このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/男性VO/ポップス

Duran Duran
デュラン・デュラン(イギリス)
Rio
2作目
Duran Duran(デュラン・デュラン)は、1978年、イギリスのバーミンガムにて結成。 1980年代前半のニューロマンティックといわれるムーブメントやMTVブームの火付け役。 バンド名はジェーン・フォンダが主演したSF映画『バーバレラ』(1968年)で登場する悪役「デュラン・デュラン(Durand-Durand)博士」より。(Wikipediaより引用)

本作は1982年発表。デュランデュランはこのアルバムの大ヒット(英2位・米6位)で一躍スターダムにのし上がります。
彼等はルックスの良さとビジュアル的なイメージがMTV世代に大ウケしましたね。アイドル・バンドに実力が無いとは限らないのですが、ルックスだけのイメージは本人達もさぞ不本意だったことでしょう。「Rio」「Hungry Like The Wolf」「Save A Prayer」等、楽曲のクオリティは高いのは言うまでもありません、とにかく80年代の洋楽はサビメロが印象的で聴きやすくわかり易かったですねえ。ちなみにアルバムジャケットの女性は パトリック・ナーゲルと言う方の絵だそうです。
洋楽/男性VO/ポップス

Duran Duran
デュラン・デュラン(イギリス)
Seven And The Ragged Tiger
3作目
本作は1983年発表。 英1位・米8位

今作は、わずか35歳で亡くなったアレックス・サドキンが手がけた最後のデュラン・デュランのアルバムで、ニュー・ロマンティック・ムーヴメントとしてもピークの作品。80年代のバブリィな雰囲気全開のサウンドがなんともいえませんな。次作以降はファンキーな色合いが強くなるので、デュラン・デュランの中で最もダンス・ポップ色が濃い作品だといえると思います。”フレフレフレフレフレックス!”でおなじみの「The Reflex」「New Moon On Monday」他、わかり易くて聴きやすい曲が多い分、飽き易いアルバムといえるかもしれません。メンバーの化粧顔にも時代を感じますね。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm