このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/男性VO/ポップス

Frankie Goes To Hollywood
フランキー・ゴーズ・トウ・ハリウッド(イギリス)
Welcome To The Pleasuredome
1作目
1980年にニュー・ウェイヴ・バンドとして結成。グループ名は、フランク・シナトラが音楽界から映画界に進出することを伝える新聞記事の見出しから派生した「都へ出てきて堕落する」というニュアンスの慣用句的隠語に由来する。プロデューサーのトレヴァー・ホーンに見出され、1983年にZTTレーベルからデビューした。メンバーはホリー・ジョンソン(vo)、ポール・ラザフォード(vo)、ブライアン・ナッシュ(g)、ピーター・ギル(ds)、マーク・オトゥール(b)。ジョンソンとラザフォードはゲイであることを公言している。
デビュー曲の「リラックス」はSM行為を描写した歌詞内容や排尿音などが問題となり、BBCのほか、多くの国の放送局(NHKも含む)で放送禁止となったが、大ヒットを記録する。バックに使われる強い音は、ホーンが最も強い音と思ったというレッド・ツェッペリンのドラマー、ジョン・ボーナムのドラム音をサンプリングしたもの。
次のシングル「トゥー・トライブス」は当時の米ソ冷戦と核戦争の危機を歌った曲で、全英で9週連続1位を記録した。またロナルド・レーガン大統領とコンスタンティン・チェルネンコ書記長のそっくりさんが土俵上で取っ組み合いをするビデオが話題を呼んだ。
ホーンが作り出す時代の先端を行く刺激的なサウンド、話題性の高い歌詞、ゲイであることをアピールしたセンセーショナルなイメージ戦略によってバンドは一躍時の人となったが、それゆえに「トレヴァー・ホーンの操り人形」「ライブではテープを流すだけで演奏もできない」と皮肉られていた。ミック・ジャガーからは「イギリスのヴィレッジ・ピープルだ」と評された。
人気は長続きせず、1987年にジョンソンがグループを離れ、バンドは活動を停止した。 2003年、音楽番組の企画にて5人は顔を合わせたもののバンドの再結成までには至らず。 2004年11月に行われたトレヴァー・ホーンの25周年記念コンサートにて再結成後、ライブを中心に活動を続けている。

「リラックス」は1980年代を代表するヒット曲としてディスコ系や80's系のコンピレーションCDに収録されていることが多いほか、日本のCMでも使用されたことがある(ヤクルトのCMソングとして使用された際、同社は英国で放送禁止になった曲であることを承知の上、サビの部分だけなら問題ないという判断の下で使用した)。また「水10!ココリコミラクルタイプ」のオープニング曲のほか、映画「ズーランダー」では重要なモチーフとして使われている。(Wikipediaより引用)


当時の彼等の人気は凄いものでたね。結局ハデな一発屋さんになっちゃいましたけど、リリースから25年たった今聴いても、そのサウンドは先鋭的で新鮮です。あくまでプロデューサーのトレバーホーンの手腕に負うところうところが多いのでしょうが、トレバーホーンって面倒見が悪いのでしょうか、彼のプロデュースしたアーティストって、次作以降ほったらかしで消えていく一発屋ばっかりのような気がします。まあ、とにかくシングル曲「Relax」「Two Tribes」「Power of Love」等の出来はずば抜けています。サウンドプロダクションも良く、音質のいいアルバムですが、内容の方は捨て曲が多く、散漫な印象。後追いで聴く方はベスト盤を買った方がいいと思います。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm