このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/女性VO/ポップス

Celine Dion
セリーヌ・ディオン(カナダ)
A Decade Of Song
ベスト盤

セリーヌ・ディオン(Celine Мarie Claudette Dion)は、カナダのシンガーソングライターである。1990年代に英語圏でキャリアを始める以前、1980年代前半にフランス語圏のシンガーとして活動を開始した。
幼少より類まれな才能を発揮し、12歳で現在の夫であり、音楽マネージャーのレネ・アンジェリルと出会う。アンジェリルは彼女の才能と歌声に惚れ込み、自宅を担保としてデビューアルバムの発売資金を調達する。音楽はポップス、ロック、ソウルの他に、ゴスペル、クラシックなど幅広いジャンルに影響されていて、ファンや評論家には彼女自身の声、歌詞の持つ本来の意味を歌い上げる能力などが高く評価されている。 1990年代には、『Because You Loved Me』『It's All Coming Back To Me Now』や、1997年公開の映画『タイタニック』の主題歌になった『My Heart Will Go On』の世界的大ヒットなどで、セリーヌ・ディオンは英語圏、フランス語圏におけるポピュラーミュージック界の大御所となった。 1999年から個人的な理由(出産、夫の看病など)により一時キャリアを休止するが、2002年にはアルバム『A New Day Has Come』で復帰。2003年から2007年12月15日には、ラスベガスのシーザーズ・パレス・ホテルにて『A New Day... Live in Las Vegas』という定期公演を行った。2008年2月14日から10年ぶりとなるワールドツアー『Taking Chances』が行われる予定。

生い立ちから見てもわかるように、世界的に有名なフランス語を母語とするケベック州出身のカナダ人ではあるが、ケベック州の独立に関しては反対の立場をとっている。

1981年に発売されたフランス語のファーストアルバムにより、瞬く間にケベックにおけるトップスターの地位を獲得する。ちなみにファーストアルバム発売ののち数多くのツアーの誘いがあったにもかかわらず、「この才能をつぶすわけにはいかない」という理由でアンジェリルは全ての依頼を断り、破産宣告を受けている。
1982年「第13回ヤマハ世界歌謡音楽祭」出場のために初来日し金賞に輝いた。1984年にはパリのオランピア劇場に最年少で出演、1988年のユーロビジョン・ソング・コンテストでスイス勢として32年ぶりの優勝するなど、数多くの国際コンテストを総なめにした。
1991年に初の英語アルバム『Unison』を発売し、世界的スターへの道を歩み始める。アトランタオリンピックの開会式で『The Power Of The Dream』を歌い、『美女と野獣』『タイタニック』など数多くの映画にサウンドトラックを提供し、地位を不動のものとした。

1994年、初の来日公演。
日本ではフジテレビのドラマ『恋人よ』の主題歌に使われた『To love you more』が130万枚以上を売り上げる大ヒットとなった。この曲にはクライズラー&カンパニーも参加していた(この縁で1996年からのワールドツアーに葉加瀬太郎が参加)。
1995年に発売されたフランス語アルバム『D'eux(フレンチアルバム)』がフランス国内で400万枚を超える売上となり、歴代最高売上記録となる。この功績により翌年1996年にフランス政府より芸術文化勲章を授与される。
1997年、2度目の来日公演、全国6都市10公演のアリーナツアー。
1998年、ケベック国家勲章(National Order of Quebec)、カナダ勲章(Order of Canada)を受勲。
1999年、3度目の来日公演、全国3都市5公演のドームツアー。ベストアルバム『ALL THE WAY... A Decade Of Song』発売と同時に活動休止を発表。
2003年、ラスベガスのシーザーズ・パレス・コロセウムで長期公演A New Dayスタート。
2005年1月6日、セリーヌ・ディオンは、スターの名前を刻んだハリウッド名声の歩道(The Hollywood Walk of Fame)に2244人目の仲間入りをした。 この時の全世界でのセールスは1億5千万枚。
2007年11月7日、アルバム『Taking Chances』を日本先行でリリース。2008年には9年ぶりとなる4度目の来日公演(東京・大阪で全4公演のドームツアー)が決定している。(Wikipediaより引用)


コレは鉄板ですね。ベスト盤にありがちな”なんであの曲が入ってないの?”という事もないし、大方の方が聴きたい曲は全部入っているのではないでしょうか。曲数も多いし、良心的なベスト盤だと思います。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm