このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/男性VO/ロック

Magnum
マグナム(イギリス)
Vigilante
6作目

マグナムは1972年結成。1976年まではカヴァー曲中心のバンドとして活動を続ける。1976年、中心メンバーであったヴォーカルのボブ・カトレイとギタリストのトニー・クラーキンにドラマーのケックス・ゴリンとベーシストのデイヴ・モーガンが合流。独自の音楽性の開拓を開始する。なおデイヴ・モーガンは後のエレクトリック・ライト・オーケストラのメンバーである。さらにベースがデイヴ・モーガンからウォリー・ロウに交替、キーボーディストのリチャード・ベイリーが加入し、バンドの基本的な骨格が完成する。
1978年、ジェット・レコードからアルバム「Kingdom of Madness」を発表。全英チャート58位まで上昇する。タイトル・チューン「Kingdom of Madness」はバンドの代表曲として後々までコンサートのハイライトの一つとなったハードでアップテンポなナンバーであった。
1979年、2枚目のアルバム「Magnum2」を発売。このアルバムはチャートインに失敗したが、続いて出したライブ・アルバム「Marauder」が全英チャート34位まで上昇。さらにライブ・シングル「Magnum Live」もシングル・チャート48位となり、バンドは命脈を保つ。この頃、キーボーディストがマーク・スタンウェイに交替。
1982年、ジェフ・グリックスマンをプロデューサーに迎えて制作したアルバム「Chase the dragon」が全英チャート17位まで上昇。ハードロックバンドとしての地位を固める。このアルバムからは「Soldier of the line」「Sacred Hour」「The Spirit」がコンサートの定番曲となった。またアルバムのアートワークをロドニー・マシューズが手がけたことも特筆される。この時期、バンドはオジー・オズボーンのサポート・アクトとしてアメリカ・ツアーに同行している。
1983年、セルフ・プロデュースのアルバム「Eleventh Hour」発表。このアルバムは全英チャート38位となるもバンドはジェット・レコードを離れる。この後バンドはしばらく活動を停止。マーク・スタンウェイはフィル・リノットのバンドに参加。またドラマーがジム・シンプソンに交替。
1985年、バンドはFMレコードに移籍してアルバム「On A storyteller's night」を発表。ドラマーがミッキー・ベイカーに交替。これで黄金期のメンバーが揃ったことになる。ドラマティックな名曲が並ぶアルバムは全英チャート24位を獲得。ヨーロッパにおいても順調なセールスを記録。「On a storyteller's night」「Just like an arrow」「Les morts dancantz」などがコンサートのハイライト曲となる。このアルバムの成功によってバンドはポリドールとの契約を獲得した。また、この年ドニントン・パークで開催されたモンスターズ・オブ・ロック・フェスティバルのオープニング・アクトにも選ばれている(他に参加したバンドはボン・ジョヴィ、メタリカ、マリリオン、ZZトップ)。
1986年、クイーンのロジャー・テイラーを共同プロデューサーに迎えてアルバム「Vigilante」を制作。「Vigilante」「Need a lot of love」「When the world comes down」などがコンサートの定番曲となる。
1988年、アルバム「Wings of Heaven」発売。全英チャート5位獲得。バンドはアリーナ・ツアーを行えるまでになる。
1990年、キース・オルセンをプロデューサーに迎えたアルバム「Goodnight L.A.」発表。全英チャート9位獲得。
1991年、名作と名高いライブ・アルバム「The Spirit」発表。しかしバンドはこのアルバムを最後にポリドールを離れて迷走を始める。
1992年にはミュージック・フォー・ネーションズ・レーベルからアルバム「Sleepwalking」を発表。
1994年にはアコースティック・アルバム「Keeping The Nite Light Burning」と通常のアルバム「Rock Art」を発表。しかしバンドは解散を表明し、解散記念ツアーに出る。
1995年、解散記念ツアーを収録したライブ・アルバム「Stronghold」発表。バンドは解散。

バンド解散後、ボブ・カトレイとトニー・クラーキンはバンド「Hard Rain」を結成して活動するも、時代はオルタナティブ・ロック一色というハードロック暗黒時代にさしかかっており、バンドはなかなか軌道に乗らなかった。そうこうするうちにボブ・カトレイのソロ活動に勢いが付き始めてバンドは解散。ボブ・カトレイはソロのヴォーカリストとして成功を収める。


本作は1986年発表。
プロデューサーはクイーンのロジャー・テイラー。
従来の叙情的でブリティッシュ・テイスト溢れるドラマティック・サウンドは影をひそめ、ポップでキャッチーなメロディアスHR路線に舵をきった作品。「Vigilante」「When the world comes down」以外は地味でパッとしない内容なのですが、このアルバム最高のキラー・チューン「Vigilante」はホント突き抜けています。80年代メロディアスHM/HR好きの方なら「Vigilante」は押さえておくべき名曲。
ちなみに「Vigilante」「When the world comes down」はポリドール時代のベスト盤”Chapter & Verse: The Very Best of MAGNUM”にも収録されているので、後追いで聴く方にはこっちのベスト盤の方がいいかも。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm