このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
邦楽/女性VO/ポップス

JYONGRI
ジョンリ

Close To Fantasy
1作目
JYONGRI(ジョンリ、1988年8月30日 - )は、大阪府出身のシンガー・ソングライター。所属レコード会社はEMIミュージック・ジャパン(旧 東芝EMI)。 また、2006年10月からは早稲田大学国際教養学部に通う現役大学生である。

JYONGRIという名前の由来は、本人によれば、性別不明でインターナショナルな名前を両親が付けたかったからとのこと。

4歳から大阪のインターナショナル・スクールに通っていたため、そこで培った英語は堪能。同級生に青山テルマがおり、現在も仲が良い。 楽器は、4歳よりクラシック・ピアノを習い始め、10歳のときにヴァイオリン、16歳の時にはギターに挑戦した。 8歳のときに映画『天使にラブ・ソングを2』を観て、歌を歌いたいとの思いからゴスペルを始め歌いこなすようになる。11歳の時、ゴスペルの影響で歌手という夢を抱き始める。14歳頃から本格的に歌のレッスンを受け、作詞活動を行い始める。
2005年夏にアメリカへ渡り、バークレー音楽院の5週間サマープログラムに参加、その間の寮生活中、曲を書き始めた。
2006年6月、大阪インターナショナルスクールを卒業。6月から9月の夏休み中、音楽活動を本格的に開始。
2006年10月、早稲田大学国際教養学部に入学。同時期よりプロモーション活動、インタビュー出演などの活動を始めた。
2006年12月、自ら作詞・作曲を手がけた「Possession」のサンプリングがイギリス音楽チャート誌のミュージック・ウィークのポップクラブチャート(12月16日付)で22位、「フィル・イングランド」のDJチャートで16位とデビュー前にチャートインするなど大きな反響をよんだ。なお、デビュー前のアジア圏のティーン・エイジャーの歌手がチャートにランクインするのは初めての快挙である。 2006年12月13日、東芝EMI(現 EMIミュージック・ジャパン)よりデビューシングル「Possession/My All For You」をリリースした。(Wikipediaより引用)

本作は2007年発表。
Jyongriと書いて、「ジョンリ」と読むのだそうです。音節で区切るとJYONG-RIとなるそうなので気をつけましょう。
本アルバムは、日本テレビ系「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」3月OPテーマ&日本テレビ系「スッキリ!!」3月EDテーマ「Getting Funky!」、日本テレビ系「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」2006年11月EDテーマ&「いただきマッスル!」06/11・12月EDテーマ&「スーパーチャンプル」06/11・12月EDテーマ「Possession」、フジテレビ系「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」2・3月EDテーマ「Hop,Step,Jump!」、日本テレビ系「極上の月夜」EDテーマ「My All For You」、よみうりテレビ「嗚呼!花の料理人」1〜3月EDテーマ「Romeo&Juliet」、ジュエリーマキ・2007年春CMタイアップ曲「〜約束〜」、テレビ東京「スキバラ」2月度EDテーマ「Lost Girl」、国立新美術館開館記念 大回顧展 モネ イメージソング「Wherever」と、デビュー・アルバムにしてこのタイアップの多さ。彼女に対する期待の大きさをうかがわせます。
柔らかく心地いい歌声で、圧倒的な歌唱力・音域・声量で聴かすタイプではなく、雰囲気で聴かすタイプですね。全曲、彼女自身の作詞作曲なのだそうですが、気の利いた詩やフレーズの数々から、ホントに18歳の女の子が書いてるの?と疑いたくなるほど。楽曲はアップ・テンポからしっとりとしたバラードまで、様々なタイプの曲が収録されていて、派手な曲ばかりではないのですが、トータルで聴いて楽しめるアルバムだと思います。独自のスタンス、アーティストとしての才能に満ち溢れた大型新人。
邦楽/女性VO/ポップス

JYONGRI

Love Forever
2作目
本作は2007年発表。
前作同様、全曲彼女自身の作詞作曲だそうです。。
前作も良かったのですが個人的には今作の方が好きです。
1曲目でアカペラの「Love Forever」〜「Tender Touch」のアルバムの入り方がいいですね。1曲目〜「Kissing Me」「Unchanging Love~君がいれば~(with Whisper) 」の流れは完璧。ちょっと懐かしいような耳障りのいいバラードや、良質のポップ・ソングが揃った、捨て曲のないいいアルバムだと思います。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm