このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/男性VO/ロック

Planet P Project
プラネットP
Planet P Project

プラネットPはグループ名ではなく、ピーター・ホークという人物のプロジェクト名だそうです。メンバーはピーター・ホークを中心に、キーボード&ヴォーカルのトニー・カーリー、同じくヴォーカルのデヴィッド・トーマスの3人。全曲の作詞作曲、リード・ボーカル、キーボードはプロデューサーのトニー・カーリー(元レインボーのキーボード)という人物が担当しており、実質的バンドの中心人物であるといえます。トニー・カーリーは、このユニットのサウンドを「ASIA meets ALAN PERSON'SPROJEST」と表現していましたが、個人的にはアラン・パーソンズ・プロジェクトにボストンとレインボーを足したような印象です。
このアルバムは83年に発表された彼等のファーストアルバムですが、不気味なアルバムジャケットやシングル「WHY ME?」のヒットでご存知の方も多いと思います。ダークでシニカルな雰囲気でアルバムが統一されており、非常に完成度の高いスタジオアルバムだと思います。宇宙や近未来を題材にしたSFタッチのコンセプトで独自の世界観を漂わせていますね。「WHY ME?」の出来が傑出していますが、他にもドラマチックで聞き応えのある曲が多いです。ただ、アルバム自体は素晴らしいのですが、ちょっと暗いしアクが強過ぎましたね。ヒット曲「WHY ME?」の後が続かず、次作も思ったほど売れなかったようです。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm