このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/男性VO/ポップス

Human League
ヒューマン・リーグ(イギリス)
Greatest Hits
ベスト盤
1977年にフィル・オーキーを中心に結成。ニュー・ウェイヴのブームの中、シンセサイザーとシーケンサーによるテクノポップのユニットとして活動する。幾度かのバンド名の変遷を経てヒューマン・リーグの名で1979年にデビュー。翌年にグループが分裂し、一方はヘヴン17を結成した。1981年にリリースした「愛の残り火(Don't You Want Me)」はイギリスで大ヒットを記録し、翌年にはアメリカでもナンバーワンヒットを記録。鮮烈なミュージックビデオによるプロモーション戦略によって、第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンの先駆け的存在となる。また作曲者でもあったオーキーが楽器を弾けなかったという事実は、コンピューターを使った新世代の音楽クリエーターが登場したという驚きを与えた。
1986年には当時ジャネット・ジャクソンで成功を収めたジャム&ルイスをプロデューサーに迎えた「ヒューマン」が再び全米1位の大ヒットを記録するが、その後はこれといったヒットがなく1989年にグループは活動を停止した。(Wikipediaより引用)

ヒューマンリーグといえばフィル・オーキーのダンディな低音ボイスと女性二人のコラボレーション。当時、流行のテクノサウンドだった「愛の残り火(Don't You Want Me)」も、今聴くとなんかちゃちいですね。
「Human」は淡々としていて、最初聴いた時はあんまりインパクトないなあと思ったんですけど、聴けば聴くほど胸にしみこむ名曲。初期のヒット曲「Mirror Man」「Fascination」からメッセージ色の濃い「Lebanon」まで、”とりあえず”という方にはこの一枚があれば十分かな。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm