このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/男性VO/HM・HR/ハード・コア

Converge
コンヴァージ(アメリカ)
Axe to Fall
8作目
コンヴァージ (Converge) はアメリカ・マサチューセッツ州・ボストンで結成されたハードコア・バンド。1990年結成。

ハードコア/グラインドコアを基礎に据えつつも様々な要素を加えた緻密な楽曲とテクニカルな演奏、喉を振り絞る様なボーカル、抽象的な歌詞を特徴としている。しかし、活動初期においては絶叫ではなくクリーンボイスをふんだんに取り入れた疾走感のある音楽をしていた。

「Dillinger Escape Plan」と共に多くのフォロワーを生み出し、ジャンルの代表格とされている。

CDのアートワークは、プロのデザイナーでもあるボーカルのJacob Bannonが担当している。ポストハードコア・バンドの「ケイヴ・イン」とは旧知の仲で、またサブプロジェクトとしてコンヴァージ、ケイヴ・イン、アイシスのメンバーが参加する「Old Man Gloom」もある。

ディスコグラフィー
フルアルバム

※「When Forever Comes Crashing」と「Petitioning The Empty Sky」の2作品は、2005年にリマスターして再発されている。

1994年 Halo in a Haystack
1997年11月17日 Caring & Killing
1997年1月28日 Petitioning The Empty Sky
1998年4月24日 When Forever Comes Crashing
2001年9月4日 Jane Doe
2004年9月21日 You Fail Me
2006年10月24日 No Heroes
2009年10月20日 Axe To Fall
(Wikipediaより引用)

「Dark Horse」が聴きたくて買いました。(他の曲知らないんでレンタルですまそうと思ったんですが、こういうの、TUTAYAとかにないんで、買うしかないんですよね。。)結論から言うと、買って正解でした。いいアルバムです。
バンド・サウンドは突進型。 ジェイコブの悲鳴のような絶叫・ヒステリックボーカル、 ベン・コラーのパワフルなドラムに野太いベースラインが印象的。1曲目「Dark Horse」、2曲目「Reap What You Sow」はかなりのハイテンション。ダイナミックで強烈な推進力でグイグイ聴き手を圧倒。40分強の収録時間にコンパクトな楽曲が詰まっていて、一気に疾走していきます。ラストの曲がスローでまた不気味ですが、適度な重さがあるのもイイですね。それにしても、かなり硬派な音なのに聴きやすいから不思議だ。。
ちなみに「Axe To Fall」は意訳して最終決断の意味。
ジェイコブの芸術作品のようなジャケットのアートワークも見事。多才だな・・この人。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm