このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/男性VO/ポップス

Genesis
ジェネシス(イギリス)
Genesis

Genesisはイギリス、サリーのパブリックスクール「チャーターハウス」の同級生であったピーター・ガブリエル(Vo.)、アンソニー・フィリップス(G.)、トニー・バンクス(Key.)、マイク・ラザフォード(B.)、クリス・スチュワート(Dr.)が在学中に結成したスクールバンドが母体。
5人のメンバーがグループとして揃うまで、それぞれは様々なバンドに参加していた。1966年にピーター・ガブリエルはアンソニー・フィリップスと共に'The Spoken World'という校外のセミプロバンドに参加。このときピーター・ガブリエルはドラマーとして参加しており、このバンドでレコードデビューを飾っている。アンソニー・フィリップスは校内の'The Anon'というバンドにも参加しており、このバンドにはマイク・ラザフォードがいた。トニー・バンクスはピーター・ガブリエルと個人的に親しく、良く二人で曲を作っていた。このような環境の中、1967年にようやく上記の5人でジェネシスというバンドが形成された。
ジョナサン・キングのプロデュースで1969年に『創世記』でデビュー。(録音時に、ドラマーはチャーターハウスの級友だったジョン・シルバーに交代)。
1970年、大学進学のため脱退したジョン・シルバーに代わり、メロディーメーカーのメンバー募集に応募してきたジョン・メイヒューがドラムを担当し2作目の『侵入』をリリース。その後、アンソニー・フィリップスが健康上の理由で脱退(一説にはステージ恐怖症だった)。彼の代わりにスティーヴ・ハケットが加入。さらに、力量に問題があったジョン・メイヒューの代わりにフィル・コリンズが加入した。二人とも公募によるオーディションで選ばれたメンバーだった。
初期のサウンドはアンソニー・フィリップスの力量によるところが大きかったが、新加入の二人のメンバーの個性が、バンドのサウンドを大きく変貌させる。そして3作目にあたる『怪奇骨董音楽箱』(1971年)でプログレッシブロックバンドとしての評価を確立。ピーター・ガブリエルの演劇性をもった独特のステージパフォーマンスもあって、ヨーロッパで大人気となる。1975年、ピーター・ガブリエルが「幻惑のブロードウェイ」ツアーの後に脱退。
その後は、3作目以降のドラマーであったフィル・コリンズがボーカルも担当し、よりリズムを強調した新しいプログレサウンドに変化する(フィル・コリンズがボーカルをとることにより、ドラム担当としてビル・ブラッフォードが一時的に加入してライブ活動に加わったりしたが、それ以降はチェスター・トンプソンが準レギュラーとしてライブの時だけグループに参加している)。
さらに、ギタリストのスティーヴ・ハケット脱退後は、ベーシストのマイク・ラザフォードがギターも担当するというトリオ編成となった(ステージではダリル・ステューマーが準レギュラー参加し、ギターとベースを兼任)。3人でレコーディングした1978年発表の『そして3人が残った』では、それまでよりポップス色を深め、アメリカでの人気を不動のものとする。その後、1986年の『インヴィジブル・タッチ』は世界的大ヒットとなり、アルバムのタイトル曲である「インヴィジブル・タッチ」は1986年7月19日付のビルボード・シングルチャートで全米NO.1ヒットとなった。なお、バンドにとってこれは最初で最後の全米No.1となった。その翌週、ジェネシスを1位から引きずり落とし、全米No.1に輝いたのは皮肉にも1975年にジェネシスを脱退したピーター・ガブリエルの「スレッジハンマー」だった。(Wikipediaより引用)

私がリアルタイムで聴いた”Genesis”はこのアルバムが最初なので、ピーター・ガブリエル在籍時もプログレバンドだった頃も知りませんが、コレはもうプログレじゃないですね。重苦しくてシリアスなオープニングナンバー「Mama」から軽くて渋い2曲目「That's All」に移った時は”アレ?”て思いましたが、曲順も含めて全体にまとまりにかける印象を受けます。ただ、彼等のメロディセンス、ポップセンスは素晴らしい。私の世代の人間は”Genesis”といえばフィル・コリンズで、ポップバンドですし、プログレ時代の彼等を知っている人の方がコアです。そいう目線で聴くとこのアルバムは楽曲が充実していて、なかなかの名盤だと思います。
洋楽/男性VO/ポップス

Genesis
ジェネシス(イギリス)
Invisible Touch

やっぱりコッチの路線に走ったか・・・と大方の予想通り、「Invisible Touch」「Tonight, Tonight, Tonight」「Land of Confusion」他、フィル・コリンズ色の濃い、見事なポップ・アルバムになっちゃいました。まさに”やっちまったか”て感じなアルバムなんですけど、これほどキャッチーでポップセンスにあふれたアルバムなんて、作ろうたってそんなに簡単に作れるもんじゃありません。改めて彼等のソング・ライティング能力の高さを思い知らされました。ジェネシスがポップでなぜ悪い?残念ながら、今作以降、Genesisはバンドサウンドが定まらなくなり、迷走することになりますが。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm