このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/男性VO/ポップス

Japan
ジャパン(イギリス)
Gentlemen Take Polaroids(孤独な影)
4作目
ジャパン (Japan) は、デヴィッド・シルヴィアンを中心とした5人組英国出身バンド(1978年 - 1982年)。デビュー当初はアイドルとして宣伝されたグループだったが、英国の音楽シーンではほとんど人気が無かった。初期のサウンドは主に黒人音楽やグラムロックに影響を受けていたが、作品を重ねるごとに耽美的な作風、退廃的な歌詞やシンセサイザーの利用など独自のスタイルを構築していった。日本では初来日でいきなり武道館と爆発的な人気を誇ったが、英国ではなかなか人気が出ず、初期は典型的な「ビッグ・イン・ジャパン」状態であった。
1979年のシングル「Life in Tokyo(ライフ・イン・トウキョウ)」を機にエレクトリック路線へ移行し、3枚目のアルバム「Quiet Life(クワイエット・ライフ)」ではその傾向を一層強めた。この頃からイギリスでも評価を高め始める。その後、HansaからVirgin Recordsへ移籍し、「Gentlemen Take Polaroids(孤独な影)」と「Tin Drum(錻力の太鼓)」をリリース。特に最後のオリジナルアルバムである「Tin Drum」はバンドの最高傑作として誉れ高く、同アルバムからのシングル「Ghosts(ゴウスツ)」はバンド最高のヒットを記録した。なお、オリジナルメンバーのロブ・ディーンが5枚目の制作前に脱退したため、最後のツアーでは当時一風堂の土屋昌巳がギターを担当した。その後解散し、1991年には解散時の4人でRain Tree Crow(レイン・トゥリー・クロウ)名義でアルバム「Rain Tree Crow」をリリースしたが、Japanというグループ名称は用いられず、再結成は短命に終わった。(Wikipediaより引用)

デヴィッド・シルヴィアンの容姿にアイドル・ポップ路線を期待して聴くとえらい目に遭いますよ。なにせ彼等は、きわめて音楽性・芸術性の高い純音楽グループですから。ヨーロピアン・アートの香り漂うテクノ・エレポップにデヴィッド・シルヴィアンのセクシーな低音ボイス、サックスの音が妖艶な雰囲気を醸し出していて、「Gentlemen Take Polaroids」「Swing」他、アクの強い楽曲は一度はまるとクセになります。次作”Tin Drum(錻力の太鼓)”と双璧を成す彼等の最高傑作。
洋楽/男性VO/ポップス

Japan
ジャパン(イギリス)
Tin Drum(錻力の太鼓)
5作目
オリジナル・アルバムとしては、最後の作品。母国イギリスでも「Ghosts」がヒットしましたが、後の祭りでしたね。今作で完成させた独自の世界観は今聴いても十分先鋭的で前衛的、80年代ニューウェイヴ・ムーブメントの中にあって彼等はまさに孤高で異質な存在でした。ヨーロピアン・ニューウェイヴ風のシンセの使い方とベースラインやサックスのアジアンチックなサウンドがたまりません。(でもやっぱり暗いかな。。。)

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm