このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
L'Arc〜en〜Ciel
True

結成、デビュー

1991年2月頃、大阪市でtetsuyaを中心に結成される。グループ名の「L'Arc〜en〜Ciel」はフランス語では「ラルカンスィエル」「ラグカンスィエル」と発音し、意訳で「虹」という意味(英語直訳は「the arch in (the) sky」、日本語直訳は「空中のアーチ」)を持つ。名前の正式な由来は諸説あり、阪急梅田駅前に存在した喫茶店の名前をtetsuyaが気に入り、そこから取ったという説が有力であるとされてきたが、tetsuyaによって否定された。

当時のメンバーはtetsuya(ベース・当時のアーティスト名は「tetsu」)、hyde(ヴォーカル・当時は「Hide」と表記)、hiro(ギター)、pero(ドラムス)の4人で、インディーズ時代は関西を拠点に活動した。ちなみに、L'Arc〜en〜Cielを結成する前にhydeとperoの2名は「Jelsarem's Rod」で共に活動しており、Jelsarem's Rodとして参加したセッション大会で偶然tetsuyaと遭遇して以降、tetsuyaがhydeに対し「バンドを作ろう」と電話などで誘い続け、結果tetsuyaらとセッションを行った。その後、Jelsarem's Rodのメインコンポーザーも兼ねていたhydeが「活動の行き詰まりを感じて」解散。セッションの縁からL'Arc〜en〜Cielに加入することとなった。結成後、5月30日に当時のホームグラウンドとしていた難波ロケッツで行ったファーストライブは、いわゆる対バン形式ながらも100人以上を動員、同年9月27日に同所で行われた初のワンマンライブでは、300人以上の動員を記録する異例の事態となるなど、インディーズの新規バンドとしては、当時異例の動員数を誇っていた。

1992年に入り、3月にはオリジナルのビデオプレゼントライブを大阪の他に東京でも行い、関東地方にも活動拠点を広げる、6月にhiroが脱退。後釜にはtetsuyaの幼なじみで親交のあったkenが加入する。直後から1stアルバムのレコーディングを行い、完成直前までこぎつけたものの、メンバー曰く「出来映えが気に入らなかった」ため全曲をボツにしアルバムを発売しない意向を取った。しかし、この一件で当時所属していた事務所との間に軋轢が生まれ、レコーディングに掛かった経費などの支払いを命じられたが、これとほぼ同時に、デンジャークルー(現・マーヴェリック・ディー・シー・グループ)社長の大石征裕から「うちの事務所に来て欲しい」と誘いがあり、そのままデンジャークルーへ移籍する。なお、この時の借金は事務所間での話し合いで全て白紙となった。この時期にライブで黒夢とセッションしたことがあり、清春とツインボーカルでDEAD ENDやGASTUNKの楽曲をカヴァーした。

1993年1月、前年12月のライブで脱退したperoに代わってsakuraが加入。この後に約1ヶ月間のレコーディングに入り、限定リリースのCDを除く初の公式発売音源となった1stアルバム『DUNE』を発売。5月10日付のオリコンインディーズアルバムチャートでは1位を獲得し、インディーズでの人気を不動のものとする。この年の夏、当時CDショップでアルバイトをしていたtetsuyaが「店に来た担当の人間を気に入った」という理由から、1992年にソニー・ミュージックエンタテインメント内で新規レーベルとして設立されたばかりの「キューン・ソニーレコード」と契約を結ぶ。

デビュー、地道な活動

1994年7月1日、ビデオシングル『眠りによせて』でメジャーデビュー。デビュー直後はインディーズ時代からのファンも多かったが、デビュー後初めて行った全国ツアーの東京ベイNKホール公演などではチケットがソールドアウトしないという事態が発生し、以後は「スタッフに全て任せきり」だったコンサートの会場決め、プロモーションなどを自分たちで行うようになった。10月21日には1stシングル「Blurry Eyes」を発売、メジャーレーベルでの本格的な活動を開始した。

1995年以降は積極的にライブ活動を行い、同年の12月27日には初の日本武道館コンサートを、1996年には2年前の「リベンジ」として東京ベイNKホールでの公演を開催。その後も徐々に人気を広げ、12月発売のアルバム『True』がデビュー後初のオリコン1位を獲得。『True』はその後発売6週目でミリオンセラーを記録した。

活動休止〜新体制での復活

この時期には初のアリーナツアーを開催するなど人気は過熱しはじめ、ヒット街道を驀進するものと思われたが、1997年2月にドラマーであるsakuraが逮捕され、活動予定を全て白紙化して完全な休止体制へ突入した。

sakuraの逮捕後、「曲作りとリフレッシュ」の名目で渡英し、レコーディングを含めた数ヶ月間の滞在をする。この間にサポートドラムとして元ZI:KILL、DIE IN CRIESのドラマー・yukihiroが参加したセッションなどが行われ、同年10月に長い休止から復活。直後発売したシングル『虹』は当時のL'Arc〜en〜Ciel史上第1位のヒット(当時の自己最高初動・最高売り上げを共に更新)を記録。12月23日に自身初となる東京ドームで行った復活コンサートでは公演チケットが当時の最速記録である4分で完売と、当時絶頂にあったバンドブームと重なり休止前までには無かったほどの爆発的人気を得ることになった。

翌1998年にはyukihiroがドラマーとして正式加入。シングル「winter fall」の発売を皮切りに、連続かつ集中的なリリースパターンを取り、7月に「HONEY」「花葬」「浸食 lose control』の3枚同時シングル発売や、それによるオリコンシングルチャート1位と2位の独占、10月には「snow drop」「forbidden lover」の2枚2週連続シングル発売による2度目のシングルチャート1位と2位の独占、1999年7月には『ark』『ray』の2枚同時アルバム発売によるオリコンアルバムチャート2週連続1位と2位の独占などで大きな注目を浴びた結果、デビューがほぼ同時期であるGLAYとともに邦楽2大ロックバンドなどと呼称されることもあった。

また、同時期から博報堂(当時)の箭内道彦が主なディレクションを担当した、プロレスラー・藤原喜明の起用を始めとする、バラエティに富んだ広告展開を行うようになる。テレビCMでは「グループ名『L'Arc〜en〜Ciel(ラルク・アン・シエル)』の正しい読み方を広く認知させる」ものや「記者会見風の『活動予定告知』告知」を流し、新聞広告では「新曲の着信メロディの作成方法」や、コンピュータグラフィックスで作成した「坊主頭のメンバーの写真」などのような、それまでにはない奇抜なものを掲載するなどして注目を集めていった。

2度目の活動休止〜復活

2001年、シングル「Spirit dreams inside -another dream-」の発売前後から、tetsuya・yukihiro・hydeが相次いで個人活動を開始。実質的な活動休止状態に入る。前述のように、1998年以降のL'Arc〜en〜Cielは活動が集中的に行われていたため、急な活動の沈静化に一部では解散説も流れ、「もうL'Arc〜en〜Ciellとしての活動は無いのではないか」と思われていた。この活動休止に関してtetsuyaは、「どれが本当の理由か分からなくなるほどたくさんの理由があった」と語っている。

ソロの開始から2年が経った2003年、国立代々木競技場でバンド名に沿った7日間のライブ「Shibuya Seven days 2003」を開催。最終日には2004年3月のアルバム(SMILE)発売と2004年4月からのツアー開始を発表、それまで流れていた解散説を一蹴する。翌年2月4日にシングル「READY STEADY GO」を発売し完全復活を遂げた。それ以降は、L'Arc〜en〜Cielの活動とソロ活動をほぼ交互に行うという、短期集中的な活動形態となった。

復活以降はリリース活動と共に、日本国内だけでなく東アジアを中心として海外においてもライブ活動を行うようになる。また2006年には東京ドームでのバンド結成15周年を記念するライブを、2007年には9年振りのホールツアーを、2008年にはフランス・パリでライブを開催するなど精力的に活動。しかし2008年6月8日に京セラドーム大阪で行われたライブを最後に、バンド結成20周年となる2011年までのライブ活動の休止を発表した。バンドとしての活動休止も懸念されたが、文字通りライブ活動を休止しただけであり、2009年にはラルクとしての主な活動はなかったものの、2010年には一転してシングル「BLESS」、ベストアルバム、DVDとリリースが相次ぎ、また、同時進行で各個人のソロ活動も活発化している。

音楽性

メンバーの一人一人が持つ高い演奏技術やバラエティに富む楽曲センス、hydeによる詞世界などがL'Arc〜en〜Cielの特徴であり、特に活動初期から中期にかけての詞は「比喩に比喩を重ねた」と形容されるほど独特な表現を用いている。近年では曲にアニメ・ゲーム・映画など、物語性を含んだ作品のタイアップが付くとhydeが監督など制作側へ出向き、作品のテーマを聞いて詞の構成をするという手法が増えている。メンバーそれぞれの趣向を反映して楽曲のレンジも幅広く、ポップスからハードロック、バラードまで様々なバリエーションが存在する。

また、カップリング曲をアルバムに収録しない方針を取っていたため、シングル「DIVE TO BLUE」までは「表題曲+カップリング曲(+表題曲のインストゥルメンタル)」という形態で発売していたが、1998年のシングル3枚同時発売時からあまりその形態にこだわらなくなり、2003年にはアルバム未収録のカップリングを収めたベスト・アルバムとして『The Best of L'Arc〜en〜Ciel c/w』が発売されている。なお、2004年からのシングルではメンバーのパートチェンジバンド「P'UNK〜EN〜CIEL」とのスプリットシングルという形態で発売され、一時期には収録されていなかったインストゥルメンタルも復活している。

楽曲のアレンジは結成初期からデビュー後しばらくまではメンバー自身が行っていたが、シングル「Vivid Colors」以降はシングル曲のみ、4thアルバム『True』からは、全曲が西平彰を筆頭とするアレンジャーとの共同アレンジとなった。1998年から2005年までは元PINKのベーシスト・岡野ハジメがプロデューサーとして参加し、岡野とメンバーの共同でアレンジを担当した。2007年以降、主にシングル曲でセルフアレンジがメインとなったが、曲によって岡野・西平がアレンジを担当することもある。

L'Arc〜en〜Cielと「ヴィジュアル系」

1999年4月19日、NHKの音楽番組『ポップジャム』の5月1日放送分の収録にメンバーが参加した。その日の収録では、L'Arc〜en〜Cielは2曲演奏する予定であったが、当日は1曲演奏終了時点でメンバーが演奏を中止、そのままステージを去るといった事態が起こったことが後日報じられた。

事の発端は、当時番組のMCを務めていたお笑いコンビ・爆笑問題がメンバーに対して「ヴィジュアル系」と発言したこと。そのトーク後に「HEAVEN'S DRIVE」の演奏を行ったが、tetsuyaは本来担当するはずのコーラスパートを無視し、演奏を終了。ステージから捌けていく際には「ベースをぞんざいに扱うなど」不機嫌な様子だったとされた他、「本来は2曲撮影する予定だったところを1曲で切り上げた」とも伝えられた。また、tetsuyaが事件の数ヶ月後に受けた雑誌インタビューでは「(怒って帰ったのは)俺がファンなら格好いいって言う」「(『大人げないか正当か』の議論に対し)俺は大人だなんて一言も言ってないし、自分が大人だなんて思ってない。(中略)大人げなくて結構」と発言するなど、行動に対して議論を呼んだ。この一件は一部のファンの間で「ポップジャム事件」などと呼ばれている。

tetsuya自身は、今回の出来事を後年に「元々2曲を別々に収録する予定であり、楽器をぞんざいに扱い、キレてそのまま帰ったというのは間違い」と否定しており、「実際はNHKとL'Arc〜en〜CielのメンバーおよびL'Arc〜en〜Ciel側のスタッフが話し合った結果、気持ちよく仕事をする環境が整っておらず、このまま収録を続行することができないという結論に達したため、スタッフ等に挨拶をし次の仕事へ向かった」といった内容を語っている。また、「司会の爆笑問題やNHK側のスタッフに責任がある訳ではなく、メンバーの意思を相手側に伝えなかったラルク側のスタッフに責任がある」「うちのスタッフに対してもっとちゃんとやってくれという意味での行動だった」した。

tetsuyaは「『ヴィジュアル系』というのは人を見た目で判断する差別用語」「音楽のジャンルではなく、楽曲をきちんと聴いてもらっていない証拠と、自分たちを『ヴィジュアル系』というくくりに包括されることを頑なに否定し、『ヴィジュアル系』という呼び方、ジャンル分けを批判している。(ただし、『ヴィジュアル系』と呼ばれるバンドや音楽、ファッションは批判していない。)
(Wikipediaより引用)

『True』(トゥルー)は、L'Arc〜en〜Cielの4作目のアルバム。1996年12月12日発売。発売元はKi/oon Sony Records。

解説
L'Arc〜en〜Cielがメジャーデビュー後、初めてオリコンチャート1位を獲得したアルバム。その後もロングヒットを続け、最終的に初のミリオンセラーを達成した。当時までとは異なったポップ色の強いアルバムの方向性への批判に対し、当時tetsuyaは「僕たちのことを何も知らなかったんだ。僕と価値観が合わない」と発言している。

前作までほとんど自身達で行っていた編曲は、多数のプロデューサーとの共同作業となり、2005年頃まで専属となっていた岡野ハジメとは、このアルバムが出会いとなった。

初回限定仕様はスーパーピクチャーレーベル。(Wikipediaより引用)
L'Arc〜en〜Ciel
Heart
『HEART』(ハート)はL'Arc〜en〜Cielの5作目のオリジナルアルバム。1998年2月25日発売。発売元はKi/oon Sony Records。

解説
前年の11月4日に脱退した元ドラマーsakuraが逮捕されたことによる8ヶ月に及ぶ活動休止後初のアルバム。この年の1月1日付けでシングル「虹」ではサポートメンバーという位置付けだったyukihiroが新たにドラマーとして正式に加入し、新生L'Arc〜en〜Cielとして活動を再開。前作『True』以来1年2ヶ月振りのアルバムリリースとなった。基本的に今までラルクのCDジャケットは本人達が飾ることは無かったが、本作では登場している。

楽曲は、曲によって違うアレンジャーが付いていた前作とは違い、「虹」以外の全てが岡野ハジメによるアレンジメントである(「虹」はCHOKKAKUによるもの)。

初回限定仕様はスーパーピクチャーレーベル。(Wikipediaより引用)
L'Arc〜en〜Ciel
ark
『ark』(アーク)は、L'Arc〜en〜Cielの6作目のアルバム。1999年7月1日発売。発売元はKi/oon Records。

解説
L'Arc〜en〜Cielが、1999年7月1日に7thアルバム『ray』と同時発売したアルバム。タイトルになった『ark』とは「方舟」という意味であり、『ray』と対になった作品。発売日が木曜なのはこの年に囁かれていた「地球最期の日」に合わせたものであり「ノストラダムス大予言の日にアルバム2枚同時リリース!」という宣伝は非常に強烈なインパクトを与えた。過去に2枚組のオリジナル・アルバムは多数発売されているものの、オリジナル・アルバムの2枚同時発売というのは稀なことである。メンバーは「『HEART』以降出したシングル8曲を1枚に入れたら、ただの半ベストになってしまうから」とコメントしている。

収録シングルは、1998年に発売された前作『HEART』発売後に発売され、前作に収録されなかった「DIVE TO BLUE」「HEAVEN'S DRIVE」「forbidden lover」「Pieces」と全部で4曲のシングル曲を含んでおり、「Driver's High」は後にシングルカットされている。

前述の通り『ray』との2枚同時発売になり、その週のオリコンアルバムランキングで初登場1,2フィニッシュを飾った(1位『ark』、2位『ray』。2週連続)。『ray』を合わせると、1週目だけで300万枚を突破した計算となる。1週間の売り上げとしてはオリコン最高記録。ラルクとしてはアルバムで最大のヒット作となり、オリコン調べの歴代アルバム売上でも2007年現在で58位にランクインしている。

初回限定盤は、スーパーピクチャーレーベルディスク、スペシャルパッケージ仕様。また、2006年12月13日には、バンド結成15周年記念に行われた「L'Anniversary」の一環で、『ray』と共に当時のシングル曲のPVメイキング映像、関係者のインタビュー、コンサートの舞台裏やテレビ朝日系列で放送されていた「稲妻!ロンドンハーツ」でのライブを収録したDVDを付属した、『15th Anniversary Expanded Edition』がリリースされた。(Wikipediaより引用)
L'Arc〜en〜Ciel
Ray
『ray』(レイ)は、L'Arc〜en〜Cielの7作目のアルバム。1999年7月1日発売。発売元はKi/oon Records。

解説
6thアルバム『ark』と同時発売されたアルバム。発売日が木曜なのは、この年に囁かれていた「地球最期の日」に合わせたものであり「ノストラダムス大予言の日にアルバム2枚同時リリース!」という宣伝は、非常に強烈なインパクトを与えた。

L'Arc〜en〜Ciel最大のヒットシングルとなった「HONEY」を始め、「花葬」「snow drop」「浸食 〜lose control〜」と、話題になった3枚同時発売シングルを含む、4曲のシングル作品を収録。ちなみに、ラルクの4人が日本テレビ系の音楽番組「FUN」に出演した際、松任谷正隆に「『ark』と『ray』のどちらが自信作か」を尋ねられ、hydeとyukihiroがこちらの作品を選んだ。

前述の通り、『ark』との2枚同時発売になり、オリコンアルバムランキングで、2週連続1,2フィニッシュを飾った(1位『ark』、2位『ray』)。

初回限定盤は、スペシャルパッケージ仕様。また、2006年12月13日には、バンド結成15周年記念に行われた「L'Anniversary」の一環で、『ark』と共に当時のシングル曲のPVメイキング映像、関係者のインタビュー、コンサートの舞台裏やテレビ朝日系列で放送されていた「稲妻!ロンドンハーツ」でのライブを収録したDVDを付属した、『15th Anniversary Expanded Edition』がリリースされた。(Wikipediaより引用)

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm