The Best Of Sting 1984-1994
1996年 マーキュリー・フォーリング - Mercury Falling
1999年 ブラン・ニュー・デイ - Brand New Day
2000年 ブラン・ニュー・デイ?リミックス・アルバム - Brand New Day The Remixes(日本のみ)
2001年 オール・ディス・タイム - All This Time...
2003年 セイクレッド・ラヴ - Sacred Love
2004年 セイクレッド・ラヴ+2 - Sacred Love
2006年 ラビリンス - Songs From The Labyrinth
2009年 ウィンターズ・ナイト - If On A Winter's Night
2010年 シンフォニシティ - Symphonicities
(Wikipediaより引用)

ブルー・タートルの夢(The Dream of the Blue Turtles)は、 スティングのアルバム。ポリスが非公式に解散した翌年の1985年にリリースされた。
このアルバムでは、ジャズやクラシックにおけるスティングの音楽的才能が如実に表現されている。また、ポリスのメンバーとしてではなく、世界の、時にポリスとは対照的な音楽を志向している事を証明しようとする欲求が垣間見える。アルバムには、冷戦を批判した「ラシアンズ」、「チルドレンズ・クルセイド」や「黒い傷あと」などのような強烈な政治的メッセージを含む曲もある。また、スティングのソロ初ヒット曲「セット・ゼム・フリー」や、ポリス時代の曲をジャズ調にアレンジした「シャドウズ・イン・ザ・レイン」(オリジナルはアルバム”ゼニヤッタ・モンダッタ”に収録)も収録されている。

このアルバムにおいて、スティング自身演奏楽器をポリス時代から慣れ親しんだベースではなくギターにチェンジしている (参加ミュージシャンがジャズ界の大御所を集めたせいもあるのだが、ベースは後述のようにダリル・ジョーンズが担当) しかし、次アルバム「ナッシング・ライク・ザ・サン」ではベースに戻っている。
(Wikipediaより引用)
洋楽/男性VO/ポップス

Sting
スティング(イギリス)
Nothing Like The Sun

「ナッシング・ライク・ザ・サン」 (...Nothing Like the Sun) は、1987年にリリースされたスティングのアルバム。タイトルはシェイクスピアの文節をそのまま引用している。「シスター・ムーン」歌詞の一節にも使われており、スティングはこの言葉に心酔していると答えている。

このアルバムには2つの出来事が強く影を落としている。一つめは、病気がちだった母親が1986年に癌で亡くなった事であり、いくつかの曲に物悲しい調子を与えている。二つめは、「The Conspiracy Of Hope」ツアーで南米を訪問した際に知り得た、内戦や監禁を被り殺害された犠牲者たちの事があげられる。この事実は多くの曲に影響を及ぼし、「フラジャイル」「孤独なダンス」(歌詞中でチリの軍部独裁政権大統領アウグスト・ピノチェトを名指しで非難している)では嘆きを、「ザ・ラザラス・ハート」「ビー・スティル・マイ・ビーイング・ハート」では生命・愛・死を主題としている。

その他の曲では、前アルバムから続くジャズの影響がより顕著な「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」「シスター・ムーン」、ハードなダンスナンバーであり米国ビルボード7位にランクインした「ウイル・ビー・トゥゲザー」などがある。余談だが、スティング本人は「ウイル・ビー・トゥゲザー」について元々ビールのコマーシャル用に作曲した事もあってあまり好きではないと伝わっている。

アルバム総販売枚数は200万枚を越え、スティングのベストセラーアルバムのひとつとなっている。

「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」は3年後の1990年中頃、オランダ人プロデューサーのベン・リーブランドによってリミックスされ、スティング活動中止中の穴を埋める格好になった。前奏部の再構成と強烈なダンスビートにより、この曲はイギリスチャート15位にランクインした。のちにシャインヘッドが替え歌として「ジャマイカン・イン・ニューヨーク」がリリースされた。B面には、やはりリミックスされた「ウイル・ビー・トゥゲザー」が収録されている。

このアルバムは、製作過程においてプロデューサーである(エンジニアも兼任)ニール・ドーフスマンの得意技とも言える「フル・デジタル・レコーディング」が施されている(当時は「コストがかかりすぎる」と言う事で敬遠されがちだった)。マスタリングなどは全てデジタル機材にて行われており、録音もデジタルトラックを使用している。ちなみに、世界初のフル・デジタル・レコーディングされたアルバムは、同じドーフスマンプロデュースであるダイアー・ストレイツの「ブラザーズ・イン・アームズ」(1985年、全米1位)である。そのアルバム収録の「マネー・フォー・ナッシング」もマーク・ノップラーとスティングの共作曲であり、ボーカルで参加している。
(Wikipediaより引用)

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm