このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
スピッツ
RECYCLE Greatest Hits of SPITZ
概要

進学のために上京した4人が集まり、1987年に結成。新宿ロフト、新宿JAM、渋谷ラ・ママ、下北沢屋根裏など、都内のライブハウスを中心に活動し、1991年にポリドールよりメジャーデビュー。所属事務所はロードアンドスカイ(2001年よりスピッツのマネージメント事業はグラスホッパーとして分社化)。1995年にシングル「ロビンソン」がロングセラーとなりブレイク。

バンド名「スピッツ」は草野が高校時代から暖めていた名前。草野は「s」に「p」が続く単語(「special」や「crispy」など)が好きであり、辞書でこの単語を見つけ、発音やその意味(ドイツ語で「尖っている」「辛辣な」)が気に入ったことから命名された。また、結成当初はパンクバンドであったことから、昭和時代に人気があった愛玩犬種日本スピッツに絡め、「小さい犬ほどよく吠える」という後付の意味も込めている。「スピッツ」は英語風の発音に基づいており(本来のドイツ語発音では「シュピッツ」)、デザイン上アルファベット表記も多用されるが、カタカナ表記が正式である。

スピッツのファンクラブ「spitzbergen(スピッツベルゲン)」は、草野が世界地図から見つけた北極海に実在するノルウェーの島の名前「spitsbergen」からとられた。1995年にファンクラブ会員のみのライブ&トークイベント“GO!GO! スカンジナビア!!”が行なわれ、1999年より“GO!GO! スカンジナビア!!”はファンクラブ会員のみのライブハウスツアーとして3、4年に一度開催されている。

1997年より、毎年夏に大阪を中心に関西圏で開催されるイベント“ロックロックこんにちは!”を主催。また、2001年より“ロックロックこんにちは! in 仙台”がZEPP SENDAIにて開催されている。

メンバー


草野マサムネ(くさの まさむね、本名:草野正宗、1967年12月21日 - )
ボーカル、ギター担当。福岡県福岡市出身。
三輪テツヤ(みわ てつや、本名:三輪徹也、1967年5月17日 - )
ギター担当。静岡県藤枝市出身。
田村明浩(たむら あきひろ、本名:同じ、1967年5月31日 - )
ベース担当(リーダー)。静岡県藤枝市出身。
崎山龍男(さきやま たつお、本名:同じ、1967年10月25日 - )
ドラムス担当。栃木県佐野市出身。

来歴

1986年 - 1990年

1986年春、東京造形大学で草野と田村が出会い、重音部に入部。先輩で後のフライングキッズのメンバーの演奏に刺激され、まったくジャンルの違うパンクをやることを決意。ドラムに同サークル部員を迎え、チーターズ(水前寺清子にちなんだネーミング)を結成。オリジナル曲もそこそこに、「365歩のマーチ」をパンクアレンジにしたり、「いちご白書をもう一度」をブラック・サバスにして演奏。途中から草野のギターの負担をカバーするため、ギターを一人加え、バンド名もザ・スピッツに変更される。しかし、後に草野がブルーハーツのインディー・シングル「人にやさしく」に衝撃を受け、やる気を無くして活動休止となる。

1987年に草野が東京造形大学を離れ、武蔵野美術大学に入学したことからバンド仲間とは疎遠になり、ザ・スピッツは自然消滅したが、その後も草野と田村の仲は継続。後に草野がライブハウスでやれる本格的なバンド活動の話を持ちかける。田村は、同じく上京していた幼馴染の三輪を誘い、三輪は文化服装学院で同じフォークソング部に所属していた崎山をヘルプで誘う(崎山はドラムスの腕から、既に多くのバンドを掛け持ちしていた)。この四人でスピッツを結成し、7月に文化服装学院の「夏祭り」にて初ライブを行なう。その後、新宿ロフトを目標に、秋から新宿JAM 、渋谷ラ・ママ、下北沢屋根裏などでライブ活動を開始。翌年からはホコ天ライブも行なう。

それでも結成当初はまだブルーハーツの影響から抜け出せず、渋谷ラ・ママのブッキングマネージャーから「ブルーハーツの二番煎じでは先は望めない」と指摘される。また、草野もハンドマイクで暴れたり、観客をあおったりするスタイルが自分に似合わないと感じ始めていたこともあり、ドノヴァンを意識してアコースティックギターを持つようになる。この時に「恋のうた」や「ヒバリのこころ」などが作られ、スピッツ独自の楽曲スタイルが確立されていく。また、ソノシート『鳥になって/UFOの見える丘』を自主制作し、1988年11月にリリース。新宿、池袋、神戸のインディーズショップでも売られるが、多くは知り合いに手売りとなった。

1989年には新宿ロフトのイベントに出演するようになり、同年7月12日に新宿ロフトにて念願のワンマンライブを敢行、300人を動員する。その後、12月から新宿ロフトでマンスリーライブ「鳥になっちゃう日」を敢行。1990年3月には新宿ロフトのインディーズレーベル・ミストラルより初のCD『ヒバリのこころ』をリリースする。

新宿ロフトに出演するようになった頃、多くのレコード会社からデビューの話が持ち掛けられる。その中には、後にスピッツのディレクターとなる、当時ポリドールの新入社員だった竹内修もいた。しかし、メジャーデビューすることによって自分たちのビジョンが変えられることを恐れていたメンバーは、レコード会社の前に事務所を決めたいと提案し、浜田省吾の事務所として設立されたロードアンドスカイを紹介してもらう。約1年程の交渉の末、1990年夏、事務所ロードアンドスカイ及びレコード会社ポリドールと契約する。

1991年 - 1992年
1991年2月に、「“五千光年の夢”シアターコンサート Vol.1」と題したシアターコンサートを新宿シアターモリエールにて実施。この小劇場でのライブはシリーズ化し、同年9月までに「Vol.4」まで行なわれる。

1991年3月25日、ポリドールよりシングル「ヒバリのこころ」と、1stアルバム『スピッツ』を同時リリース。翌月に大阪のFM局FM802では同アルバムから「ニノウデの世界」がヘビーローテーションに選ばれ、音楽専門誌ROCKIN'ON JAPANでは90年代型ニューウェーブと紹介されカラーで扱われる等、一部の業界からは注目を浴びるも、CDはオリコンチャートには入らず。また、デビュー半年間のライブはシアターコンサート数本と、名古屋市民会館での「NAGOYA Live TV Special」のみとなり、それ以外はアルバム制作のためにスタジオ入りの日々を送る。同年11月には2ndアルバム『名前をつけてやる』をリリースし、初のホールツアー「名前のないツアー」を敢行。

1992年の4月には、前作『名前をつけてやる』収録の「魔女旅に出る」でオーケストラアレンジを担当した長谷川智樹とタッグを組み、全編にわたりオーケストラアレンジを施したミニ・アルバム『オーロラになれなかった人のために』をリリース。また、同日には弦楽奏者との共演ライブ「オーロラになれなかった人のために“蜜柑色の満月のもとで、まぼろしの物語を語ろう ?一夜限りの絵空事?”」を東京よみうりホールで実施。同年5月にはオフィシャルファンクラブ「スピッツベルゲン」が発足する。9月には、前作のミニ・アルバムで得たエコー感をバンドサウンドに生かし、ロックテイストに仕上げた3rdアルバム『惑星のかけら』をリリース。しかし、デビュー2年目であるこの時点まで、CDを出す度に売上は下回っていた。

1993年 - 1996年
メンバーはもともとメジャーに対する憧れが無かったとはいえ、バンド活動の継続と、自分達のビジョンを守ってくれるスタッフへの恩返しのためにも、売れることを意識し始める。その一端として、1993年4月より、初めて外部プロデューサーとして笹路正徳を迎え、レコーディングを開始。加えて同年3月から8月までの計6回、渋谷ON AIR(現ON AIR EAST)にてマンスリーライブ“スピッツの春夏夜会”を敢行。最終公演はチケットが完売する。しかし、その翌月の9月にリリースした4thアルバム『Crispy!』は結果的に不振となり、草野が自分の書く曲や歌声に自信を無くす事態となる。しかし、同アルバムからシングルカットされた「君が思い出になる前に」が初のオリコンチャート入りを果たし、それまで100人単位でしか増えなかったツアー動員も大幅に増えていった。

1994年の4月と7月には土方隆行をプロデューサーに迎えたシングル「空も飛べるはず」と「青い車」をリリース、スマッシュヒットとなる(この時の「空も飛べるはず」の売上はまだ5万枚程度)。9月には再び笹路正徳をプロデューサーに迎えた5thアルバム『空の飛び方』をリリース、オリコン初登場14位を記録する。なお、この年には「君が思い出になる前に」でミュージックステーション、「青い車」でポップジャム、「スパイダー」でCOUNT DOWN TVに出演するなど、メディア露出も増えていった。

1995年4月にリリースしたシングル「ロビンソン」が初のオリコンチャートTOP10入り、通算30週以上チャートにランクインするというロングセラーとなり、売り上げも162万枚の大ヒットとなる。7月のシングル「涙がキラリ☆」も初登場2位、98万枚のセールスとなり大ヒット。9月には6thアルバム『ハチミツ』をリリースし、アルバム初のオリコン首位、169万枚を売り上げる。10月からは40本を越える初のロングツアー「TONGARI'95-'96」をスタート。

1996年1月にはフジテレビ系ドラマ「白線流し」の主題歌に「空も飛べるはず」が起用されリバイバルヒット、結果的にはシングル初のオリコン首位、148万枚を売り上げる。同年4月のシングル「チェリー」も161万枚の大ヒット。5月には篠崎ストリングスとの共演ライブ「カゲロウの集い」を東名阪で敢行。9月のシングル「渚」でシングル初の初登場1位を記録。10月には7thアルバム『インディゴ地平線』をリリース。これが笹路正徳プロデューサーとの最後のアルバムとなる。

1997年 - 2001年
1997年7月にはスピッツが主催するイベント“ロックロックこんにちは”をZEPP OSAKAで開催、その後、毎年行なわれるイベントとなる。8月には結成10周年を記念したシークレットライブを新宿ロフトで敢行、アマチュア時代の楽曲を中心に演奏する。

1998年3月には共同アレンジャーに棚谷祐一(当時カーネーション)を迎え、セルフプロデュースとなる8thアルバム『フェイクファー』をリリース。同年5月からスタートした全国ツアー「fake fur」で、キーボーディストのクジヒロコが初参加、これ以降のツアーにおいて欠かせないサポートメンバーとなる。また、ツアー中の8月にはセルフプロデュースで、後に『99ep』(1999年1月1日リリース)に収録される「ハイファイ・ローファイ」「魚」「青春生き残りゲーム」をクジヒロコと共にレコーディング。

1999年3月には未アルバム化のシングルのカップリング曲を集めたスペシャルアルバム『花鳥風月』をリリース。この時期は新曲のリリース予定は無かったものの、サウンドの追求のため、9月から10月にかけてセルフプロデュースによるレコーディングを行う。また、ミックスダウンをマイアミのエンジニア、トム・ロード=アルジに依頼するため、10月に渡米。ロサンゼルスで初の海外レコーディングも行い、マイアミにてミックスダウン、その後、再びロサンゼルスに戻りマスタリングも行う。この時にマスタリングを担当したスティーヴン・マーカッセンは、一部のシングルを除き、2000年以降のスピッツには欠かせないエンジニアとなった。

また、メンバーがアメリカに滞在中、レコード会社がベストアルバムの発売を決定し、マイアミでのミックスダウン直後、現地に向かった所属事務所の社長高橋信彦から直接メンバーに伝えられる(この時の出来事は関係者の間で“マイアミ・ショック”と呼ばれている)。『花鳥風月』リリース時、メンバーは「ベストアルバムを出す時は解散する時」と公表していたため、公式サイトにて詫び状を掲載。メンバーの不本意のまま同年12月にベストアルバム『RECYCLE Greatest Hits of SPITZ』はリリースされるが、2006年1月に製造中止になるまでの約6年間、何度も再チャート入りするほどのロングセラーとなり、結果として200万枚を超える大ヒットとなる。

2000年には石田小吉(現・石田ショーキチ)をプロデューサーに迎え、本格的なアルバムのレコーディングを開始。7月には9thアルバム『ハヤブサ』をリリース。初めてハードロック志向の同世代プロデューサーとの共同作業となり、ブレイク後の“王道ポップス”イメージを覆したアルバムとなる。このアルバムを引っ提げたツアーは「放浪2000」「隼2001」「純情2001」の三回に分けられ、公演数は計100本を越える。「隼2001」と「純情2001」の合間には、既にツアーで披露していた新曲「さわって・変わって」をプロデューサーに亀田誠治を迎えてレコーディングし、2001年12月にシングルリリース。

2002年 -
2002年3月より、「さわって・変わって」に引き続き亀田誠治をプロデューサーに迎え、本格的なアルバムのレコーディングを開始。9月に10thアルバム『三日月ロック』をリリース。

2003年は新曲のリリースこそなかったものの、この年の秋からフジテレビ「あいのり」の主題歌となった「スターゲイザー」(2004年1月リリース)で久々にシングルでオリコン1位を獲得。2004年3月には、1999年以降のアルバム未収録曲を集めたスペシャルアルバム『色色衣』をリリース。6月からはエンジニアに高山徹を迎え、アルバムのレコーディングを開始。翌年2005年1月には11thアルバム『スーベニア』をリリース。

2006年3月、デビュー15周年を節目にシングルコレクションアルバム『CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection』と『CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection』を同時リリース。この年はレコーディングが中心となり、7月にはシングル「魔法のコトバ」(映画『ハチミツとクローバー』主題歌)のリリースはあったものの、ライブはイベント数本のみとなり、デビュー以来初めて単独公演が行なわれない年となる。

2007年で結成20周年を迎え、8月にZEPP TOKYOで二日間にわたり「SPITZ結成20周年祭り」を開催。吉井和哉をゲストとして迎えた。10月には12thアルバム『さざなみCD』をリリース。同時に、ila×spitz 写真展の"ILASPITZ Photo Exhibition"が開催。11月にはメンバーが書き下ろした書籍「旅の途中」が幻冬舎より出版。

2009年1月、さいたまスーパーアリーナと大阪城ホールにて、ワンマンとしてはバンド史上初となるアリーナ公演を実施。
(Wikipediaより引用)

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm