このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/男性VO/HM・HR

Nocturnal Rites
ノクターナル・ライツ(スウェーデン)
New World Messiah
6作目
結成当初はデスメタルバンドとして活動していた。
初期の頃(1st - 3rd)はハロウィンなどに代表される明快なメロディックスピードメタルを展開していた。特に3rd『セイクリッド・タリスマン』は初期の傑作とされ、日本に於いては人気が高い。
中期の頃(4th - )から現在のボーカルにスイッチしてからは、初期とはまた違ったメロディアスな面や正統派ヘヴィメタルを軸としつつ、ヘヴィネスを強調したモダンな作風へと変貌。初期のメロスピ・サウンドを支持していた向きからはこの作風に賛否両論となるものの、この作風からファンになった者も少なくない。この路線に移行してからは日本よりもヨーロッパで注目を浴びる事となる。
現在は疾走曲が収録されず正統派メタルよりの作風となっているが、現在も初期の北欧的なメロディーを中心としている正統派ヘヴィメタルを軸とする点では、同国のハンマーフォールやロスト・ホライズンなどと比較されることがある。(Wikipediaより引用)

本作は2004年発表。
このバンドはVOのジョニー・リンドクヴィストの歌唱力と楽曲の質の高さが素晴らしいですね。アルバム後半はちょっとダレますが、「Avalon」「Awakening」等、前半はなかなか聴き応えのある曲が揃っています。もうちょっと評価されるべきバンドだとは思うのですが、いまいち評価されない理由は”まじめ過ぎ””まとまり過ぎ””イモッぽい””B級臭い””メロディがちょっと臭い”等の理由でしょうか。全体的にレベルは高いと思うんですけど。。。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm