このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/男性VO/HM・HR

Killer Dwarfs
キラー・ドワーフス(カナダ)
Big Deal
3作目
キラー・ドワーフスはカナダのトロント出身。メンバーはラス・ドワーフス(Vo)、マイク・ドワーフス(G)、ロナルド・ドワーフス(bs)、ダレル・ドワーフス(ds)と全員同じ性を名乗っています。カナダのインディーズで発売された1st”スタンド・トール”が話題になり、今作”ビッグ・ディール”でのメジャー・デビューに至ったようです。
バンド・サウンドは「We Stand Alone」に代表されるような爽やかなポップ・ロック。ラットやモトリー・クルーのようなLAメタルというような感じです。”コレ”というような曲や個性はあまりありませんが、(ボーカルのラス・ドワーフスのキャラがちょっと個性といえば個性かな・・)どの曲もポップで上手くまとまっていて、そんなに悪くはないと思います。「Lifetime」も結構好きです。
洋楽/男性VO/HM・HR

Killer Dwarfs
キラー・ドワーフス(カナダ)
Dirty Weapons
4作目
プロデューサーはアンディ・ジョーンズ。
R&Rを基調としたストレートなメロハー路線は前作の延長線上にありますが、今作はちょっと重めというか、ヘビィでダーティーな雰囲気があります。前作同様、彼等の作品って以外と(失礼!)捨て曲がなくて良質なんですよね。決定打に欠けるトコロも前作同様だけど。。「Last Laugh」「Dirty Weapons」「Nothin'gets Nothin'」あたりは結構聴かせてくれます。あたりさわりがないサウンドなので、BGMメタルにしたらちょうどイイかも。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm