このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
邦楽/女性VO/ポップス

KOKIA
コキア

Pearl〜The Best Collection
ベスト盤
KOKIA(コキア、1976年(昭和51年)7月22日 - )は、日本の女性シンガーソングライター・ボーカリスト。本名は吉田亜紀子(よしだ あきこ)。ヴァイオリニストの吉田恭子は実姉である。

概要

1998年デビュー。芸名は、本名「亜紀子」のローマ字表記「Akiko」を音節単位で反転(A-KI-KO → KO-KI-A)させた上で、それを読んだものである。なお、のちの一作「調和 oto 〜with reflection〜」では、これと同じ手法によって、日本語で仮に詠んだ歌詞を音節単位で反転させ、架空言語の歌詞を創り出して詠んでいる。

来歴  

幼少の頃からヴァイオリンやピアノを通じて、音楽の楽しさと触れ合う。小・中学校は立教女学院に通い、賛美歌に慣れ親しむ。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部に進学(ともに声楽専攻)。また、学生時代にECCのホノルル市長杯英語弁論大会という日本の高校・大学生対象英語スピーチコンテストに出場し、優勝した。

大学在学中の1998年にシングル「愛しているから」でポニーキャニオンよりデビュー。2000年、ポニーキャニオンとの契約が終了すると、ЯKS(河村隆一プロデュース)作品にボーカリストとして、シングル2枚とアルバム1枚に参加する。

2001年、ビクターエンタテインメントと契約し、移籍後、第1弾シングル「tomoni」を発売。2003年、8枚目のシングル「かわらないこと 〜since 1976〜」がドラマの主題歌に、続く9枚目のシングル「The Power of Smile」がCMソングにそれぞれ起用され、テレビ朝日系『ミュージックステーション』に「The Power of Smile」で初出演した。2004年、アテネオリンピック日本選手団公式応援ソングとなった11枚目のシングル「夢がチカラ」がテレビや新聞などのメディアに広く採り上げられた。 2005年日本国際博覧会では、加藤登紀子らとともに、自然をコンセプトとしたライブを実施した。 2006年、初のベストアルバム『pearl 〜The Best Collection〜』と初のDVD『Jewel 〜The Best Video Collection〜』をそれぞれ発売。同年5月、個人事務所であるanco&co.を設立し、独立。独立直後には、六本木スイートベイジルにて初のマンスリーライブを開催。第1・第3火曜日にネットラジオ「KOKI薬曲」を放送したり、映画『おじいちゃんのチューリップ』を制作したりと幅広く活動している。

2007年、フジテレビ系『カワズ君の検索生活』で楽曲「ありがとう・・・」が使用され、反響を受けたことで同曲が再発売された。また、新潟県中越沖地震の災害を受け、柏崎コミュニティ放送のみでの楽曲「私にできること」を提供した。この曲が放送局で流れるまでのいきさつは、テレビや新聞等でも採り上げられた。このときの読売新聞の記事の抜粋が、高校現代社会の資料集に掲載された。また、自衛隊からの招待を受け、柏崎市民プラザにて同年8月6日に「未来へはばたけ柏崎コンサート」で、3,000人の観客を前にして、陸上自衛隊東部方面音楽隊の伴奏で、応援ライブを行った。同曲は自主制作盤として新潟県柏崎市を中心に発売されている。11月にはビクターエンタテインメント内部のアニメ作品専用レーベルであるflying DOGよりシングル「Follow the Nightingale」を発売。

2008年からはアルバム作品を中心とした作品発表を行っている。また、新潟県中越沖地震においての今までの復興支援活動が評価され、社団法人日本青年会議所主催の青年版国民栄誉賞「第22回 人間力大賞」を受賞した。またジャズ音楽専門誌『ADLIB』では、上妻宏光や小泉ニロとともに、アドリブ・アワード2008国内ワールド/ニュー・エイジ賞を受賞した。

2009年、ヨーロッパツアーを終え「Life Trilogy〜いのちの歌3部作〜」と題し、3部構成で配信限定シングルのリリースを開始。第一章「君をさがして/last love song」、第二章「single mother/クリスマスの響き」、翌2010年3月17日にリリースされた第三章「孤独な生きもの/あの日の私に」は、限定配信されたiTunesStoreのJ-POPアルバム部門において連続1位を獲得した。

国外での人気・活動

1999年、アルバム『songbird』が香港で発売され、その中に収録された3枚目のシングル「ありがとう・・・」が、同年の香港国際流行音楽大賞で3位を記録し、サミー・チェンが広東語でカバーした「ARIGATOU」が1位を記録した。また、アルバム収録曲「私は歌う小鳥です」は香港圏域のファンケルのテレビCMソングに起用された。これを受け、香港でワンマンライブも行った。

2001年、移籍第2弾となった5枚目のシングル「Say Hi!!」が日本を除くアジア地域で資生堂のテレビCMソングに起用された。同年末には香港の大晦日の4大カウントダウンイベントに出演。上記の「ありがとう・・・」の香港でのヒットもあり、この流れで日本より先にアジアで人気を確立する。

2002年にはアルバム『trip trip』収録曲の「a gift」がヨーロッパ全土のスバルのテレビCMソングに起用された。またサントリー烏龍茶のCM曲を書き下ろし、中国上海で放送される。中国では、アルバム『trip trip』にこの曲を収録した特別バージョンが発売される。

2006年は音楽の国際見本市であるMIDEM(カンヌ)に、Rin'やRie fuらとともに出演。フランスではアルバム『aigakikoeru』が日本盤に先駆けて発売された。また、2006年・2007年はパリで、2008年にはフランス・ベルギーでライブを行った。特に2008年のパリ公演ではおよそ1,800人を動員し、フランスでも人気を確立しつつある。

2008年12月には、「MUSIC GIFT」プロジェクトと称して、「Remember the kiss」(ブルックリンの教会で、地元のゴスペル聖歌隊と共に収録した英語バージョン)を収録したCDを、ニューヨークで1万枚、サンタクロースの衣装を着て、無料で配布した。

2009年には、フランス・ベルギー・ドイツ・ポーランド・アイルランドでのライブを行った。ワールドツアーで複数の国で公演を行うのは2回目。

人物・エピソード

母子家庭で育ち、祖父は造船会社を経営していた。

音楽性や歌声は音楽評論家の富澤一誠に高く評価され、『Mの黙示録』(テレビ朝日系、2001年12月23日)で紹介された。『題名のない音楽会21』(テレビ朝日系、2004年7月18日)では「O sole mio」で29.5秒間のロングトーンを披露した。また、第56回全国理容競技大会のオープニングセレモニーでは国歌「君が代」を独唱した。

大のエクアドル産バナナ好きである。エクアドル産にこだわりを持ち、ラジオ番組では産地を明かされない状態の複数のバナナを出される中、食べ比べてエクアドル産バナナを言い当てた。

海外での人気が高いことから、アルバムには歌詞が英語のみの曲が収録されていることが多い。またアルバムはすべて海外で発売されている。
(Wikipediaより引用)
邦楽/女性VO/ポップス

KOKIA

Coquillage〜The Best Collection II
ベスト盤

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm