このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
Bonham
ボーナム
The Disregard Of
Timekeeping
ジェイソン・ボーナム(Jason Bonham、1966年7月15日 - ) はイギリスのドラマー。父は、レッド・ツェッペリンのドラマーだったジョン・ボーナム。

ボーナムは、1966年に、イングランド中部ウスターシャーのダドリー(Dudley)で、父ジョン・ボーナムとその妻パット・フィリップスの長男として生まれた。ドラムを始めたのは4歳で、映画『レッド・ツェッペリン狂熱のライヴ』の中では、父と一緒に登場し、小さなドラム・キットを演奏している場面がある[1]。17歳のとき、最初のバンド Airrace に参加。1985年には、ヴァージニア・ウルフ(Virginia Wolf)に参加し、2枚のアルバムを作り、ザ・ファーム (The Firm)のサポートとして米国をツアーした。

1988年、ボーナムは、レッド・ツェッペリンのギタリストだったジミー・ペイジのアルバム『アウトライダー』(Outrider)と、その後のツアーに参加した。同年5月に、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで開催されたアトランティック・レコード40周年記念(Atlantic Records 40th Anniversary)コンサートでは、存命のメンバー3人とともに登場して演奏した。ジョン・ポール・ジョーンズは、このときのボーナムの演奏は大変素晴らしかったと述べたという。

1989年、ボーナムはモスクワ平和音楽祭(Moscow Music Peace Festival)に特別ゲストとして参加し、出演していた当時のロック・スターたちと一緒に、レッド・ツェッペリンの「ロックン・ロール」を演奏した。同年、ボーナムは自らの名を冠したバンド「ボーナム」を結成し、レッド・ツェッペリンの影響が色濃いファースト・アルバム『The Disregard of Timekeeping』を発表、「Wait for You」がシングル・ヒットとなった。しかし、1992年のアルバム『Mad Hatter』は芳しくない評判に終わると、バンドは解散し、ボーナムはセッションの仕事とゲスト出演に専念するようになった。

1990年、ボーナムはウスターシャーのキダーミンスター(Kidderminster)で、ジャン・チャータリスと結婚した。披露宴では、ジミー・ペイジ、ロバート・プラント、ジョン・ポール・ジョーンズとのジャムが行われた。ボーナムには子どもが2人おり、息子はジャガー(Jager、ミック・ジャガーにあやかった名ではなく綴りも違う)、娘はジャズ(Jaz)という。

ボーナムは、ポール・ロジャースの1993年のアルバム『マディ・ウォーター・ブルース』(マディ・ウォーターズへのトリビュート・アルバムで、グラミー賞にノミネートされた)でドラムを叩き、翌1994年には、スラッシュ、ポール・ロジャースとともに、ウッドストック'94(Woodstock '94)のステージに上がった。この頃、ボーナムは自身のバンドを再編し、ダニエル・マクマスター(Daniel MacMaster)に代えて、新たにマーティー・フレデリクセン(Marti Frederiksen)をヴォーカルに迎えた。バンド名もマザーランドと改め、アルバム『Peace 4 Me』を1994年の遅い時期に発表した。そうした中でも、ボーナムはいつも飾り気のない性格で、ある時、ボーナムの地元で活動するレッド・ツェッペリンのトリビュート・バンド Fred Zeppelin のステージに登場し、アンコールでドラムを叩いた。

1995年、レッド・ツェッペリンがロックの殿堂入りを果たした時には、父の代役として妹ゾー(Zo?)とともに式典に出席した。ボーナムは、ソロ活動を再開し、レッド・ツェッペリンの曲をフィーチャーしたアルバム『In the Name of My Father - The Zepset』の発表に至る。このアルバムの収益はチャリティに回された。続いてアルバム『When You See the Sun』が発表された。

1999年から2003年まで、ボーナムはヒーリング・シックシズ(Healing Sixes)でドラムを叩き、2001年にはマーク・ウォールバーグ主演の映画『ロック・スター』(]Rock Star)に出演した。映画の中の架空のバンド、スティール・ドラゴン(Steel Dragon)は、作中に出てくる曲やサウンドトラックのレコーディングを実際に行った。2002年にヒーリング・シックシズのアルバム『Enormosound』が発表され、叔母デビー(Deborah Bonham)とのツアーを行った後、ボーナムはハード・ロック・グループUFOのドラムに招かれ、2004年のアルバム『ユー・アー・ヒア』(You Are Here)に参加した。2004年以降は、フォリナーのライブでドラムを叩くようになり、2008年までそれが続いた。2006年には、ジョー・ボナマッサのアルバム『ユー・アンド・ミー』(You & Me)に参加している。

2006年5月、ボーナムは、VH1のリアリティ番組『SuperGroup』に、テッド・ニュージェント、バイオハザード(Biohazard)のエヴァン・セインフィールド(Evan Seinfield)、スキッド・ロウのセバスチャン・バック、アンスラックスのスコット・イアン(Scott Ian)とともに出演した。彼らは、FIST、God War、Savage Animalなどの候補から、Damnocracy というバンド名を選び、ショーを行うことになった。彼らはラスベガスの大邸宅で12日間生活し、音楽を作っていった。

2007年9月12日、ジェイソン・ボーナムは、アーメット・アーティガン・トリビュート・コンサート(Ahmet Erteg?n Tribute Concert)で、父に代わってドラムを演奏することを発表した。2007年12月10日にロンドンのO2アリーナで行われた、前年に亡くなったアトランティック・レコードの創設者アーメット・アーティガン(Ahmet Erteg?n)を追悼するオール・スター・トリビュートで、ボーナムはレッド・ツェッペリンの一員としてドラムを演奏した。この時、ボーナムは、役割にふさわしい働きを見せただけでなく、父の伝統を素晴らしい形で継承したと多くの論者から評価された。

その後、ボーナムはロック・バンド、サンダー(Thunder)の解散ツアーに参加し、ブラック・カントリー(Black Country)という新しいバンドに取り組んでいる。
(Wikipediaより引用)

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm