このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ

邦楽/女性VO/ポップス

JUJU
ジュジュ(日本)
Wonderful Life
1作目
JUJU(ジュジュ)は、広島県出身のシンガーソングライターである。ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ所属。

来歴

12歳でジャズシンガーを目指し、京都府で過ごした学生時代に、DJなどの音楽活動を始める。18歳の時に観光で訪れたニューヨークを好きになり、半年後に単身渡米。ニューヨークで出会った作家のE-3やDJ HIROnycらと作り始めた音楽作品が、日本で評判を呼び始め、デビュー前に映画「凶気の桜」の主題歌制作に協力した。しかし、その後は順風満帆とはいかず、2004年発売のメジャーデビューシングル、2ndシングルともにセールスが振るわなかった為、以降の2年間は全てパッケージ作品のリリースを凍結する。後にこの2年間を「出し続けて消費されるのが嫌だったんですね。アマチュアの世界ではうまい人が偉いけど、プロの世界では売れている人が偉い。じゃあ売れる音楽ってなんだろうって、ずっと模索し続けた2年間だった」と振り返っている。

模索を続け最後のメジャーリリースかも知れない、と思い、2006年11月にリリースした「奇跡を望むなら...」が話題を集める。USEN総合チャートに22週連続チャートインを記録し、2007年USEN年間総合チャート1位を記録するヒットとなった。

2008年4月から、12ヶ月連続のカヴァーライブ「ジュジュ苑」を開催する。同年10月10日、ニューヨークで凱旋ライブ「JUJU苑 in NY」を行った、また日本記念日協会は本日を「JUJUの日」として正式認定。

2009年、シングル「明日がくるなら」が映画『余命1ヶ月の花嫁』の主題歌に起用され、2009年年間配信チャート1位を記録、配信累計300万ダウンロードを突破した。

人物


芸名の由来は、ウェイン・ショーターのアルバム『JuJu』から。本名は非公表だったが、2007年4月16日放送の『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』で、本名が「ジュン」だと公言。また、同年6月6日放送の「スペシャボーイズ」で、その漢字が「淳」であることを明かした。

生年は非公表だが、日テレ系の『しゃべくり007』のコーナー「今さらプロフィール」で、「永遠の100歳」を自称する。これは、ブログを開設する際に、プロフィール欄の生年月日が必須項目であった為、きりのよい「100歳」になるようにしたものである。その為、2008年なら1908年生まれ、2009年なら1909年という風に年によって生年が変わる。

初めて買ったCDは、スウィング・アウト・シスターのアルバム『ベター・トゥ・トラベル』。影響を受けたアーティストは、サラ・ヴォーンとキャロン・ウィーラー、レディ・ミス・キアー。元は喫煙者であったが、JUJUの楽曲の多くを手がけるプロデューサーの木村武士や所属レコード会社のスタッフから「会社を辞めるかタバコをやめるか、どっちかにしろ」といわれ、渋々禁煙した。タバコを止めてから声域が2オクターブほど違うという。

スコッチウイスキーが好き。趣味はハイヒール収集である。

無類の辛いもの好きである。(Wikipediaより引用)
邦楽/女性VO/ポップス

JUJU
ジュジュ(日本)
What’s Love?
2作目

『What's Love?』(ワッツ・ラブ)は「Wonderful Life」以来、約1年5か月ぶりとなるJUJUの2作目のフルアルバム。2009年3月4日発売。
これまでは「素直になれたら/I can be free」で記録した6位が最高位で、今回は最高位記録を更新した。
(Wikipediaより引用)

1stにくらべると明るい曲が増えましたねぇ。初期のジャズっぽさはかなり後退した感じで、かなりPOPテイストになってきていますが、万人受けを目指すのは決して悪い事じゃないと思います。個人的には、R&Bアーティストのように”頑張って歌ってます””声量抜群で高音も伸びます”的アピールではなく、清涼感のある涼しげな彼女の歌声が好きです。
ピックアップする曲は「素直になれたら」「I can be free」「空」「LOVE TOGETHER」「やさしさで溢れるように」あたりでしょうか。事前にヒットした曲以外にもう1曲くらいキラー・チューンがほしいのと、アルバム全体的に散漫な印象がちょっと残念。
邦楽/女性VO/ポップス

JUJU
ジュジュ(日本)
YOU
3作目

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm