このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/男性VO/HM・HR

Def Leppard
デフ・レパード(イギリス)
Pyromania(炎のターゲット)
3作目
デフ・レパード (Def Leppard) は1980年代はじめにアイアン・メイデン、サクソンなどとNWOBHM (New Wave Of British Heavy Metal) ムーヴメントの中心的存在となった(彼ら自身はNWOBHMバンドに括られることを嫌っている)イギリスのトップバンドのひとつで、アルバム総売上は6500万枚を超える(うち3500万枚はアメリカでの売り上げ)。「炎のターゲット」、「ヒステリア」の空前の大ヒットにより、80年代の最もセールスの多いロックバンドのひとつとなった。現在でもボン・ジョヴィ (Bon Jovi) 、モトリー・クルー (Motley Crue) 、エアロスミス (Aerosmith) 、アイアン・メイデン (Iron Maiden) 、キッス (Kiss) 、ジューダス・プリースト (Judas Priest) 、メタリカ (Metallica) 、AC/DCなどと並んでメジャーな現役ハードロック・ヘヴィメタルバンドのひとつである。また、「VH1の最も偉大なハードロックバンド」において31位を獲得した。
バンドは1977年にシェフィールドで結成されたアトミック・マス (Atomic Mass) が母体で、1978年にデフ・レパード結成。ちなみに初期のバンド名のスペルは DEAF LEOPARD だったが、「耳の不自由な豹」という名前が当時隆盛のパンク・バンドに間違われることを嫌い、DEF LEPPARD と改名した。
1980年に1stアルバム『オン・スルー・ザ・ナイト』 (On through the Night) でレコードデビューを果たした。1981年には2ndアルバム『ハイ・アンド・ドライ』 (High 'N' Dry) を発表した。
1982年にピート・ウィリス (G) が脱退。メンバーと旧知であった元ガール (Girl) のギタリスト、フィル・コリンが加わり、3rdアルバム『炎のターゲット』 (Pyromania) を発表し、その地位を確立した。『炎のターゲット』はマイケル・ジャクソンの『スリラー』が居座っていたため全米1位は獲得できなかったが、それに次ぐ全米2位を記録し、現在では全世界で1000万枚以上を売り上げている。
1984年12月31日、リック・アレンが交通事故で左肩を切断してしまう。すでに新作の製作が始まっており、ドラマーである彼及び、団結力の強いデフ・レパードにとっては絶望的とも言えるピンチとなった。サブドラマーを加入させる案もあったが、片腕でも演奏できる特殊なドラムセットが彼に与えられ、彼自身の努力と腕の良さもあって、復帰に成功した。プロデューサー問題でしばらく揺れていた彼らであったが、結局、前作と前々作と同じく彼らにとっての最高のプロデューサーマット・ラングを迎え、1987年8月3日に4枚目のアルバム『ヒステリア』 (Hysteria) を発表した。このアルバムは全曲シングルカット可能と言ってもいい程の出来の良さに加え、MTVを発端としたHR/HMブームにも乗り、全世界で1600万枚を売り上げている。このアルバムからは『ラヴ・バイツ』 (Love Bites) が全米シングルチャート1位を記録したほか『シュガー・オン・ミー』 (Pour Some Sugar on Me)、 『アーマゲドン』 (Armageddon It) の2曲も全米シングルチャートのTOP3にチャートインし、この『ヒステリア』からは計6曲のヒットシングルが生まれた。これは現時点でハード・ロック・バンドが発表した1枚のアルバムからのシングルヒット曲数において1位である。
1991年1月8日にギタリスト・スティーヴ・クラークが死亡した。死因はアルコールと薬物(精神安定剤と鎮痛薬)の過剰摂取と見られている。メインソングライターであったスティーヴの死により、制作途中であったアルバムの完成が不安視されたが、スティーヴのパートはフィルが埋め、1992年3月30日に5枚目のアルバム『アドレナライズ』 (Adrenalize) を発表した。スティーヴ不在を感じさせない素晴らしい出来となり、ファンを安心させると共に『アドレナライズ』も爆発的にヒットし、15カ国で1位を記録、全世界で700万枚以上売り上げた。
そのまま4人で活動を続けるかとも思われていた彼らだったが、元ディオ (Dio) 、ホワイトスネイク (Whitesnake) のギタリスト、ヴィヴィアン・キャンベルを加入させ5人で再スタートを切ることとなった。翌年の1993年にはB面曲、未発表曲等を集めたアルバム『レトロアクティヴ』 (Retro Active) をリリースした。
1996年に4年ぶりのスタジオ・アルバム『スラング』 (Slang) をリリースしたが、サウンドがその時代の主流であったダークなオルタナティブ的要素が感じられるものであったため、ファンの間では賛否両論となり、セールス的にも前作や前々作に比べると伸びなかった。
1999年4月にリリースされた『ユーフォリア』 (Euphoria) は、そのタイトルの語尾iaからもわかるように、彼ららしいサウンドが復活しファンを喜ばせた。特別プロデューサーに長年のパートナーであるマット・ラングを迎え制作されたこのアルバムは、セールスこそ全盛期の作品には追いつかないものの、前作の不評を払拭し、デフ・レパード健在を印象づけた。このアルバムからの先行シングル『プロミセス』 (Promises) がヒットし、メインストリーム・ロックのチャートで3週間1位をキープした。
2002年7月には彼らの8枚目となるスタジオアルバム『X』 (X) をリリースした。サウンドは彼ら独特のものであるが、全体的にポップな仕上がりとなっており、外部ソングライターを起用したり、ギターソロが少ないなど従来とは違ったアプローチもある。結果、全米初登場で11位を記録するもすぐにトップ40のチャートから姿を消し、彼らの中で最も売り上げの悪いアルバムとなってしまった。このアルバムのツアーは、彼らと彼らの所属するレコード会社との関係が悪かったために、レコード会社からのサポートを受けずに自費で行った。アルバムの売れ行きとは裏腹に、10000人程度収容できる会場をメインに行われた北米ツアーはほぼ満席で、ツアーは大成功に終わった。
2006年5月23日(日本発売6月28日)にカバーアルバム『Yeah!?イエーイ』 (Yeah!) をリリースした。
2008年4月、10枚目のスタジオアルバム『ソングス・フロム・ザ・スパークル・ラウンジ』 (Songs from the Sparkle Lounge) をリリースし、全米5位、全英10位を記録した。同アルバムからの先行シングル『ナイン・ライヴス』はアメリカのカントリー歌手、ティム・マッグロウがボーカルと作曲で参加している。(Wikipediaより引用)

本作は1983年発表。
当時メチャクチャ聴きました。ノリのいいアップテンポの曲が多いし、”HYSTERIA”にはない勢いがあるので、個人的にはコレが一番好きです。オープニングの「Rock! Rock!」から「Photograph」「Stagefright」の3曲でいっきに引き込まれ、「Die Hard The Hunter」「Foolin'」「Rock Of Ages」で完全にノックアウトされました。細部にまで目配りの効いた緻密な音作りなのにライブ感を失っていないところが素晴らしい。結構多重録音されてるのに音の解像度が高いので躍動感も失っていませんし、曲の配置もいい。アルバムとしてもまとまっている。バンドの個性でもあるコーラスワークもバッチリきまっています。
本作は、マイケル・ジャクソンの”スリラー”が居座っていたため全米1位は獲得できませんでしたが、それに次ぐ全米2位を記録。バンドの出世作となりました。今となってはHM/HRというよりハード・ポップとも聞き取れそうな爽快なロック・アルバム。ブリティッシュ・ハード系バンド独特の哀愁や湿り気はほとんど感じられず、親しみやすいキャッチーな楽曲は良質のアメリカンハードを聴いているよう。次作”HYSTERIA”は違ったタイプのサウンドになりましたので、爽快なロックアルバムとしてはコレが彼等の最高傑作だと思います。
洋楽/男性VO/HM・HR

Def Leppard
デフ・レパード(イギリス)
Hysteria
4作目
本作は1987年発表。
個人的には”Pyromania”の続編を期待していたので1曲目の「Women」がミドルテンポのナンバーだったのは以外だった。ちょうど”Love At First Sting”の続編を期待して聴いたスコーピオンズの”Savage Amusement”を聴いた時の印象といっしょかな。(こんな渋い名作じゃなくてもっと”やんちゃ”なロックアルバムが聴きたかったんだけど・・・。)
なんでも、ドラマーが事故というアクシデントにより片腕となったために、アップテンポのドラムがたたけなくなったため、ミディアムテンポ中心となったそうで、片腕となったドラマーをメンバー全員が一丸となって支えながら作品を作り上げたそうです。
ともかく本作は”Pyromania”とは明らかに違った作風になったため、私のように最初はピンとこなかったファンも多かった。1枚目のシングル「Women」もコケたし、アルバムも当初あまり売れなかった。シングルも「Animal」「Hysteria」「Pour Some Sugar On Me」「Armageddon It」とジワジワ売れていって、「Love Bites」で遂に1位を記録。続く「Rocket」もヒット。(当時はみんな、アルバム全曲シングルにするつもりか!?て思ってた。)アルバムも売れるまで1年はかかったと思う。ホント、噛めば噛むほど味が出てくるスルメアルバムで、この生命力の強さ、飽きのこなさはまるで日本の演歌のよう。 徹底的に多重録音を重ねた緻密な音作り、解像度の高い音質と、ここまで徹底的に練り上げたアルバムはそうはない。恐ろしいほどの完成度で、懐の深いアルバムだと思います。63分という長い収録時間も当時としては異例でしたね。まさに80年代HM/HR界最大のヒット作で産業ハードロックの頂点。1500万枚以上のセールス記録は今後も破られることは無いでしょう。ちなみに、なんで日本ではBon Joviが売れてDef Leppardが売れなかったんだろ?女性ファンのうけがBon Joviより悪かったせい?
洋楽/男性VO/HM・HR

Def Leppard
デフ・レパード(イギリス)
Adrenalize
5作目
本作は1992年発表。
メインソングライターでギターのスティーブ・クラークの衝撃の死からの復活作。
凝りまくった前作とは違い、全体的にコンパクトな曲が多いので、前作のような聴き疲れ感はないです。”Pyromania””Hysteria”の影に隠れて地味な扱いですが、普通のバンドならもっといい評価をされてもいいクオリティの高いアルバムだと思います。確かに以前のような勢いや迫力はありませんが、これはこれでいいと思いますよ。ワクワクする1曲目の「Let's Get Rocked」、キャッチーな「Heaven Is」、美しいコーラスのイントロが印象的な「Tonight」、貫禄のバラード「Have You Ever Needed Someone So Bad」「Miss You In A Heartbeat」と楽曲もなかなか粒揃い。まあ・・・ソツなくできてるんだけど、以前のような一生懸命さは伝わってこないかな。これを貫禄というのかもしれないけど。
洋楽/男性VO/HM・HR

Def Leppard
デフ・レパード(イギリス)
Euphoria
7作目
本作は1999年発表。
「Promises」がツボです。この曲メチャクチャ好きです。コレといって新鮮味はないアルバムなんですが、安心して聴けます。やっぱり貫禄なんでしょうか。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm