このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
Fair Warning
フェア・ウォーニング
Go!
概要

ウリ・ジョン・ロートの実弟、ジーノ・ロート率いるZenoが母体となる。1989年にジーノ(Zeno)のリーダーであるジーノ・ロートがバンド活動に疲弊し、解散。その当時のメンバーであったベーシストのウレ・リトゲンとボーカリストのトミー・ハート、そしてジーノ(Zeno)のサポート・ドラマーであったC.C.ベーレンスに加え、ギタリストにヘルゲ・エンゲルケ、アンディ・マレツェクを迎え入れ、フェア・ウォーニングを結成。

1992年、「FAIR WARNING」でデビュー。1993年に日本の音楽誌BURRN!のブライテストホープに選ばれ、その年に初来日公演を行う。このライブにおいて、前身バンドであるZENOの曲、Eastern Sun などが演奏され、ファンに強いインパクトを与えた。
1995年、2ndアルバム「RAINMAKER」をリリース。前作よりライブ感、爽やかさが前面に出ており、名曲「BURNING HEART」を収録、高い評価を得る。しかし、このアルバムに伴う日本公演の直後、ギタリストのアンディが全身麻痺に陥るという、原因不明の難病にかかる。
1997年、3rdアルバム「GO!」をリリース。完成度が高く、特に1〜4曲目は人気が高い。しかし、一部からは「いい曲が前半に偏りすぎ」との声も上がっている。また、これに伴うライブでは、数曲ながらアンディが演奏をした。(このライブの前にはドラムのC・Cベーレンスが脱退。)
2000年、4thアルバム「4」をリリース。しかし、来日公演直前にアンディがバンドを脱退。そして、来日公演後、トミーがバンドを離れ、活動停止(実質的な解散状態)。
その後、トミーはSOUL DOCTORというバンドを結成し「SOUL DOCTOR」でデビュー。アルバムのリリースに合わせて日本でショーケースギグ(渋谷ON AIR EAST)を行った。翌年、ヘルゲは自らのバンドDREAMTIDEを率いて「HERE COMES THE FLOOD」をリリース(2003年には、2nd「DREAMS FOR THE DARING」をリリース)。アンディはLAST AUTUMN'S DREAMでデビューした。
2005年、アンディを除くオリジナルラインナップで復活。2006年6月には、新曲「DON'T KEEP ME WAITING」を発表。7月26日には、6年ぶりの復活作「BROTHER'S KEEPER」をリリースし、10月には来日公演(広島、名古屋、大阪、東京)を行った。
2009年6月、復活第二弾アルバムとなる「AURA」をリリース。その後、6月27〜29日にトミーとウレが、関東圏だけ(横浜、新宿、御茶ノ水)ではあったが、インストアイベントに来日。アコースティックライブで数曲を披露した。ヘルゲは自身の都合により来日できなかった。
10月18日、千葉の幕張メッセにて開かれたLOUD PARK09に参加。

音楽性

音楽的には、ジーノの持つメロディアスさをよりハードにした、俗にいうメロディアス・ハードロックである。この音楽性が、日本でブレイクした一方で、母国ドイツでの評判は芳しくなく(所謂ビッグ・イン・ジャパン)、過去には大がかりな照明を設置したにもかかわらず、観客が一人のライブもあった。


また、曲作りにおいては、リーダーであるベースのウレ・リトゲンとギターのヘルゲ・エンゲルケが担当している。バンドに同時に二人のソングライターが存在する場合、たいていは音楽性に違いが出るものだが、この二人の場合、殆ど同じ方向性で曲を作っている。この二人の違いは、曲を多く作っているかいないかだけである(リーダーであるウレ・リトゲンのほうが多く曲を作っている)。

また、ソロについては、初期はヘルゲとアンディがほぼ半分ずつ担当していた。しかし、3rdアルバム『GO!』では、アンディは病気のため曲作りにあまり参加できず、4thアルバム『4』ではほとんどソロを弾いていない。

オリジナルアルバム

FAIR WARNING (1992)
RAINMAKER (1995)
GO! (1997)
4 (2000)
BROTHER'S KEEPER (2006)
AURA (2009)
(Wikipediaより引用)
Fair Warning
A Decade Of Fair Warning
本作は2001年発表。
1stから4thまでの曲を、レーベルの枠を越えて収録。初回盤のみ、ボーナスディスク付の2枚組。
(Wikipediaより引用)

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm