このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/男性VO/HM・HR/プログレッシヴ・メタル

Circus Maximus
サーカス・マキシマムス(ノルウェー)
Isolate
2作目
バンド名の”サーカス・マキシマムス”は古代ローマの大競技場チルコ・マッシモ(Circo Massimo)のラテン語表現だそうですが、バンド名にした理由はTVゲームに出てきた”サーカス・マキシマムス”という響きが気に入ったからだそうです。
1st”The 1st Chapter”が一部の輸入盤ファンの間で評判になったため、2007年日本デビュー作のこの2ndはかなり話題になりましたね。DREAM THEATER以降これといったフォロワーが出てこなかったために閉塞感が漂っていたプログレ界期待の新星という事で、大変注目を集めました。バンド・サウンドはテクニカルなギターと変拍子を正確に刻むドラム、メロディアスなキーボード、KAMELOTロイ・カーンやQUEENSRYCHEジェフ・テイトを彷彿させる表現力豊かなマイケル・エリクセンのボーカルが見事に融合したもの。プログレ・バンドという事で、どの曲も展開力が素晴らしく、大変凝ったつくりになっています。アレンジ・センスのいい楽曲と、ところどころ顔を出すキャッチーなフレーズがなんとも言えず、DREAM THEATERを連想させますね。アルバム前編を通して高いテンションを保っており、万人受けのするジャンルではないですが、「Abyss」他、聴きやすい曲が多いので一般の洋楽ファンでもかなり楽しめる内容だと思います。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm