このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/男性VO/HM・HR

Exodus
エクソダス(アメリカ)
Pleasures of the Flesh
2作目
スラッシュメタル黎明期より活動を行い、メタリカ、メガデス、アンスラックス、スレイヤーなどと共にスラッシュメタルの確立に大きく寄与した。エクソダスの特徴的なザクザクとしたソリッドな独特のリフのカッティングはベイエリア・クランチと呼ばれ、世界中のスラッシュメタルバンドはもとより、デスメタルバンド達にも大きな影響を与えた。しかし、メタリカ、メガデス達が商業的に成功する中、所属レコード会社とのトラブルなどの不運が重なったこともあり、商業的に成功する事は無かった。(Wikipediaより引用)

ザクザクしたリフとダミ声のボーカルが印象的で、疾走系のスラッシュではないのですが、とにかくノリやすいです。楽曲もバラエティに富んでるし、曲順を含めたアルバム構成、アレンジセンスも抜群。キャチーなメロディと親しみ易いツインリードはスラッシュというより正統派HM/HR寄りかも。「'Till Death Do Us Part」が個人的にツボだったのですが、捨て曲のない、いいアルバムだと思います。
洋楽/男性VO/HM・HR

Exodus
エクソダス(アメリカ)
Fabulous disaster
3作目
前作”Pleasures of the Flesh”が愛聴盤だったので、今作もすぐ聴きました。歯切れのいいギターリフは今作も健在。とにかく最初の3曲「Last Act of Defiance」「Fabulous Disaster」「Toxic Waltz」がめちゃくちゃかっこいいです。後半ちょっとダレますが、前作同様曲の並べ方も上手いし、曲のいたるところに仕掛けとか小技が効いていてなかなか楽しめます。スラッシュにしてはちょっとキャッチーでわかり易く聴きやすいアルバムで、ここらあたりがコアなマニアからすると”攻撃性が物足りない”と不満のこぼれるところかもしれませんが。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm