このサイト(CDレビューのページ)のトップページへ
このサイト(黒門市場やすい)のメインホームページへ
邦楽/男性VO/ポップス

ASKA(日本)
SCENE
1979年、高校時代からの友人CHAGEと共に、チャゲ&飛鳥(現:CHAGE and ASKA)としてシングル「ひとり咲き」でデビュー。

1980年代後半以降CHAGE and ASKAの活動と並行してソロ活動を開始し、ソングライターとして様々なシンガーに楽曲も提供。光GENJIに提供した『STAR LIGHT』『ガラスの十代』『パラダイス銀河』の立て続けの大ヒットによりその名を不動のものとした。その最中の1987年、シングル『MY Mr.LONELY HEART』でソロデビューをし、ソロ活動を本格化させた。またチャリティーグループUSED TO BE A CHILD名義での『僕らが生まれた あの日のように』、リチャード・マークスとのコラボレーション楽曲『Every Day Of Your Life』のリリース、ハリウッド映画『Judge Dredd』のEDテーマ曲『TIME』の担当など多方面に進出している。自身のソロとしての代表作には、『はじまりはいつも雨』(1991年、ミリオンセラー)や『晴天を誉めるなら夕暮れを待て』(1995年)などがある。幾つかのドラマにも出演している。

1997年、自身初のソロ・コンサートツアーを実施し、上海では初の中国公演も行った。翌1998年もソロ活動を継続し、ロックとクラブ・ミュージックを融合させた先鋭的なアルバム『kicks』を発表するなど、新たな一面を見せた。

2005年、およそ6年ぶりに本格的にソロ活動に入る。秋には7年ぶりのアルバム『SCENE III』を発表し、12月より翌年3月まで5年ぶりのコンサートツアー「ASKA CONCERT TOUR 05>>06 My Game is ASKA」を行う。

2006年、つま恋(静岡県掛川市)で開催された環境問題をテーマにBank Bandの主催する「ap bank fes'06」にソロとして出演。櫻井和寿とともに『同じ時代を』などを共演。また、2008年の「ap bank fes'08」にもソロとして出演した。

2008年4月から「ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008 "SCENE"」をEsplanade Concert Hall(シンガポール)・Thailand Cultural Centre(タイ)、上海東方芸術中心(中国)、大阪城ホール、マリンメッセ福岡、日本武道館、日本ガイシホール、真駒内セキスイハイムアイスアリーナ、香港カルチャーセンター(「ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008 “SCENE” REPLAY」)で行う。

2009年1月、互いのソロ活動の充実のために、CHAGE and ASKAとしての活動の無期限休止を発表。3月から7月上旬にかけて、3年ぶりとなるソロ全国ツアー「ASKA CONCERT TOUR 2009 WALK」を公演。また、12月にはクリスマス・コンサート「THE MELODY YOU HEARD THAT NIGHT 昭和が見ていたクリスマス」を行った。

2010年2月にはセルフカバー・アルバム『12』を発表し、東京厚生年金会館で10daysコンサート「グッバイ&サンキュー東京厚生年金会館 -ここにあなたの足跡を-」を行った。

2010年3月、KANのアルバム『カンチガイもハナハダしい私の人生』にて、KANとの初コラボレーション作品となる『予定どおりに偶然に(with ASKA)』を発表。

名前の由来

高校時代、好きだった女の子に振られ、その子が好きだったラジオのDJの名前が「飛鳥」であった。そのDJは女性のように美しいシルバーのロングヘアーであり、その彼の名前を借りて、飛鳥と名乗った。以前、同じ番組に出演したこともある。 涼と付けたのは本人のインスピレーション。「最初は“飛鳥良”だったが“涼”のほうが字面がいいので変えた」と過去のファンクラブ会報でコメントしているが確かな由来は不明である。

英語表記はRYO ASUKAだったが、1989年の渡英時に現地のアーティストに「イギリス人はアシュカと読んでしまう」と指摘され、RYO ASKAに変更した(「いすゞ・アスカ」も同様の理由で英語表記ではUを抜いている)。ユニット名もそれに従いCHAGE&ASKAに。1991年以降、ソロのときも正式表記をASKAとした。作詞・作曲者名クレジットなどは飛鳥涼のままであったが、2001年より全クレジットをASKAに改名した。

ディスコグラフィー
◆は海外盤。▼はアナログ盤。★はミリオンセラー。

シングル
オリジナルシングル


MY Mr.LONELY HEART (1987年9月21日)▼ c/w「大人じゃなくていい」
MIDNIGHT 2 CALL (1988年7月21日) c/w「夢はるか」
はじまりはいつも雨 (1991年3月6日)★ c/w「君が愛を語れ」
晴天を誉めるなら夕暮れを待て (1995年1月1日) c/w「オンリー ロンリー」
ID (1997年2月5日) c/w「風の引力」
ONE (1997年4月28日) c/w「着地点」「こんなふうに」
Girl (1998年3月11日) c/w「花は咲いたか」
good time (2000年7月12日) c/w「judge by myself」「good life (instrumental featuring "good time")」
心に花の咲く方へ (2003年12月17日)
UNI-VERSE (2008年10月1日) c/w「草原にソファを置いて」「月が近づけば少しはましだろう」「PLEASE」
カップリング曲の3曲は『ASKA SYMPHONIC CONCERT 2008 "SCENE"』シンガポール公演のライブ音源。
あなたが泣くことはない (2009年2月25日) c/w「L&R」
2009年1月1日より着うたで先行配信。
コラボレーション・シングル
僕らが生まれた あの日のように (1993年2月19日)(USED TO BE A CHILD)
Every Day Of Your Life (1997年1月22日)(Richard Marx with Aska) c/w「CAN'T HELP FALLING IN LOVE」「TAKE IT TO THE LIMIT」

アルバム
オリジナルアルバム


SCENE (1988年8月21日)
SCENE II (1991年6月05日)★
NEVER END (1995年2月27日)
ONE (1997年3月12日)
kicks (1998年3月25日)
SCENE III (2005年11月23日)

カバーアルバム

STANDARD (2009年11月25日)
セルフカバーアルバム 
12 (2010年2月10日)
ベストアルバム他
飛鳥〜飛鳥涼作品集 (1997年1月25日)◆
ASKA the BEST Selection 1988-1998 (1999年3月31日)
1988年のソロデビューから1999年までに発表したソロ楽曲から14曲収録した初のベスト盤。
SCENE I & II limited edition (2005年11月23日)
『SCENE III』リリースに伴い過去の「SCENE」2作をリマスターしてジャケットを新たにボックスセットにした再発盤。1997年版「はじまりはいつも雨」PV収録DVD付き。2006年4月30日までの期間限定生産。
SCENE of SCENE 〜selected 6 songs from SCENE I,II,III〜 (2006年1月18日)
過去にリリースされた「SCENE」シリーズ3枚からそれぞれ2曲ずつ収録したセレクトベスト盤。2006年4月30日までの期間限定生産。初回盤には「愛温計」のPV(女優の細川直美が出演)収録DVD付き。
PC配信限定アルバム
ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008 "SCENE" at The Bay(Singapore) (2008年11月1日)
『ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008 "SCENE"』のシンガポール公演の音源。全17曲収録(iTunes Store ,mora, mora winのみ全曲配信)。

VHS

共謀者 ID (1997年8月7日)(※ファンクラブ限定)
ASKA concert tour kicks (1998年9月30日)
Reframing (2003年12月25日)(※ファンクラブ限定)
ASKA CONCERT TOUR GOOD TIME (2004年1月28日)

DVD

共謀者 ID (2001年1月1日)
Reframing (2003年12月25日)(※ファンクラブ限定)
ASKA CONCERT TOUR GOOD TIME (2004年1月28日)
ASKA Concert Tour 05>>06 My Game is ASKA (2006年7月26日)
ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008 "SCENE" (2009年2月25日)
ASKA CONCERT TOUR 2009 WALK (2009年11月25日)
ASKA THE MELODY YOU HEARD THAT NIGHT 昭和が見ていたクリスマス (2010年3月24日)

書籍

オンリー・ロンリー (1984年11月15日、サンリオ出版) ISBN 4-387-91235-9
けれど空は青〜飛鳥涼論 (著:石原信一、1990年11月21日、八曜社) ISBN 4-8270-0109-X
けれど空は青〜飛鳥涼論 文庫版 (著:石原信一、1993年4月10日、角川書店) ISBN 4-04-186801-7
インタビュー (1996年11月25日、幻冬舎) ISBN 4-87728-136-3
主な提供曲

歌手名・曲名ともに五十音順表記とする。
★はセルフカバーもされている曲。

明石家さんま
TEKU TEKU (作詞、作曲)★ → CHAGE and ASKA『MIX BLOOD』に収録。

岩崎宏美
love is alive(作詞、作曲)

荻野目洋子
DEAR 〜コバルトの彼方へ〜(作曲)

織田裕二
そんなもんだろう (作詞、作曲)★ → CHAGE and ASKA『STAMP』に収録。

葛城ユキ
ボヘミアン (作詞)★ → CHAGE and ASKA『Standing Ovation』に収録。
みどりの薔薇 (作詞)

雅夢
壊れた夜(作詞)

工藤静香
STEP (作曲)
夢 (作曲)

黒田有紀
風 吹いてる (作詞、作曲)
cry (作詞、作曲)
テレビアニメ『ストリートファイターII V』オープニング/エンディング曲

財津和夫
愛していたい (作曲)

酒井法子
一億のスマイル-Please Your Smile- (作曲)
ファイト! (作詞、作曲)
窓際の恋飛行-水曜5時限目- (作詞、作曲)
LISTEN TO ME (作詞、作曲)

清水宏次朗
CRESCENT MYSTERY (作曲)
Love Affair (作詞、作曲)★ → CHAGE and ASKA『ENERGY』に収録。
テレビアニメ『F(エフ)』オープニング曲

ジャッキーチェン
背中からHELLO (作詞、作曲)

ジュディ・オング
たったひとつのTonight(作曲)

少年隊
ふたり (作詞、作曲)★ → ASKA『SCENE』に収録。
My Girl (作詞、作曲)

鈴木雅之
no credit(作詞、作曲)

S.E.N.S.
歩くたびに透きとおる風 (作曲)
大人たちの庭 (共作曲)
飛鳥 (共作曲)

高橋真梨子
十六夜 (作詞、作曲)
都会の空 (作詞、作曲)★ → ASKA『SCENE II』に収録。

ちあきなおみ
イマージュ (作詞、作曲)
伝わりますか(作詞、作曲)★ → ASKA『SCENE』に収録。
テレサ・テン
今でも… (作詞、作曲)★ → ASKA『SCENE』に収録。
エレジー (作詞、作曲)

時任三郎
白い絵の具とオーケストラ (作詞、作曲)

徳永英明
心のボール (作詞、作曲)★ → CHAGE and ASKA『THE STORY of BALLAD』、『CHAGE&ASKA VERY BEST ROLL OVER 20TH』に収録。

中江有里
花をください(作詞・作曲)

中村雅俊
風の住む街 (作詞、作曲)★ → ASKA『SCENE II』に収録。
テレビドラマ『さすらい刑事旅情編III』主題歌。

中森明菜
ノクターン (作詞、作曲)
夢のふち (作詞)
予感 (作詞、作曲)★ → ASKA『SCENE』に収録。

中山美穂
本気でも (作詞、作曲)
MIDNIGHT TAXI (作詞、作曲)

長山洋子
ゴールド・ウィンド (作詞、作曲)

西司
恋の道先 (共作詞、共作曲、コーラス)

光GENJI
あ・き・す・と・ぜ・ね・こ (作詞、作曲)
いつか きっと… (作詞、作曲)
ガラスの十代 (作詞、作曲)
Graduation (作詞)
荒野のメガロポリス (作詞、作曲)
THE WINDY (作詞、作曲)
STAR LIGHT (作詞、共作曲)
パラダイス銀河 (作詞、作曲)
Hurry Up (作詞、作曲)
PLEASE (作詞、作曲)★ → ASKA『SCENE II』、『UNI-VERSE』に収録。
Little Birthday (作詞、共作曲)
RAINY GIRL (作詞、作曲)
LONG RUN (作詞)
MULTI MAX
I MISS YOU (作曲)
LEAVE IT TO THE FUTURE (作詞)

南野陽子
フィルムの向こう側 (作詞、作曲)
MARIA (作詞、作曲)

森川美穂
おんなになあれ(作詞、作曲)

薬師丸ひろ子
雨にさらわれて (作詞、作曲)
止まった時計 (作詞、作曲)★ → ASKA『SCENE II』に収録。

渡辺満里奈
星に気づいて(作詞・作曲)

など。
『SCENE』(シーン)はASKAの1枚目のオリジナル・アルバム。1988年8月21日発売。

ASKA(当時は飛鳥涼)の初のソロ・アルバムである。バラードを中心に構成されている本作『SCENE』は、1991年の『SCENE II』、2006年の『SCENE III』へとシリーズ化される。また、2008年に行われたシンフォニック・コンサート「ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008 “SCENE”」にも『SCENE』のタイトルが付けられた。

10曲中6曲が他のアーティストに提供した楽曲のセルフカバーである。

2006年11月23日にはデジタル・リマスタリングが施された『SCENE I & SCENE II Limited edition』が発売された。
(Wikipediaより引用)

これらの音源は、「八百屋さんの居酒屋やすい」で視聴できます。
http://www.kuromon-yasui.jp/izakaya.htm
オーディオシステムに関しましてはコチラ             
http://www.kuromon-yasui.jp/ordeo.htm