このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
洋楽/男性VO/ポップス

Barry Manilow
バリー・マニロウ(アメリカ)
The Manilow Collection Classic Hits
ベスト盤
バリー・マニロウは、ポピュラー音楽の歌手、ピアニスト・作曲家・アレンジャー・プロデューサー。本名バリー・アラン・ピンカス(Barry Alan Pincus)。ニューヨーク市ブルックリン出身のロシア系ユダヤ人。
代表曲は「哀しみのマンディ」、「歌の贈りもの」(この2曲は全米No.1)、「コパカバーナ」。
2007年4月現在、全世界で通算7,500万枚以上のセールスを記録。1978年には5枚のアルバムがベストセラーとなった。この記録はフランク・シナトラとジョニー・マティスの記録に匹敵する。シングルがビルボードトップ100にランクインし、アルバムの売り上げが200万枚を記録し、ラジオ&レコーズのナンバー1アダルト・コンテンポラリー・アーティストと呼ばれ、3年連続でアメリカン・ミュージック・アウォーズのFavoritePop/Rock Male Artistを受賞した。
1970年代にフランク・シナトラから「次に来るのは彼だ」と言われ、1988年のパーティーの際にボブ・ディランから抱擁を受け「あなたがしていることを止めないでくれ。我々はあなたの影響を受けている。」と言われ、アーセニオ・ホールからはトークショーのお気に入りゲストとして挙げられマニロウの作品は賞賛に値すると言われるなど、多くの著名人から高く評価されている。
マニロウはベット・ミドラー、ディオンヌ・ワーウィック、ローズマリー・クルーニーなどのアルバムをプロデュースした。またミュージカルと映画のための曲も書いている。 2005年2月からラスベガス・ヒルトンで長期公演「ミュージック・アンド・パッション」を行っている。(Wikipediaより引用)

私の中でバリー・マニロウはバラードの人です。
「Mandy」「Can't Smile Without You」「Ready To Take A Chance Again」「Looks Like We Made It」「Even Now」「I Write The Songs」「Could It Be Magic」「One Voice」が最高です。中学生の頃、バリー・マニロウを聴いているとダサいと思われそうで、隠れて聴いていた隠れマニロウファンです。このベスト盤、選曲は好きなのですが、音質が悪いのがちょっと残念。。

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm