このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
邦楽/男性VO/ポップス

Southern All Stars
サザンオールスターズ
人気者で行こう
7作目

サザンオールスターズは1975年頃、青山学院大学で活動が始まり、音楽サークル“Better Days”(ベター・デイズ)のメンバーだった桑田を中心に母体となるバンドが結成される。初期の頃は“温泉あんまももひきバンド”、“ピストン桑田とシリンダーズ”、“ピストン桑田と脳卒中”、“桑田佳祐とヒッチコック劇場”など、奇抜なバンド名でコンテスト毎に何度もバンド名とメンバーを変更していたが、最終的には原由子参加の際、桑田の青学時代の同級生である宮治淳一(現:ワーナーミュージック・ジャパンストラテジック本部シニア・チーフプロデューサー)が、サザン・ロックと、アメリカサルサ・グループ、ファニア・オールスターズを組み合わせた“サザンオールスターズ”を風呂の中で安易に思いつき、そのまま使用することとなった。この「オールスターズ」には「これ以上バンド名を考えるのが面倒だった」という理由のほかに、「(桑田以外の)メンバーチェンジがあってもいいよう、流動的に入れ替わる全てのメンバーを総称してのバンド名」という意味もあり、当初は“桑田佳祐&サザンオールスターズ”と名乗っていた時期も存在する。「サザンオールスターズ」名義での最初のライブは公式ページには1976年4月11日と記されており、この時桑田は「じゃあ司会が『サザンオールスターズの皆さんです』と紹介したら出るんだな?」と段取りの確認を行っただけだったとされる。
幾度かのメンバーチェンジの後、1977年にアマチュアバンドのコンクールである「ヤマハEastWest '77」に出場し、桑田がベストボーカル賞を獲得。この頃には青学生ではなかった松田弘・野沢秀行も加わり、メンバーはデビュー時の6人に固まった。この編成は、サザン・ロックの雄・リトル・フィートの「リードギター・サイドギター・ベース・ドラムス・キーボード・パーカッション」による6人編成と同じという所以もある。この当時、既にセミプロとして活動していた野沢は当初バンドへの参加を断り続けていたが、「コンクール出場が決定した際になってから、突如参加表明をした」という経緯があった。冗談ではあるが、この後メンバーによって「知らない間に野沢がメンバーに加わっていた」「現在も正式メンバーではない」ともいわれている。この頃には頭部分の「桑田佳祐 &」が取れ、グループ名がサザンオールスターズとなる。なお、原の著書によればこの頃に一度だけ「パロディハウス」という名前に変えようとしたが、「ダサい」との理由で即サザンオールスターズに戻したという。公式ページではこの1972年から1977年までを「夜明け前」と呼称している。
当初は独特かつ奇抜なその音楽性が敬遠され、大手の事務所はサザンを敬遠していたが、当時新興事務所であったアミューズの大里洋吉社長(当時)が「フォークソングの時代は終わり、これからはロックの時代が来る」という判断の下でスカウトした。ただし、メンバーの大里に対する第一印象はあまり良いものではなかったという。また、大森と大里がデビューにむけて着々と準備を進めるなか、焦ったためか桑田がワーナー・パイオニアとレコード契約を結んでしまったというエピソードもあるが、この件は関係者が出向いて話を収めたという。

1978年6月25日にシングル『勝手にシンドバッド』でビクター音楽産業(現・ビクターエンタテインメント)からデビューし、それまであった歌謡曲やロックなどのジャンルにとらわれない、衝撃的な印象を残す。事務所側はこのデビューに際し、フォークシンガーを中心に「テレビ出演の拒否」をする風潮が強い中、あえて音楽番組に積極的に出演させるほか、ドラマ・CM等のタイアップを中心にお茶の間層の取り込みを狙う戦略を取った。
だが、当初は桑田の「目立ちたがり屋の芸人です」発言(ただし、これらの発言は「台本によるもの」と後年に明かしている)、ジョギングシャツ+ジョギングパンツスタイル(桑田によると、事務所から衣装代として1万円が渡され、たまたま入ったスポーツ用品店の店員が「まけてくれる」と言ったことから、なんとなく着ただけであるとのこと)、歌番組では史上初めてと言われる歌詞テロップ表示、「何を言っているか聞き取れない」と言われた歌などからコミックバンドと評される向きもあった。

年内にはこの『勝手にシンドバッド』がスマッシュヒットしたことでスターダムにのし上がったものの、この曲のヒットによって「次のシングルでのヒット」も確約せざるを得ない状況になり、桑田は山中湖のレコーディングスタジオで「曲作りのための“缶詰状態”」にされるなど、事務所やレコード会社からのプレッシャーを受けながら多忙な生活を送っていたが、「ノイローゼになるほどだった」と後に語っている。また、この精神状態の中から生まれたのが2ndシングルの『気分しだいで責めないで』であった。

翌年の3月25日、3rdシングル『いとしのエリー』を発表。レコード会社との間で「3枚目のシングルまで同系統の楽曲を発表する」という旨を話し合い、後の4thシングルとなる『思い過ごしも恋のうち』が発売されることも半ば内定していたが、桑田曰く「メンバーは飽きちゃってた」「(ビートルズの)『レット・イット・ビー』のレコーディング風景が頭にあって、あんな音楽が出来たらいいと思った」ことから予定を変更。この曲の発表で「本格派の音楽バンド」という評価を受け始めるようになり、その人気を確実なものにした。

そのような中、1980年に“FIVE ROCK SHOW”と銘打った計画を開始。「テレビなどに一切出ず、楽曲製作やレコーディングに集中する」「5ヶ月の中で毎月1枚ずつシングルを出す」と発表したが、そのシングルはメディアへの露出が大幅に減ったのも影響したのか、どれも「ヒット」と呼ぶには至らなかった。この間の1981年発売のシングル『Big Star Blues (ビッグスターの悲劇)』は現在でもサザンの全シングル中ワーストの売り上げを記録している通り、アルバムは毎回チャート上位を獲得するものの、シングルは売り上げが低迷する状態が続いた。

1982年1月21日に『チャコの海岸物語』を発表。桑田曰く「グループ・サウンズのパロディ」であったり、当時人気絶頂であったアイドル・田原俊彦の声色を意識して歌ったりと、起死回生を賭けた開き直りの歌謡曲だった。この直後、桑田と原は結婚を発表し、TBS系音楽番組『ザ・ベストテン』などでも祝福され、結婚式にはファンを呼ぶなど公私共に祝事が続いた。

1985年にはサザンとしては初の2枚組オリジナルアルバム『KAMAKURA』を発売した。数回の発売延期を重ねつつも長期間のレコーディングセッションの中で生まれたこの濃密なアルバムには、サザン史上最高のアルバムだという声もある。佐野元春から声がかかり、「国際青年年記念 ALL TOGETHER NOW」にも出演した。同製作時期に原が産休に入り、サザンとしての活動もひとつの頂点に達してしまったため、一旦活動を休止。桑田はKUWATA BANDとしての活動の後個人ソロを開始し、他のメンバーもそれぞれソロ活動に入った。

1988年6月25日、デビュー10周年の記念となる日にシングル『みんなのうた』を発売し、サザンとしての活動を本格的に再開した。加えてこのシングルから小林武史がアレンジ、プロデュース業を共に行うようになっている。前年に桑田はソロ活動で小林と共同プロデュースを行い、非常に完成度の高いアルバムを作っていた。「このアルバムのシェフは小林君、自分は素材として気持ちよく仕事ができた」と語っており、その流れでサザン本体にも合流したものとされる。

この時期から楽曲製作に関して「桑田(+アレンジャー)+スタジオ・ミュージシャン+プログラマー・マニピュレーター+レコーディングエンジニア」という図式が見られるようになり、桑田以外のメンバーが干渉する割合が減ったと言われている。小林と桑田はさらに原由子の2枚組ソロアルバム『MOTHER』のプロデュースも担当し、桑田はソロライブで「彼が嫌だと言っても、これからのサザン関係巻き込んでいきます!」と小林を絶賛していた。

1991年には関口が病気療養で休養に入るが、1992年、7月21日に『シュラバ★ラ★バンバ/君だけに夢をもう一度』『涙のキッス』を2枚同時発売し、サザン初、そしてオリコンとしても初のシングルチャート初登場1,2フィニッシュを果たした。『涙のキッス』はTBS系ドラマ「ずっとあなたが好きだった」の主題歌に起用され大ヒット、1ヶ月近くオリコン首位をキープするなどサザン初のシングルでのミリオンセラーを突破した。

1993年には『エロティカ・セブン』がフジテレビ系ドラマ「悪魔のKISS」の主題歌に起用され再びミリオンを超える大ヒットを記録。そんな中、1994年には桑田がソロ活動を再開、サザンの活動は約1年間休止となった。

小林武史がアルバム『世に万葉の花が咲くなり』、シングル『クリスマス・ラブ (涙のあとには白い雪が降る)』を最後にサザン(桑田ソロ含め)との共同作業から離れる。このはっきりした理由はファンに明らかにされてはいないが、桑田は「(小林は)危ないヤツと分かった」という風に語っており、蜜月の終わりを示唆している。この「危ないヤツ」という表現は、人間性を否定しているものではなく、アレンジャーやミュージシャンとしての才能を存分に評価し、バンドであるはずのサザンのメンバーを差し置いて、小林に頼りすぎてしまうという意味で発言したものである。その後この小林との縁で桑田佳祐&Mr.Children名義でのチャリティー活動や、小林とMr.Childrenの桜井和寿らが中心となって活動するap bank fesへの出演など、作品面以外での交友が続いている。

1995年、関口が長期の休養から復帰し、5月22日にシングル『マンピーのG★SPOT』で活動を再開。これ以降プロデュース名義は主にサザンオールスターズと表記されるようになった。直後に発売されたシングル『あなただけを ??Summer Heartbreak??』はフジテレビの「月9」枠ドラマ「いつかまた逢える」の主題歌として起用され、ミリオンを超えるセールスを記録した。その後も1996年に『愛の言霊 ??Spiritual Message』がミリオン突破するなどし、アルバム『Young Love』は過去最高のアルバム売り上げを記録した。

しかし、1997年あたりからサザンのイメージである「夏」「爽やか」などの売れ線系路線の曲とは程遠い、ハードロックなどを意識した曲を多くリリースするようになり、ライトファン離れが急激に加速していった。1998年にはベストアルバムリリースブームの中『海のYeah!!』を発売し、大ヒットを記録した。しかしほぼ同時に発売したオリジナルアルバム『さくら』は暗い作風や、上記のハードロックを意識した作品であったため、過去のアルバム3作連続で記録したミリオンを僅かに下回る結果となった。1999年には初のドームツアーを行い人気の健在振りを示したが、シングル『イエローマン ??星の王子様??』は、累計で10万枚を(オリジナル盤)下回る結果となった。

1999年9月26日、27日、ファンクラブシークレットライブ「'99 SAS事件簿 in 歌舞伎町」を行う。桑田曰く「ファンの空気に触れて刺激を受けた」とのことで、その当時レコーディングしていた曲(桑田ソロ『可愛いミーナ』の元曲など)も方向性がガラッと変わり明るくなったという。翌2000年、1月26日にシングル『TSUNAMI』を発売。この曲は前述のイベントから生まれた曲であり、「売れるものを作った」などと桑田自身も語っている。このヒット以降、サザンはある程度保守的な方向性へとシフトチェンジしていく。

サザンのシングルでは久々となった切ないラブバラードのこの曲は、当時大人気だったTBS系バラエティ番組『ウンナンのホントコ!』のコーナー『未来日記III』のテーマソングとなり、日本音楽史上記録的な大ヒットとなる(再発盤のシングルも含め293万枚を売り上げ、オリコン歴代シングル売り上げランキングで3位に、シングルCDとしては現在1位にランクインされている)。かねて何度も逃した日本レコード大賞もこの年に獲得した。『TSUNAMI』を機にサザンは長らく続いたセールス低迷から脱け出し、続く『HOTEL PACIFIC』もヒットを記録、夏には桑田の地元である神奈川県茅ヶ崎市の地元住民の署名運動の結果、2日間の野外ライブ『茅ヶ崎ライブ 〜あなただけの茅ヶ崎〜』を行った。

一方、そのライブが終了した直後に大森が休養を発表し、翌2001年には正式に独立を発表しメンバーから脱退した。その前後から桑田らは再びソロ活動を開始。桑田はシングル『波乗りジョニー』『白い恋人達』がそれぞれミリオンを超える大ヒットを飛ばした。

2003年6月25日にデビューから25周年を迎え、それを記念してデビューシングルの復刻盤CD『勝手にシンドバッド 胸さわぎのスペシャルボックス』をリリース。同作は1週間で約22万枚を売り上げ、発売から25年のブランクを置いてオリコンウィークリーチャートで1位を記録。また同日にFMラジオ局のいくつかが24時間サザン特集を実施するなど、幅広い人気を見せつけている。

7月23日、シングル『涙の海で抱かれたい ??SEA OF LOVE??』をリリースし活動再開。直後には大規模な野外・スタジアムツアーを行い、復活をアピールした。2005年には、『KAMAKURA』以来の2枚組オリジナルアルバム『キラーストリート』を発売、2006年にはTHE 夢人島Fes.を開催し、サザンオールスターズとしてもプロモーションのため精力的に活動したが、2007年4月には桑田佳祐のソロ活動再開に伴い再び休止することとなった。

2008年、30周年に伴うシングル発売やライブなどの活動・プロモーションの発表と同時に、2009年以降メンバー個々の自由な発想による音楽活動を展開するべく、サザンオールスターズとしての活動を無期限休止にすることも発表した(2006年のTHE 夢人島 Fes.を最後に、実質的にサザンとしての活動は行われていなかったものの、この間を活動休止期間と定めていない)。期限を設けない活動休止は、原の出産・KUWATA BANDの活動などがあった1985年 - 1986年(活動休止は1988年夏まで)以来2回目のことである。

この活動休止については、発表の当日にNHKテレビの『おはよう日本』がこのニュースを報じた他、民放各局で大々的に取り上げるなど、日本のミュージシャン・ユニットの話題としては異例の報道や特集がなされ、反響を呼んだ。

桑田自身は『活動休止の理由は、より新しいものをつくるための充電期間』としている。また、『(キラーストリートで)現状でのサザンでできることのほぼすべてをやりつくした』、『今のままでも活動を続けようと思えばできるが、それではサザンという看板にぶらさがっているだけで、甘えているだけになってしまう』とも語った。また、『(サザンの)解散は絶対にない』と断言している。


”人気者で行こう”は前作『綺麗』から続くAOR色が強いアルバム。しかし本作では本格的に取り入れている。ちなみに歌詞カードは桑田佳祐直筆のものである。
本作リリースと、夏の野外ライブツアー「熱帯絶命!ツアー夏『出席とります』」の終了後、サザンのメンバーは1ヶ月間ロサンゼルスに渡り、シングル「Tarako」のレコーディングと共に本アルバム収録曲のイメージビデオの撮影に入った。これらはビデオ『サ吉のみやげ話』にまとめられ、同年12月にリリースされた。
本作以降に発売されたサザンオールスターズのアルバムは、企画盤などを含み全てオリコンアルバムチャートで初登場1位になっている(再発盤は除く)。
1998年の再発盤の初回限定盤は、オリジナルLP復刻ジャケット(いわゆる紙ジャケット)仕様で、爆笑問題の太田光によるライナーノーツが封入されている。(Wikipediaより引用)


本作は1984年発表。
邦楽/男性VO/ポップス

Southern All Stars
サザンオールスターズ
KAMAKURA
8作目

”KAMAKURA”は2枚組のオリジナルアルバム。「国民待望の2枚組」という触れ込みで発売され、CMには明石家さんまが出演した。さんまがCMに起用された背景には桑田佳祐が「アミダばばあの唄」を提供したことが理由である。このCMのギャラがウォークマン1個だけだった、という逸話は有名であり、さんまの持ちネタの1つでもある。また、さんまはこの後サザン活動休止中の企画盤『バラッド2 '83?'86』のCMにも出演した。本作のCMは2004年にDVD『ベストヒットUSAS (Ultra Southern All Stars)』に収録されている。
総レコーディング時間は1800時間を費やしたとも言われ、メンバーも「セミが鳴いているときにレコーディングしていると思って外に出たら雪が降っていた」という逸話も残っているほどであった。
このアルバムは、当初は1枚だけで7月頃の発売を予定していた。だが製作が間に合わず、8月リリース予定に延期されると同時に「2枚組のアルバムとして発売」という形になったが、その予定にも間に合わず9月リリースへと延期されたという話がある。
音楽的には、当時出始めたサンプラーやデジタル・シンセサイザー、ドラムマシンなどが多く使用され、サウンド的に『かなり実験的であった』と後のインタビューで語られている。また桑田によると、実際に灰皿を叩いた音なども使われているとのこと。
アルバムレコーディングの前後に関口と桑田の確執が起こっており、このため一時は本当に解散の危機に見舞われたため、もてる楽曲をすべて投入したのがこのアルバムでもあった。空中分解をしそうなバンドを辛うじて繋ぎ止めたのは、後に脱退する大森であった。
当時のサザン最大のセールスにもなった(再発、同発のCDなども含む)。ビクター発表によると150万組。この作品を最後にサザンはグループでの活動が休止となりソロ活動に移行する。ソロ活動については各メンバー、桑田佳祐、KUWATA BANDを参照。
オリコンCDチャートで初の週間売上1万枚(組)を記録した作品でもある。
発売後ステッカーや1986年度のカレンダーなどとセットになった『KAMAKURA-BOX』なる物も発売されている。
1998年の再発盤の初回限定盤は、オリジナルLP復刻ジャケット(いわゆる紙ジャケット)仕様で、テレビ朝日アナウンサーの辻義就によるライナーノーツが封入されている。(Wikipediaより引用)


本作は1985年発表。
邦楽/男性VO/ポップス

Southern All Stars
サザンオールスターズ
稲村ジェーン
10作目

サザンオールスターズの桑田佳祐が監督した映画『稲村ジェーン』のサウンドトラック作品として発売。同年発売の『Southern All Stars』からも楽曲が収録されているほか、松田弘・原由子などサザンオールスターズのメンバーも参加しているが、「サザンオールスターズ & オールスターズ (SOUTHERN ALL STARS and ALL STARS) 」の名義を用いたことから、厳密にはサザンオールスターズ名義の作品ではないものの、1998年に本作が再発売された際から「10枚目のスタジオ・アルバム」として扱われるようになった。

カップルが『稲村ジェーン』を観に来たという設定での会話が収録されており(カップルの男性役はサザンと同じアミューズ所属の寺脇康文)、作品上の台詞もわずかながら収録されている。既発曲には全て台詞が入り、曲自体は同じであるものの収録時間が異なっている。
映画のサントラ作品としては異例のミリオンセラーセールスを記録している。映画で描かれた、洋楽の主流がラテン音楽からロックに移り変わってゆく時代に、ラテン色の濃い内容となっている。
スペイン語曲もいくつか収録され、ルイス・サルタールの作詞と桑田の作曲での共作になっている。また、それまで桑田ソロやサザン名義では存在していなかったカバー曲も収録された。更に作品化されたものとしては初めて、桑田作曲のインスト曲も収録されている。
なお、この作品では、後にサザンの作品に深くかかわることになり、映画にも出演していた小倉博和が初めて本格的にレコーディング参加している。桑田曰く、この作品のときの小倉は常にビーチサンダルを履いており、持ち込まれたガットギターにはガムテープが張られていた状態でこのアルバムのセッションに参加していたと言う驚きのエピソードを明かしている。
1998年の再発盤の初回限定盤は、オリジナルLP復刻ジャケット(いわゆる紙ジャケット)仕様で、岩井俊二によるライナーノーツが封入されている。(Wikipediaより引用)


本作は1990年発表。
邦楽/男性VO/ポップス

桑田佳祐

From Yesterday
企画盤

キャッチコピーは『桑田佳祐をめぐる15の出来事』。2001年の再発時には『ムスコも大きくなりました』。KUWATA BAND、桑田ソロ、SUPER CHIMPANZEEの活動を全てまとめた1987年 - 1992年のソロの集大成的な作品になっている。ダリル・ホール&ジョン・オーツとのデュエット曲「SHE'S A BIG TEASER」など第一期桑田ソロのシングルc/w曲が唯一収録されているアルバムでもある。当時KUWATA BANDのシングル作品は全てCD化されていなかったため、初収録となった。
なお、このアルバムはレコードの楽曲をCD化しただけのために企画版アルバムと位置付けをされており、正確にはベストとはカウントされていない。
ジャケットの象のイラストと裏側の鯨のイラストは、当時幼児だった、桑田の実子が描いたものをそのまま採用している。また、歌詞カードに唯一載っている写真は、本作がリリースされる前年の6月に、桑田が小林武史・小倉博和・今野多久朗と共にゲリラライブを兼ねて北京に旅行に行った時に撮影された時のものであり、現地の女性2人と共に写っている。(Wikipediaより引用)


本作は1992年発表。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm