このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
Every Little Thing
ThingEvery Best Single+3
Every Little Thing(エヴリ・リトル・シング)、通称ELT(イー・エル・ティー)は、1996年8月にデビューした日本の音楽グループである。エイベックス所属。表記は通常「Every Little Thing」だが、「EVERY LITTLE THING」(Graceful Worldなど)・「every little thing」(恋文/good nightなど)・「エヴリ リトル シング」(また あしたなど)などの表記もあり、一定しているわけではない。台湾での中国語表記は、小事樂團。

来歴

1996年にヴォーカル・作詞担当の持田香織、ギター・作曲・編曲担当の伊藤一朗、リーダー・サウンドプロデュース・キーボード・作詞・作曲・編曲担当の五十嵐充の3人で、1stシングル「Feel My Heart」でavex trax(エイベックス・ディー・ディー)からCDデビューした。同シングルはオリコンで最高位24位を記録し、約10万枚を売り上げた。

1997年には3rdシングル「Dear My Friend」でブレイクし、1stアルバム『everlasting』のメガヒットなどを通して、五十嵐の楽曲の世界観、シンセサイザーを駆使したサウンドと持田の歌声、ファッションが10代・20代を中心に支持を受けるようになり、TRF、globeをも凌ぐ1990年代後半を代表する国民的グループに成長していった。

当初はインストなど例外を除き、作詞・作曲・編曲は五十嵐が一手に引き受け、デビュー以来ハイペースでシングルリリースを続けてきた。 1999年はプロデュースのための十分な時間を確保したいという五十嵐の思いで、3月の11thシングル「Over and Over」、12thシングル「Someday, Someplace」とベストアルバム『Every Best Single +3』のリリース後はリリースやツアーのない期間を過ごした。 2000年には13thシングル「Pray/Get Into A Groove」、14thシングル「sure」と3rdアルバム『eternity』のリリース後、3月をもって五十嵐がプロデュース活動に専念するために脱退し、メンバーは持田と伊藤の2人になった。「五十嵐はフロントメンバーから脱退し、サウンドプロデューサーになる」と発表されたことから、テレビやライブ出演はせずに楽曲提供を続けるものと思われたが、3rdアルバム『eternity』からシングルカットされた15thシングル「Rescue me (Single Mix)」を除いてこれ以降ELTの楽曲に直接的に五十嵐が関与することは長らく無かった。しかし、それから約9年後の2009年9月23日発売の36thシングル「DREAM GOES ON」、同年11月18日発売の37thシングル「冷たい雨」、2010年2月24日発売の38thシングル「Change」と五十嵐がサウンドプロデューサーとして作曲・編曲を担当している。

五十嵐脱退後は、楽曲の作詞はほぼ全て持田が行っているが、作曲は菊池一仁・多胡邦夫・HIKARIなどの作曲家からの楽曲提供が多くなっている。無論、持田・伊藤が作曲を手がける事もある。またサウンド面でも五十嵐在籍時はシンセサイザーを多用した楽曲が多かったが、五十嵐脱退後はバンドサウンド・アコースティック志向の楽曲が増えてきている。

代表曲のひとつである「fragile」は2001年オリコン年間カラオケチャートで1位を獲得、その後も3年連続年間TOP10入りを果たすなど、一般女性のカラオケの定番曲としても定着している。 女性アーティストの場合ソロ体制が多い邦楽アーティストの中で、このようなバンド(ユニット)体制でデビュー以降10年以上もの活動をしている大変貴重な存在である。また、NHK紅白歌合戦には過去8回連続出場している(1997年 - 2004年)。

メンバー

現メンバー

持田香織(もちだ かおり)
1978年3月24日生まれ。東京都江東区出身。ボーカル、作詞担当。血液型はA型。愛称はもっちー。幼い頃から芸能活動をやっていた。女性誌の表紙をたびたび飾るなどファッションリーダー的な存在でもある。それに加え独自のファッションもみせている。イラストが得意。詳細は本人の項で記述。
伊藤一朗(いとう いちろう)
1967年11月10日生まれ。神奈川県横須賀市出身。リーダー、ギター、作曲、編曲担当。血液型はA型。愛称はいっくん。
五十嵐が在籍していた頃は地味な存在であったが、近年はその独特のキャラクターでボーカルの持田に勝るとも劣らない人気がある。

元メンバー
五十嵐充(いがらし みつる)
1969年5月17日生まれ。神奈川県横浜市出身。リーダー、サウンドプロデューサー、キーボード、作詞・作曲・編曲を担当。
血液型はA型。愛称はイガちゃん。2000年3月リリースの3rdアルバム『eternity』の発表後に脱退。脱退後は15thシングル「Rescue me (Single Mix)」のサウンドプロデュースしていたのみで、その後はELTとは、一切制作に関わっていなかったが、2009年9月リリースの36thシングル「DREAM GOES ON」で9年振りにサウンドプロデュースを行い、また2010年発売の9thアルバム『CHANGE』の制作に10年振りに参加した。
2002年〜2005年までバンドday after tomorrowのサウンドプロデューサーを務め、現在は男性4人組バンドRUSHMOREのリーダー兼サウンドプロデューサーとして活躍中。
(Wikipediaより引用)

『Every Best Single +3』(エヴリ・ベスト・シングル プラススリー)は、日本の音楽グループEvery Little Thingが1999年3月31日に発売した1枚目のベストアルバムである。

デビューシングル「Feel My Heart」から12thシングル「Someday, Someplace」までのシングルA面曲(「Never Stop! (27hours Version)」を除く)が収録されている。

一見、シングル曲はリリース順に収録されているようだが、五十嵐の意向で「Face the change」と「Time goes by」、「Over and Over」と「Someday, Someplace」の順番が入れ替わっている。

また、ボーナストラックとして「キモチ」とインスト2曲の合わせて3曲が入っている(タイトルの「+3」はここから)。
(Wikipediaより引用)
Every Little Thing
Every Best Single 2
『Every Best Single 2』(エヴリ・ベスト・シングル ツー)は、日本の音楽グループEvery Little Thingが2003年9月10日に発売した2枚目のベストアルバムである。

13thシングル「Pray/Get Into A Groove」から24thシングル「ファンダメンタル・ラブ」までのシングルA面曲(「Get Into A Groove」、「Smile Again」、「JIRENMA」、「愛の謳」、「ルーム」を除く)がリリース順に収録されている。

4thシングル「For the moment」、5thシングル「出逢った頃のように」がアコースティックにアレンジ、新録音されて収録。

初回限定盤のみDVD付き。(Wikipediaより引用)

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm