このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/男性VO/HM・HR/メロデス

Soilwork
ソイルワーク(スウェーデン)
Predator's Portrait
3作目
Soilworkは、1995年からインフェリアー・ブリード(INFERIOR BREED)と言う名前で活動していましたが、1997年に現在の名前に改名します。デビュー当初は疾走感とブルータリティ溢れる典型的なメロデスでしたが、しだいにヘヴィロックの様なモダンな要素を多分に取り入れていったため、最近ではメロデスとは言わずにエクストリームメタルと表現されたりしているようです。また、同じスウェーデン出身のイン・フレイムスと親交があり、お互いのPVにも顔を出したりしています。ちなみに、ボーカルのビョーン・スピード・ストリッドの妻は日本人だそうです。
さて、今作ですが、クリーンヴォイスとデスヴォイスの使いわけがいいですね。メロデスでありながらスラッシュメタルのような疾走感もあわせ持っています。アグレッシヴで攻撃的なスタイルは今作で確立されたのではないでしょうか。次作「Natural Born Chaos」以降はクリーンヴォイスやコーラスキーボードを多用してよりメロディラインを重視するようになりますので、今作までのSoilworkの方が好きな人と好みが分かれるようです。
洋楽/男性VO/HM・HR/メロデス

Soilwork
ソイルワーク(スウェーデン)
Natural Born Chaos
4作目
前作「Predator's Portrait」と今作は彼等の変革期にあったアルバムだったと思います。
今作で彼等は、アグレッシヴで攻撃的なスタイルからヘヴィロックの様なモダンなスタイルに舵をきったと思います。ブルータリティや疾走感は以前よりやや押さえられ、より叙情性とメロディが前へ出ています。 メロディが充実しているので良質の「ヘビメタ」を聞いているようですね。また今作では、ヴォーカルやコーラス・パートの多重録音が重厚で、攻撃的なデス・ヴォイスとメロディを歌うクリーン・ヴォイスの使い分けにもメリハリが効いていると思います。キーボードも以前より前面へ出てきて、楽曲もいっそうドラマティックになっています。どの曲もよくつくりこまれているのですが、アレンジセンスがいいので疾走感やライブ感も失っていません。デヴィン・タウンゼンドのプロデュースが功を奏したのでしょうか、まさにこのアルバムで一皮むけた感じですね。彼等の地位を確立した、決定的な金字塔とも呼べるアルバムだと思います。ちなみにこのインパクトのあるジャケットは鬼才Travis Smith氏の作品だそうです。
洋楽/男性VO/HM・HR/メロデス

Soilwork
ソイルワーク(スウェーデン)
Stabbing The Drama
6作目
ダメだ。普通過ぎる。
「Stabbing The Drama 」「Nerve 」が好きで聴いてみたたんだけど、全体的に大した事なかった。このバンドに対する期待が大き過ぎただけに正直がっかりしました。
洋楽/男性VO/HM・HR/メロデス

Disarmonia Mundi
ディサルモニア・ムンディ(イタリア)
Fragments Of D-Generation
ディサルモニア・ムンディ(Disarmonia Mundi)は、イタリアのメロディックデスメタルバンドである。最初は普通のバンドであったが、メンバーの脱退により、現在は楽器パートをすべてエットレ・リゴッティが担っている。

略歴

2000年初めに、イタリアのトリノでエットレ・リゴッティ(Ds)を中心に、ベニー・ビアンコ・チント(Vo)、シモーネ・パレルミティ(Gu)、フェデリコ・カグリエーロ(Gu)、ミルコ・アンドレイス(Ba)で結成される。その後、1stアルバム『Nebularium』を製作し、イタリアのレーベル『Self』及びロシアのレーベル『CD-Maximum』から2001年にリリースした。しかし、エットレ・リゴッティ及びミルコ・アンドレイス以外のメンバーが脱退し、バンド活動が停止してしまう。

活動停止後、新ボーカリストとしてクラウディオ・ラヴィーナルが加入する。その後、インターネットを通じて知り合った、ソイルワークのボーカルビョーン・スピード・ストリッドが、デスヴォイスのボーカルとして加入し4人体制になり、ベース以外の楽器をエットレ・リゴッティが担うことになる。この4人体制で、2ndアルバム『Fragments Of D-Generation』をScarlet Recordsからリリースする。また、このアルバムがサウンドホリックからリリースされ日本デビューした。

2ndアルバムリリース後、ミルコ・アンドレイスが脱退する。しかし、メンバーを補充するのではなく、ベースもエットレ・リゴッティが兼任することになり、楽器パートをエットレ・リゴッティが担うこととなる。このメンバーで2006年に、3rdアルバム『Mind Tricks』をリリースした。

2009年、1stアルバムにEPをセットにした、『Nebularium/the Restless Memoirs』をリリース。また、同年に4thアルバム『The Isolation Game』をリリース。

アルバム

Nebularium (2001年)
Fragments Of D-Generation (2004年)
Mind Tricks (2006年)
11トラック目でパンテラの曲「Mouth for War」カバーしている。
Nebularium/the Restless Memoirs (2009年)
The Isolation Game (2009年)
(Wikipediaより引用)
洋楽/男性VO/HM・HR/メロデス

Disarmonia Mundi
ディサルモニア・ムンディ(イタリア)
Mindtricks
3作目
本作は2006年発表。
サウンド自体はオーソドックスなメロデス。シンプルなアレンジの曲が多いのについつい聴き込んでしまうのは、メロディの良さとデス・ボイスとクリーン・コーラスの掛け合いが絶妙だから。各楽曲にもうちょっと仕掛けがあれば、Soilworkの名盤「Natural Born Chaos」に匹敵するだけのクオリティがあるし、サウンド・プロダクションが良ければの名盤になりえたと思います。あと、もうちょっとオリジナリティがあれば・・・(文句ばっかりですいません。)でもこの完成度はホント素晴らしい。捨て曲どころか、どの曲にも泣きの美旋律とブルータリティが封じ込められています。最近のSoilworkにピンとこない人はディサルモニア・ムンディを聴くべし!

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm