このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
邦楽/男性VO/HM・HR

LOUDNESS
ラウドネス(日本)
HURRICANE EYES

LOUDNESS(ラウドネス)は、元レイジーの高崎晃と樋口宗孝(2008年11月に他界)が中心になって結成されます。バンド名の由来はステレオのアンプに書いてあLOUDNESS(現在では死語ですね)と言う文字だそうです。第3期までのリーダーは樋口なのですが、事実上は作曲をしてバンドサウンドを支えた高崎がリーダーであるといえます。結成当初より作曲は主に高崎が手がけており、LOUDNESSのサウンドは高崎の趣向に左右されることが多いようです。(近年ではメンバー全員が「LOUDNESS」名義で作曲をすることが多くなってきているそうですが。)
80年代中盤に海外進出し、日本人アーティストとして初めて、「マディソン・スクエア・ガーデン(MSG)」のステージに立つという快挙も成し遂げた彼等は、名実共に日本を代表するロックバンドといえるでしょう。また、彼等の活躍は、B'z、X JAPAN、SEXMACHINEGUNS、スピッツ、La'cryma Christiなど多くの音楽アーティストに影響を与えました。
さて今作ですが、大物プロデューサー・エディ・クレイマーの影響でしょうか、それまでの作品より明らかに垢抜けた感じがします。特に1曲目「S・D・I」から3曲目まではクオリティの高い曲と演奏で一にたたみかけてきて、アメリカで成功するんだという彼等の意気込みがひしひしと伝わってくるようです。商業的にイマイチな結果でしたが、洗練された楽曲とアレンジ、メロディの良さと力強さは彼等の最高傑作と言っても過言ではないのではないでしょうか。捨て曲なしの名盤です。あと個人的にですが、アメリカ志向でつくったアルバムなので、日本語バージョンよりアメリカバージョンの方があっているような気がします。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm