このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
LUNA SEA
ルナシー
PERIOD
メンバー

RYUICHI(リュウイチ):ボーカル
SUGIZO(スギゾー):ギター&バイオリン
INORAN(イノラン):ギター
J(ジェイ):ベース
真矢(シンヤ): ドラムス&パーカッション
メンバー全員が作詞・作曲を行い、初期の作品を除き、クレジットタイトルは全て「作詞・作曲:LUNA SEA」となっている。これは、原曲となる曲を個人が作曲し、それを元にメンバー全員で作り込む(ジャム・セッション)という方法を取っている[1]ためである。また、印税などの権利を公平にする、という意味もある。

LUNA SEAには、明確なリーダーが存在しない(一部で、リーダーは最年長のSUGIZOと言われているが、彼は下記にも表示されているように、バンドのオリジナルメンバーではないため、否定している)。意思決定は全会一致が原則で、ある提案に対し多数決は取るものの、5人のうち1人でも頑なに嫌だと言えば、その案はボツになった[1]。Jは「他のバンドさんの前に、5人がライバルだ」と語っている。そのようにメンバー1人1人の個性が非常に強く時には衝突しあいながら緊張感あふれる音楽を作っている様子を称して、市川哲史は「独立国家共同体バンド」「音楽戦隊エゴレンジャー」「自己顕示欲のハルマゲドン」などと形容していた。

また、LUNA SEAのファンを「SLAVE(スレイヴ)」と呼び、6番目のメンバーとしている。SLAVEは、オフィシャルファンクラブの名称でもあり、ファンクラブSLAVEは、LUNA SEAが終幕した現在も活動している。

ちなみに、RYUICHIは結成当時RAYLA(レイラ)、真矢はローマ字表記でSHINYAと名乗り活動していた。

バンド名

LUNA SEAとは「月と海」と言う意味である(LUNAはラテン語 SEAは英語である)。インディーズ時代は狂気という意味のLUNACYと言うバンド名であった。メジャーでの活動を視野に入れた彼らは、一つの意味に縛られず、また、音楽的にも「深く」・「広く」という思いから、「〜CY」箇所を「〜SEA」にした「LUNA SEA」というバンド名に変更した。これはJの提案によるものである。

また、2000年に発売されたアルバムには、初心に帰るという意味も込めて、旧バンド名である『LUNACY』という名が付けられている。

来歴

なお、ここに記載されている来歴は、ライブDVDである『THE FINAL ACT TOKYO DOME』のエンドロールとライブアルバム『NEVER SOLD OUT』のジャケットに記載されているLUNA SEA BIOGRAPHYを参考にしている。

メジャーデビュー以前

1989年
1月:INORANとJが所属していたLUNACYへPINOCCHIOに所属していたSUGIZOと真矢が加入する。
5月6日:ボーカルが脱退した後、SLAUGHTERにいたRYUICHIが加わり、この5人でインディーズ活動を開始。
5月29日:町田プレイハウスで結成。初ライブを行う。この時、「ここで5人で音を出した時、これだ!と思った。」と、後に各メンバーが異口同音で語っている。以後、町田を拠点としてライブを精力的に続け徐々に人気を獲得していく。
8月〜:3曲入り1stデモテープ「LUNACY」発売。(100本)完売。
10月〜:活動の拠点を都内に移す。目黒鹿鳴館、目黒ライブステーション他にて本格的に活動。
12月〜:3曲入り2ndデモテープ「SHADE」発売。(1000本)完売。
12月17日:町田プレイハウスにて初のワンマンライブ(動員数150人)。

1990年
4月3日:大阪MODAホールにて関西初ライブ行う。彼等が今でも偉大な先輩と尊敬するAIONのローディーをJが務めていたこともあり、AIONからイベント参加の誘いを受けたことがきっかけ。
6月10日:<LUNA SEA1周年記念ワンマン黒服限定GIG』1曲入りデモテープ「LASTLY」無料配布。
7月14日, 7月15日:2度目の関西・大阪でのライブ。動員が急増し、大成功を収める。
11月24日:目黒ライブステーション・ワンマンライブ(動員数250人SOLD OUT)。バンドの表記をLUNA SEAに改める。
12月18日:日仏会館(ロクf New Age Attack’90Final)出演。

1991年
1月10日, 11日:目黒ライブステーション・ワンマンライブ2 Days(総動員数500人SOLD OUT)。
2月11日:目黒鹿鳴館ワンマンライブ(動員数330人SOLD OUT)。
2月24日:渋谷公会堂(ロクf 東京GERILLA WARFARE)出演。
3月10日?3月22日:『NUCLEAR FUSION TOUR』エクスタシーレコードの他の2バンドと共に東京、横浜、名古屋、京都、大阪を回る(各会場SOLD OUT)。
4月21日:インディーズ1stアルバム『LUNA SEA』をX JAPAN(当時 X)のYOSHIKIが主宰するエクスタシーレコードよりリリース。初回プレス盤1万枚が予約で完売。
4月27日:新宿NISSIN POWER STATIONにてアルバム発売記念GIG。発売後30分でSOLD OUT(動員数800人)。
5月3日:大阪ロケッツにてアルバム発売記念ライブ。
6月13日?6月27日:ワンマンで初の全国ライブハウス・ツアー『UNDER THE NEW MOON TOUR EPISODE』スタート。全国7ヶ所で動員数2800人。
6月30日:日比谷野外大音楽堂『MOON LIGHT ROCK REVOLUTION VOL.2』出演。
7月6日?:2回目の全国ライブハウスツアー『UNDER THE NEW MOON TOUR EPISODE II』スタート、全国21ヶ所22公演。動員数3,500人。
9月19日:『UNDER THE NEW MOON TOUR FINAL EPISODE』日本青年館、初のホールワンマン。動員数1,250人。SOLD OUT。台風で電車が運休したため、開演が一時間遅れる。
10月13日?:3回目の全国ライブハウスツアー『UNDER THE NEW MOON TOUR EPISODE III』スタート。全国8ヶ所13公演。動員数7000人に。
12月29日,12月30日:『UNDER THE NEW MOON TOUR EPISODE III FINAL>日本青年館2 DAYSライブ。動員数2,500人。SOLD OUT。メジャーデビューをファンに報告[3]。
12月31日:シークレットライブ都内近郊3ヶ所で決行。目黒鹿鳴館でカウントダウン。

1992年
1月:オフィシャルファンクラブ「SLAVE」発足。
3月20日:?インディーズラストツアー『DEAR SLAVES TOUR』スタート。
5月20日:町田プレイハウスにてインディーズラストライブ『LUNA SEA3周年記念黒服限定GIG』動員数200人(SOLD OUT)。1stアルバム『LUNA SEA』からの10曲が収録順に演奏された。
5月21日:2ndアルバム『IMAGE』でMCAビクター(現:ユニバーサルミュージックK.K.)よりメジャーデビューをはたす。オリコン初登場9位。


メジャーデビュー以降

1992年
5月28日〜:『LUNA SEA CONCERT TOUR 1992 IMAGE OR REAL』スタート。全国7公演。動員数7000人。ツアー中の各公演を同じメニューで演奏したのはこの時が初めて。
6月〜ビデオコンサートスタート、渋谷The AIR(6月13日)、立川BASH(6月13日)、横浜ライブスクエア(6月14日)、新宿東放学園(6月14日)町田プレイハウス(6月21日)を行う。
7月18日〜:『LUNA SEA CONCERT TOUR 1992 IMAGE OR REAL アンコールツアー 東・名・阪スペシャル』3公演。総動員数5500人。
7月22日:1stビデオ『IMAGE OR REAL』リリース。オリコン初登場1位。
9月27日〜:『LUNA SEA CONCERT TOUR 1992 AFTER the IMAGE』スタート。全国13ヶ所公演。総動員数約16000人。
10月20日:難波ロケッツにて黒服限定GIG開催。
10月24日:『LUNA SEA CONCERT TOUR 1992 AFTER the IMAGE』ツアーファイナルとなる日比谷野外音楽堂公演にて、メンバー全員それまでカラフルだった髪の色を黒に染めて登場したり、それまでアンコールでの定番曲だった「MOON」をオープニングに持ってくるなど、観客を驚かす[4]。
10月29日:大阪でのエクスタシーサミットにメンバー全員白の衣装で参加する。
10月31日:日本武道館『EXTAST SUMMIT 1992』に参加。

1993年
2月24日:バンド結成以来初のシングル「BELIEVE」リリース。オリコン初登場11位。
4月1日:『SLAVE限定GIG?SPECIAL PRESENT FROM LUNA SEA?』渋谷公会堂。
4月16日?:『LUNA SEA CONCERT TOUR 1993 SEARCH FOR MY EDEN』スタート。全国14ヶ所14公演。総動員数約26000人。
4月21日:3rdアルバム『EDEN』リリース。オリコン初登場5位。
7月21日:2ndシングル「IN MY DREAM (WITH SHIVER)」リリース。オリコン初登場9位。
8月21日?:『LUNA SEA CONCERT TOUR 1993 SEARCH FOR MY EDEN ENCOREツアー』スタート。東・名・阪3ヶ所4公演。総動員数約24000人。名古屋センチュリーホール(8月21日)大阪厚生年金会館(8月23日)日本武道館2 Days(8月26, 30日)。日本武道館公演の二日目は当初27日の予定だったが、台風のため延期となり、30日に振替公演が行われた。一昨年の日本青年館公演でも台風に見舞われた事から、「嵐を呼ぶバンド」との異名を得る。
12月16日:2ndビデオ『SIN AFTER SIN』リリース。オリコン初登場2位。
12月18日?:『LUNA SEA CONCERT TOUR'93?94 THE GARDEN OF SINNERS』スタート全国19ヶ所20公演。総動員数約40000人。
12月26日:新宿NISSIN POWER STATION「月と海」シークレットライブ。

1994年
2月12日:『LUNA SEA CONCERT TOUR'93?94 THE GARDEN OF SINNERS』ツアー追加公演横浜アリーナ。豪雪に見舞われ、一時開催が危ぶまれる事態になり、再び「嵐を呼ぶバンド」と呼ばれる。動員数約12000人。
7月21日:3rdシングル「ROSIER」リリース。オリコン初登場3位。ロングヒットを記録し、一躍シーンのトップに躍り出る。
8月11日, 12日:『SLAVE限定GIG'94』渋谷公会堂。
8月18日?:SOFT BALLETとBUCK-TICKと共にLSBと題したイベントで札幌・仙台・新潟・大阪・福岡の全5公演を行う。
9月21日:4thシングル「TRUE BLUE」リリース。オリコン初登場1位。当時のオリコンチャートで、タイアップなしのシングルが1位を取るのは珍しかった。
10月26日:4thアルバム『MOTHER』リリース。オリコン初登場2位。ロングセールスとなり約70万枚の売り上げを記録した。
12月14日:渋谷ON AIR EASTシークレットライブ。
12月16日, 17日:日本武道館2Daysライブ。
12月24日:大阪城ホールライブ。
12月27日:日本武道館追加公演12月16日?27日、2ヶ所4公演。総動員数40000人。

1995年
2月22日:5thシングル「MOTHER (Single Version)」リリース。オリコン初登場5位。
3月17日〜:『LUNA SEA CONCERT TOUR 1995 MOTHER OF LOVE, MOTHER OF HATE』スタート。全国27ヶ所31公演。総動員数約63000人。
5月24日:ビデオクリップ集『ECLIPSE』リリース。オリコン初登場1位。
11月13日:6thシングル「DESIRE」リリース。オリコン初登場1位。
12月23日:初の東京ドームライブ『LUNATIC TOKYO』を行う。チケットは即日SOLD OUT。総動員数56000人を記録。

1996年
3月24日:7thシングル「END OF SORROW」リリース。オリコン初登場第1位。
4月22日:5thアルバム『STYLE』リリース。オリコン初登場第1位。
6月16日, 18日:『SLAVE限定GIG'96』をNHKホールで行う。
7月15日:ライブビデオ・LD『LUNATIC TOKYO〜1995・12・23 TOKYO DOME〜』リリース。オリコン初登場第1位。さらに8thシングル「IN SILENCE」リリース。オリコン初登場第2位を記録。テレビ朝日系ドラマ「シカゴ・ホープ」イメージ・ソングとなる。
7月16日〜:横浜アリーナ2DAYSを皮切りに全国ツアー『LUNA SEA CONCERT TOUR 1996 UN ENDING STYLE』スタート。全国9ヶ所16公演 総動員数 120,000人。
10月22日〜:『UN ENDING STYLE ENCORE TOUR 1996 ?TO RISE』スタート 。普段はあまり行かない地区を中心にライブを行う。全国28ヶ所28公演 総動員数58,000人。
12月23日:『UN ENDING STYLE TOUR FINAL Christmas STADIUM〜真冬の野外〜 in 横浜スタジアム』動員数40,000人。本編終了後、アンコールを待つ観客による「きよしこの夜」の大合唱が起こる。この日より1年間の充電期間に入る。Jによれば、7月からの全国ツアーが始まる頃に、メンバーでの話し合いが持たれ、「次のビジョンへ行くためには、一人ひとりのメンバーが力を付けて、新しいルナシーを作らなければダメ」であり、1997年を「みんなの自主トレーニングの期間にあてよう」という結論に至ったという。

1997年
この年、メンバーの5人はソロ活動をしていった。まずボーカルのRYUICHIは本名の河村隆一でソロ活動を開始。アルバム「Love」は約300万枚という男性ソロシンガーとしては最高位の売り上げを記録し、年末には紅白歌合戦にも出場するなど、わずか1年の間にソロシンガーとしての地位を不動のものにした。また俳優・タレントとしてもテレビ・ドラマなどにも出演しお茶の間にも進出した。SUGIZO・INORAN・J・真矢もそれぞれに精力的な音源製作・ライブ活動で5人が5人独特の活動を展開して見せた。個々にシンガーデビューを果たし、ランクインさせた。

5月21日:ヒストリービデオ・LD『REW 〜リワインド〜』をリリース。オリコン初登場第1位を記録。
12月17日:2枚組ベストアルバム『SINGLES』をリリース。オリコン初登場第1位を記録し、バンド初のミリオンセラーを達成する。同時に赤坂BLITZにて活動再開ライブ&記者会見を行う。

1998年
4月15日:9thシングル「STORM」リリース。オリコン初登場第1位。
6月3日:10thシングル「SHINE」リリース。オリコン初登場第1位。
7月1日:11thシングル「I for You」リリース。オリコン初登場第2位(フジテレビ系ドラマ『神様、もう少しだけ』主題歌)。
7月23日:復帰第1弾6thアルバム『SHINE』リリース 。オリコン初登場第1位。ミリオンヒットを記録。また、このアルバムの収録曲「BREATHE」がディズニー映画『ムーラン』の日本でのイメージソングとなる。
8月1日〜:『SLAVE限定GIG'98』渋谷公会堂(8月1日)愛知厚生年金会館(8月4日)大阪厚生年金会館大ホール(8月5日)を行う。
8月9日, 10日:『WALT DISNEY PICTURES PRESENTS MULAN MEETS LUNA SEA 1998 REVIVE 真夏の野外』横浜スタジアム2days 総動員数 80,000人。
9月24日〜:『WALT DISNEY PICTURES PRESENTS MULAN MEETS LUNA SEA CONCERT TOUR 1998 SHINING BRIGHTLY』スタート。全国26ヶ所33公演 総動員数 150,000人。
12月23日, 24日:『IDO PRESENTS LUNA SEA CONCERT TOUR 1998 SHINING BRIGHTLY FINAL END OF PERIOD in TOKYO DOME』東京ドーム2days 総動員数 100,000人。アンコールでジョン・レノンの「Happy X'mas (War Is Over)」をカバーする。
12月31日:バンド初となる『NHK紅白歌合戦』に出場。「I for You」を熱唱する。

1999年
1月?:初のアジアツアー『LUNA SEA FIRST ASIAN TOUR 1999』スタート。1月9日 台湾 動員数3,000人 1月14日 香港 動員数3,800人 1月17日 上海 動員数2,500人
5月29日:ライブアルバム『NEVER SOLD OUT』をリリース。オリコン初登場第5位。
5月30日:『LUNA SEA 10TH ANNIVERSARY GIG [NEVER SOLD OUT] CAPACITY ∞』を東京ビッグサイトスペシャルオープンステージで行う。3日前に会場を襲った強風により数十億円をかけたステージセットが倒壊し、真矢のドラムが巻き込まれる等の被害が出て開演が危ぶまれ、「嵐を呼ぶバンド」の名が一時的に復活。しかし、廃墟をセットにしてしまおう、というSUGIZOのアイデアで決行。タイトルにある「NEVER SOLD OUT」の言葉通り、入場料を払えば当日でも何人でも入場できるシステムが採用され、総動員数 10万人を記録[6]。この時メンバーでただ1人倒壊前日にステージを見ていたINORANは当時出演したTV番組でセット倒壊の報を聞いてメンバー全員で駆け付けた際のことを「倒壊する前の様子が点線になって見えるんですよ」と言っていた。
9月29日:ライブビデオ2本同時リリース(各10万本限定生産)『10TH ANNIVERSARY GIG [NEVER SOLD OUT] CAPACITY∞LIVE!!』オリコン初登場第1位。『10TH ANNIVERSARY GIG [NEVER SOLD OUT] CAPACITY ∞ DOCUMENT!』 オリコン初登場第2位。
12月23日:後輩バンドであるGLAYと対バン『the Millennium Eve A Christmas present for the people who love live a lot』を東京ドームで行う。総動員数 56000人。

2000年
1月1日:『START UP GIG2000』Zepp Tokyo動員数3000人。カウント・アップ・ライブとして午前0時0分より行われる。
3月29日:12thシングル「gravity」リリース。オリコン初登場第1位。
5月19日:13thシングル「TONIGHT」リリース。オリコン初登場第4位。
5月23日:『PREMIERE OF LUNACY 2000』を日本武道館で敢行。
7月12日:7枚目のオリジナルアルバム『LUNACY』リリース。
7月15日〜:『BRAND NEW CHAOS ACT I』スタート。
10月9日〜:『BRAND NEW CHAOS ACT II』スタート。
11月8日:14thシングル「LOVE SONG」をリリース。オリコン初登場第4位。
この日にLUNA SEA終幕発表が公表される。RYUICHIは「終幕」の理由について、「このメンバーでバンドをやっていたいちばんの理由は、5人でいれば誰よりも輝けると思ったからです。でも、同じ光を見てると目も慣れて、より強い光を求められなくなった」と語った。


12月23日:ベストアルバム『PERIOD ?THE BEST SELECTION?』リリース。20世紀最後のオリコンチャート1位を獲得。
12月26日, 12月27日:東京ドームにて『LUNA SEA THE FINAL ACT TOKYO DOME』を実行。このライブのセットリストは、終幕発表以前に公式WEBサイト上で行われた曲投票が反映されている。最後の曲はラストナンバーの定番「WISH」であった。このライブを最後に終幕。

シングル

BELIEVE c/w Claustrophobia (1993.2.24・MVDD-4)
IN MY DREAM (WITH SHIVER) c/w SLAVE (1993.7.21・MVDD-6)
ROSIER c/w RAIN (1994.7.21・MVDD-17)
TRUE BLUE c/w FALLOUT (1994.9.21・MVDD-18)
MOTHER (Single Version) c/w D?j?vu (Live Version) (1995.2.22・MVDD-17)
DESIRE c/w LUV U (1995.11.13・MVDD-31)
END OF SORROW c/w TWICE (1996.3.25・MVDD-36)
IN SILENCE c/w Ray (1996.7.15・MVDD-45)
STORM c/w この世界の果てで (1998.4.15・MVDH-13)
SHINE c/w Looper (1998.6.3・MVDH-15)
I for You c/w WITH (1998.7.1・MVDH-17)
gravity c/w inside you , My Lover (2000.3.29・MVCH-1201)
TONIGHT c/w be gone , be in agony (2000.5.17・MVCH-1206)
LOVE SONG c/w INTO THE SUN , UNTIL THE DAY I DIE (2000.11.8・UUCH-5008)

非売品シングル

"ROSIER" LIVE VERSION (1994・ICD-10029)
雑誌の懸賞でプレゼントされたもの。このCDでのみ聞くことができるライブ音源が収録されている。

スタジオアルバム

LUNA SEA (1991.04.21/EXC-005 2000.09.13再発・XXC-1005)
IMAGE (1992.05.21・MVCD-2)
EDEN (1993.04.21・MVCD-6)
MOTHER (1994.10.26・MVCD-15)
STYLE (1996.04.22・MVCD-34)
SHINE (1998.07.23・MVCH-29022)
LUNACY (2000.07.12・MVCH-29047)
河村隆一
Love
河村隆一
Life

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm