このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/男性VO/ポップス

RogerHodgson
ロジャー・ホジソン(イギリス)
In the Eye of the Storm
1作目
ロジャー・ホジソンは元スーパートランプのボーカリストで、ギター、キーボード、ベースといった楽器の演奏に加え、作詞作曲もこなすマルチアーティストです。とにかくこの人の声は凄く癖があって、イエスのジョン・アンダーソンのような独特の声質・高音は(ビッグ・ジェネレイターをリリース後にジョンアンダーソンがイエスを脱退した時、ロジャーホジソンがボーカルになるのでは?とも噂されたこともあるそうで)好き嫌いが別れそうです。
今作は、そんな彼のスーパートランプ脱退後のソロ第一弾です。 私は聴いていないのですが、次作”Hai Hai(1987年発表)”は駄作との評判で、今作以降彼の人気は低迷していくようです。私は今作をスーパー・トランプの流れで聴きましたが、大変トータリティに優れ、完成度の高いアルバムだと思っています。ヒット曲こそ生まれませんでしたが、聞き応えは十分あります。
5〜6分の曲が2曲、7〜8分の大曲が4曲と大作志向の作品で、ミドル、スローテンポの曲がほとんど。大仰な作風で、内向的ナバラードの出来が素晴らしいです。彼のソフトな歌声や優しい音楽が”軟弱”と受け止められ、一部の硬派なロック・ファンから一段低く見下すような意見もありますが、私は結構好きです。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm