このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/男性VO/ポップス

Elton John
エルトン・ジョン(イギリス)
Too Low For Zero
17作目
1969年にソロ・デビュー。1970年の「僕の歌は君の歌』(Your Song)」のヒット以降、コンスタントに活動を続け、現在までに全世界で2億5000万枚以上のアルバム・セールスを記録している、世界で最も成功した男性ソロ・アーティストの一人である。ほぼ作曲専門で、作詞は1968年のデビュー以降その多くを盟友バーニー・トーピンが手がけている。芸名はソロ・デビュー前に参加したバンド、ブルーソロジーのメンバーだったエルトン・ディーン(Elton Dean、キース・ティペット・グループを経てソフト・マシーンに加入)とロング・ジョン・ボルドリー(Long John Baldry)の二人の名前から取ったものである。
1970年代前半に彼の人気は全盛期を迎えた。1972年の『ホンキー・シャトー』以降、アルバムセールスは7枚連続全米首位を記録し、1975年には『キャプテン・ファンタスティック』で全米ビルボードのアルバムチャート史上初の初登場1位を記録するなど、この時期に数多くの快挙を成し遂げている。活動休止期間を経て、トーピンと一時期決別してからは不遇の時代が続いたが、一方で1986年にはディオンヌ・ワーウィックらとのデュエット曲「愛のハーモニー」で初のグラミー賞を受賞している。80年代後半から90年代前半にかけては、喉の病気やアルコール、薬物依存症などに苦しみながらも、音楽活動と並行してチャリティーにも精力的に取り組むようになる。その後は復調し、映画『ライオン・キング』のサントラなど数多くの仕事で成功した。1997年には、旧作の詞の一部を差し替え、事故死したダイアナ妃に捧げたシングル「キャンドル・イン・ザ・ウインド 1997/ユー・ルック・トゥナイト」が全世界で3700万枚以上を売り上げるシングル史上最大のヒット曲となる。この記録は2008年1月現在も破られていない。1998年2月24日には長年の功績を称えられ、ポピュラー音楽の音楽家としては3人目となるナイトに叙勲された。
彼の音楽性は、しばしば同様にピアノマンの異名を持つビリー・ジョエルと比較される。彼等は近年頻繁にジョイント・コンサートを行っている。また、彼は両性愛者であることで知られる。1984年にドイツ人の女性と結婚したが、4年後に離婚。2005年には男性の恋人と再婚して大きな話題を呼んだ。(Wikipediaより引用)

70年代後半〜80年代前半、特に本アルバムの前、エルトン・ジョンは長期低迷期にありましたが、「I'm Still Standing」が全米TOP20と久しぶりのヒットを記録、続く「Kiss The Bride」、「I Guess That's Why They Call It The Blues」のヒットで見事に復活を遂げます。まあ、常に全盛期のイメージと比較されることの多い彼ですが、全盛期と比較すると、アルバム・セールスは1980年代の後半には大きく伸び悩んだようです。(その後、1990年代に入ると薬物とアルコール依存症、過食症の治療のため入院、更生施設への入居と精神的にも不安定な時期に入っていきます。)
ある意味、彼のキャリア上節目にあたる本作ですが、「I'm Still Standing」のヒット以外は地味な印象が強いですね。全体的にも暗めの曲が多いのですが、楽曲はなかなか粒ぞろいで、アルバム通して聴けるいい作品だと思います。美しくてせつないバラード「Cold As Christmas」「Saint」「One More Arrow」には胸が締めつけられそうになります。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm