このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
邦楽/男性VO/ポップス

オフコース(日本)
グレイテストヒッツ 1969〜1989
ベスト盤
小田和正・鈴木康博・地主道夫らが、神奈川県横浜市の聖光学院高校時代にフォーク・グループを結成したのがオフコースの始まりである。1970年に「群衆の中で」でレコードデビュー。当初は生ギターを中心としたフォークソング的な曲を歌っていた。当時から実力は評価されながらも長年ヒット曲に恵まれなかった。
結成7年目の1976年にギターの松尾一彦、ベースの清水仁、ドラムスの大間ジローが加わり、キーボード、シンセサイザーを含めたバンドサウンドとなる。結成10年目の『さよなら』の大ヒットで爆発的人気を得、それ以降も数多くのヒット曲を生み出し、時代を代表するビッググループになった。しかし、音楽番組全盛の時代にあって、他の多くのグループがテレビ出演で人気を高めていった中で、ほとんどテレビ番組に出演せず、レコード制作とコンサートに力を注ぐという独自の姿勢を頑なに貫いた。
そのシンプルで普遍的な愛の歌詞とニューミュージックと呼ばれるようになった洋楽のエッセンスを持ったポップな楽曲と美しいハーモニーのコーラス は多くの人を魅了した。オフコースの曲は近年でも多くのアーティストによってカヴァーされ、歌われ続けている。1982年の鈴木の脱退後、一時活動を休止した後、4人での活動時もヒット曲を連発し、変わらぬ人気を博する。4人で5年近く活動した末、結成から19年目にあたる1989年に解散。その後、小田と鈴木はソロとして、松尾、清水、大間は各々のソロ活動の傍ら1999年3月にユニットAcoustic Beatles Clubを結成し、3人でも活動している。また、大間はSoul & Beat Unit 天地人を2003年に結成、活動中である。再結成を望む声は今も根強いが現在、その可能性は薄いと見られている。(Wikipediaより引用)

ほとんど小田和正作品集といった安易な選曲で、ファンの方にはキツイ内容かも。後追いで聴く方には、オフコースのベスト盤はやたら多いので頭が痛いところでしょう。結局”とりあえず”という方にはこういう安易な選曲のベスト盤に落ち着くのでしょうか。(私のように。。。)

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm