このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/男性VO/ポップス

Gazebo
ガゼボ(イタリア)
The Best Gazebo
ベスト盤

ガゼボはレバノン・ベイルート生まれのイタリアの歌手。本名パウロ・マゾリーニ・デル・ガゼボ(Paul Mazzolini del Gazebo)。イタリア人外交官とアメリカ人歌手を両親にもつ。デビュー前にパンクバンドを組んだ後、1982年にデビュー。1983年にショパンをテーマにした曲、「アイ・ライク・ショパン」がヨーロッパ各国のチャートをにぎわせたことをきっかけに世界中で大ヒット。1984年一時音楽活動を休止し、軍隊に入隊するが1986年に音楽活動を再開。ポップスとダンスミュージックのジャンルで活躍し、イタリアでは定着した人気がある。
I Like Chopinは小林麻美が松任谷由実による日本語詞で「雨音はショパンの調べ」というタイトルでカヴァー、こちらもヒットしている。(Wikipediaより引用)


シンセの打ち込みにピアノの美旋律とわかりやすいキャッチーな歌メロが印象的です。
当時、ガゼボの1stをたまたま輸入盤で見つけてヒッソリと聴いていたトコロ、「I Like Chopin」が大ブレイク。洋楽曲ではめずらしく、日本のTOP10入るヒットを記録と、突然売れだしたので驚きました。
「I Like Chopin」の日本語カバー「雨音はショパンの調べ」を歌っていた小林麻美と 夜のヒット・スタジオに出演が決定。ところが、小林麻美が突然帰ってしまい(ドタキャンだそうです)デュエットは実現せず。結局ガゼボ一人で歌う事になるのですが、日本の歌番では洋楽タレントのほとんどが口パクなのに、彼は生歌声を披露。これが痛かった。クネクネ、ネチネチと「I Like Chopin」を歌うガゼボは痛すぎた。聴くに耐えない歌声だった。もういい、やめてくれガゼボと言いたくなった。(ガゼボはイタリア人なので英語が苦手で、英語の歌詞もかなりミラクルだったようで・・・。)その後、2ndシングル「ルナティック-狂った優雅 」は泣かず飛ばず。見事に1発屋の烙印を押されることとなります。

ちなみにこのベスト盤は大ヒットした1枚目のアルバムの曲がすべて収録されているのでお買い得です。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm