このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/男性VO/HM・HR/メロデス

Children Of Bodom
チルドレン・オブ・ボドム(フィンランド)
Hatebreeder
2作目
チルドレン・オブ・ボドムは北欧系デスメタルの系統に入るが、デスヴォイスに、アレキシのギターとヤンネのキーボードの速弾きを中心にしたリフやソロが上に載るスピード感のあるクラシカルなメロディックデスメタルの楽曲を発表している。通称チルボド、COB。
1993年に結成されたINEARTHEDがバンドの原形になっている。中心メンバーは、アレキシ・ライホ(Vo/g)とヤスカ・ラーチカイネン(Dr)。バンドがデビューする時にチルドレン・オブ・ボドム(CHILDREN OF BODOM)に改名した。初期のメンバーは安定してなかったが、 ヤンネ・ウィルマン(Key)が加入する事で一応の安定を見る。
1997年、スパインファーム・レコードと契約し、アルバム、『Something Wild』でデビュー。その中からシングルカットされた「Children Of Bodom」は、フィンランドのレコードチャートで10週連続1位を獲得した。
1999年に川崎クラブチッタと大阪で行われたスウェーデンのメロディックデスメタルバンドイン・フレイムス(IN FLAMES)のライブのサポートバンドとして、日本でライブを行っている。そのライブスタイルは、速弾き主体でアンサンブルが崩れがちだがパワフルでスピード感にあふれるモノであった。
2001年には、ダーク・トランキュリティ(DARK TRANQUILLITY)と共に再来日している。
2003年、アレクザンダー・クオファラがツアーに対する疲れにより脱退。その後、元ストーン、ワルタリのギタリストで、アレキシと共にシナジーに在籍しているローペ・ラトヴァラをサポートに迎え活動を継続。当初、アレキシは「2つのバンドでギタリストが同じ」ということに疑問を持っていたことを話していたが、ミュージシャンとしてだけでなく人間的な面でもバンドに合っているということで、2004年にローペが正式なメンバーになる。
2006年10月に日本のヘヴィメタル・フェスティバル「LOUD PARK 06」への出演を行った。(Wikipediaより引用)

本作は1999年発表。
捨て曲がまるで見当たらない名盤です。デス・メタル系にしては軽く感じますが、爽快な疾走感とテンポのよさはまるでメロ・スピ聴いてるよう。クラシカルで美旋律満載。クサくなり過ぎない大げさ加減、キラキラキーボードがたまりませんな。アレキシの作曲能力の非凡さがうかがえます。お勧め曲は全曲です。
洋楽/男性VO/HM・HR/メロデス

Children Of Bodom
チルドレン・オブ・ボドム(フィンランド)
Are You Dead Yet
5作目
本作は2005年発表。
実は前作聴いてないんですよ。今作は周りの反応がいまいちだったので、あんまり期待しないで聴きました。全体的にキラキラキーボードと疾走系の曲が少なく、グルーヴィーでストレートな曲が多いですね。確かに派手な曲は少ないと思いますが、アルバムの内容自体は思ってたより全然いいです。「Living Dead Beat」なんて結構好きです。アメリカ進出を目指しているので、イン・フレイムスやソイルワーク同様どんどんモダン化していくのは仕方ないでしょう。メロディ・センスは相変わらず素晴らしいです。曲に関しては若干小粒感があるので、もう2、3曲キラーチューンがあれば、ファンの評価も変わったのかもしれません。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm